京都府 国産紅茶レビュー

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(赤ラベル)

投稿日:2013年10月17日

【この紅茶について】

この紅茶は、毎度おなじみ十三の茶淹さんで買った紅茶ですが、
これを作られている喜寿園のご主人、杉本さんとも知り合いです。
杉本さんの紅茶として、うちには黒ラベル、赤ラベル、
そしてホテルオークラ限定白ラベルとありまして、
今回は赤ラベルで、品種は在来です。
なお、来年から杉本さんは新基軸で紅茶をつくるそうなので、
もっと特徴的な紅茶になる予定だそうです。
乞うご期待なのです。

【茶葉】

国産紅茶20131017喜寿園赤1

茶葉は、選別機はかけてますが、取りきれない所も多く見られます。
ちなみに、余談ですが他の茶農家さんが『箸で取りきれないのはとってる』って言ったら
びっくりされてました。
茶葉の形そのものは、若干緑茶寄り。
『紅茶の専用機械、入れないとだめかな』なんて言ってました。
実際、どうなんでしょうね。 

【水色】

国産紅茶20131017喜寿園赤2

水色は明るめの橙。
香りはポン菓子・・・甘酒に近いです。
味は軽く酸味と甘味がほんのりします。
まあ、薄いです。時間が足りてません。
杉本さんもおしゃってましたが、『3分では絶対に足りない』そうです。
まあ、うちは基準を決めて淹れないと比較ができませんのでそうしているんですがね。
本領発揮、5分以上を待つとしましょう。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は赤が濃い目に出ましたが、まだ薄めです。
香りは、甘酒よりの香りはそのままです。
味は、軽く渋味とうすい酸味がかかっっていいかんじです。
ただ、温度が落ち着いたら、わぁっと、酸味が出てきました。

【茶殻】

国産紅茶20131017喜寿園赤3

茶殻は膨らんだ系っと言いたいところですが、全体に茶葉が小さいので
開いた系です。
そもそも細い茶葉が短冊状に折りたたんで、それが戻っただけなので、
変化の印象としては薄いですね。

これを踏まえて、来年、どんな変化を遂げるか、楽しみです。

明日も、更新します。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017-2

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡県川根本町の紅茶です。 毎年みていますので、おなじみの紅茶です。 昨日は、香駿という品種でしたが、次はみらいと言う品種で、益井園さんが自己管理茶園から選抜して作っ …

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016-2

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入したものです。 静岡は生産者がどんどん増えている地域です。 ある程度似ている形状のものもあれば、それとは違う物を目指す人もいます。 この方の紅 …

no image

【静岡】豊好園:やぶきた

【この紅茶について】 この紅茶は静岡の豊好園さんの紅茶です。 最近わかったことがありまして、この豊好園さんの緑茶が 宮中に献上されるお茶になったと、豊好園さんからのDMで判明しました。 紅茶に合わせて …

no image

【静岡】益井園:みらいふぁすとふらしゅ

【今日は紅茶の日】 今日は大黒屋光太夫が、ロシアの皇帝エカチェリーナ2世に招かれ、欧式茶会に参加した公式記録が残る日です。 Twitterとか見ていると、『日本人が初めて紅茶を飲んだ日』という昔の知識 …

no image

【福岡】星野製茶園:星の紅茶

【この紅茶について】 この国産紅茶は九州北部の集中豪雨の時に注文しました。たまたまです。全く意図してませんでした。生産地の星野村が被害が大きかったので、大丈夫かなと思ってたのですが、無事連絡が入り発送 …

アーカイブ