京都府 国産紅茶レビュー

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(赤ラベル)

投稿日:2013年10月17日

【この紅茶について】

この紅茶は、毎度おなじみ十三の茶淹さんで買った紅茶ですが、
これを作られている喜寿園のご主人、杉本さんとも知り合いです。
杉本さんの紅茶として、うちには黒ラベル、赤ラベル、
そしてホテルオークラ限定白ラベルとありまして、
今回は赤ラベルで、品種は在来です。
なお、来年から杉本さんは新基軸で紅茶をつくるそうなので、
もっと特徴的な紅茶になる予定だそうです。
乞うご期待なのです。

【茶葉】

国産紅茶20131017喜寿園赤1

茶葉は、選別機はかけてますが、取りきれない所も多く見られます。
ちなみに、余談ですが他の茶農家さんが『箸で取りきれないのはとってる』って言ったら
びっくりされてました。
茶葉の形そのものは、若干緑茶寄り。
『紅茶の専用機械、入れないとだめかな』なんて言ってました。
実際、どうなんでしょうね。 

【水色】

国産紅茶20131017喜寿園赤2

水色は明るめの橙。
香りはポン菓子・・・甘酒に近いです。
味は軽く酸味と甘味がほんのりします。
まあ、薄いです。時間が足りてません。
杉本さんもおしゃってましたが、『3分では絶対に足りない』そうです。
まあ、うちは基準を決めて淹れないと比較ができませんのでそうしているんですがね。
本領発揮、5分以上を待つとしましょう。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は赤が濃い目に出ましたが、まだ薄めです。
香りは、甘酒よりの香りはそのままです。
味は、軽く渋味とうすい酸味がかかっっていいかんじです。
ただ、温度が落ち着いたら、わぁっと、酸味が出てきました。

【茶殻】

国産紅茶20131017喜寿園赤3

茶殻は膨らんだ系っと言いたいところですが、全体に茶葉が小さいので
開いた系です。
そもそも細い茶葉が短冊状に折りたたんで、それが戻っただけなので、
変化の印象としては薄いですね。

これを踏まえて、来年、どんな変化を遂げるか、楽しみです。

明日も、更新します。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

【奈良県】田原ナチュラル・ファーム:大和高原のお茶『ゆい』和紅茶2016-2

【奈良県】田原ナチュラル・ファーム:大和高原のお茶『ゆい』和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。 この農家さんも自然を謳っているお茶です。 紅茶という感じよりも、「緑茶を押し出すついいでに」紅茶を推しているという感じにもとれます。 …

国産紅茶20140718豊好園静7132-2

【静岡】豊好園:静7132

この紅茶について このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。 …

no image

【静岡】(有)荒井友吉商店:富士山紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、具体的には覚えてませんが、誰かに紹介されて検索して買ったものだと思います。多分、アマゾンでも買えるので、ご興味の出た方はどうぞ。この位置でネタばらしするのもなんですが …

no image

【静岡】豊好園:香駿

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の豊好園さんに複数品種送って頂いた紅茶の一つです。今回で2品種目の紹介です。ここでは、毎年多品種で紅茶作りに挑戦しているらしく、今年も沢山作られたようなのですが、 …

【埼玉県】大西園製茶工場:天日干しごこう紅茶2016-2

【埼玉県】大西園製茶工場:天日干しごこう紅茶2016

ゆけ!埼玉!もっと頑張るんだ!! 【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット2016奈良で購入しました。 この「ごこう」という品種は、玉露などで使われる品種です。 正直、アミノ酸が多くなりがちな …

アーカイブ