京都府 国産紅茶レビュー

【京都】南山城紅茶プロジェクト:おくみどり2012SF

投稿日:2013年10月4日

【この紅茶について】

この紅茶は、南山城村で『京ふか冠』という深蒸し茶を作っていらっしゃる辻本製茶さんのおくみどりを使って作った紅茶です。
摘んだ時期が、1番茶と2番茶の間で、本人曰く『1.5茶』という間の時期を狙って均した茶葉を使ってます。
茶葉はほぼ一芯二葉から一葉で、緑茶に使うような茶葉をもって来ていたそうです。

ちなみに、この紅茶は今年は天候の都合でつくれませんでしたでの、
全国で手に入るのは、大阪十三の『茶淹』さんだけになりました。
(数ヶ月前までは、京都聖護院の竹村玉翠園さんでも扱ってたのですが、売り切れました。)
僕の手元にもいくつか残ってますが残念ながらこれは売り物じゃありません。

 

※2014年現在終売しております。

【茶葉】

国産紅茶20131004南山城おくみどり1

茶葉は細くて細かくてつんつんしてます。
基本的に、大きくざっくり摘み取った茶葉を使ってないので、細かい茶葉が目立ちます。
これは、どういう条件で摘み取ったのか知ってるから言える話なんですけどね。
入れる前から、香りが際立ってる不思議な茶葉です。

【水色】

国産紅茶20131004南山城おくみどり2

水色は赤茶色の茶色寄りです。
香りはポン菓子のような香りです。
味は軽く渋い感じもしますが、香ばしさが鼻から抜けます。
味は、全体的に薄いですね。
これも5分以上推奨ってことでしょうか。
温度が落ち着いたら、軽く酸味が出てきましたが、ライトで飲みやすいです。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は3倍以上赤が濃いです。
香りは基本的に変わりませんが、甘さが深くなってます。
味は酸味がやや自己主張してきました。渋みとか苦味はさほど感じません。
評価が難しいな・・・っていつも思います。
番茶っぽいわけではないです。かと言って紅茶らしくもない。でもコーヒーよりの紅茶でもない。
でも、香ばしくて濃いのにライトという矛盾が同居した紅茶なんですよね。
でもやはり、しいて言えばコーヒーよりかな・・・
緑茶品種で丁寧に作ると、ルフナに近くなるのかなとか思ってきます。
華やかな香りは望めないけど甘くて深い香りになる。
そんで香ばしさが際立ってくる。
まさしくルフナだなって感じです。
(現実では、ルフナに到達した国産紅茶があるわけじゃないですが)

【茶殻】

国産紅茶20131004南山城おくみどり3

茶殻は、どちらかといえば膨らんだ系です。
『茶葉がそのまま大きくなった』の典型と思います。
茶葉と茶殻の写真を並べてみても、『ツンツンした茶葉がそのままツンツンした茶殻になった』という感じが受けられます。
なんとまぁ、不思議な茶殻だと思うわけです。
紅茶じゃないですが、中国緑茶とか一芯だけ摘んだものなど開かずにそのまま大きくなることもあるので、そういうことかななんて思ったりします。

来年こそは、次の製造期待します。

明日も、更新します。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016

【この紅茶について】 直接の接点は2013年の茶源郷祭りからで、それからちょこちょこいろんな所でお世話になっているおなじみの茶農家さんです。 紅茶にかける情熱は大きいもので、会うと必ず「良い紅茶があっ …

no image

【岐阜】なべしま銘茶:飛騨紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、丸子紅茶のべにふうきを、飛騨まで持って行って製茶した紅茶だそうです。丸子ティーファクトリーで講習を受けた方が作っていらっしゃるというお話でした。『茶葉の輸入』で地元の …

【京都府】京都地紅茶: 常蓮山発酵茶2017 -2

【京都府】京都地紅茶: 常蓮山発酵茶2017

【 常蓮山発酵茶2017 :この紅茶について】 常蓮山発酵茶2017は、京都市の京北町で買った紅茶です。 先日記事にしました『京都地紅茶』さんの商品です。 過去記事はこちらからよろしくお願いします。 …

【埼玉県】清水園製茶工場:埼玉夢紅茶2016-2

【埼玉県】清水園製茶工場:埼玉夢紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット2016奈良で購入しました。 ゆめわかばという品種で、全国的にもコレを紅茶に使っている人はそういないでしょう。 今回見たのが、初めてかとおもいます。 ( …

no image

【静岡】豊好園:つゆひかり

【この紅茶について】 たくさん送ってもらっている豊好園さんの紅茶の一つです。 つゆひかりという品種も普段触れることはありませんけども、これも緑茶の品種です。 ほんとに数多くの品種をまるで試験場かと思う …

アーカイブ