国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】丸子紅茶:丸子紅茶(紅富貴)FF+SF

投稿日:2013年9月25日

【この紅茶について】

丸子紅茶は、今の国産紅茶業界のフラグシップのような茶園さんです。
国産紅茶の父、多田元吉の地盤であり、この地から多くの『紅茶品種の再発見』がされてます。
前世代から継続的に引き継いでいた水車むら、杵築紅茶、川戸紅茶とは違い、一度途切れたものを復活させて、今は静岡の紅茶教育の旗振り役をされています。
毎年される紅茶作りの講習会には全国から人が集まり、紅茶の技術の伝道所みたいな位置づけにもなってます。

(水車むらの紅茶に関しましては、試飲セットを前に買いましたので、改めてレビューします)

【茶葉】

国産紅茶20130925丸子紅茶1

茶葉は短めでフレークみたいにまとまってます。
細くよれているわけじゃないので、一見紅茶らしくないかもしれません。
他のもの見ていたんですが、やはり全体的に選別は綺麗です。
ここ最近始めた人じゃないという感覚は、茶葉の形からようわかります。

【水色】

国産紅茶20130925丸子紅茶2

水色は赤目の橙。ライトな色合い。
香りは若干穀物っぽいけど、花のような香りがします。
味は軽く渋めで、ほんのりとFFっぽい青茶のような香りが鼻から抜けます。
まあ、3分じゃ薄いんですけどね。まだ。
感想3割、白湯7割って感じです。
もっと長めの方がいいですね。
やはり、5分以上おすすめです。
温度が落ち着いても、印象は変わりません。
そう言う意味で、安定感の高い紅茶です。
でも、FF+SFなら、もっとFF感があってもいいのに、香ばしい香りが出てきました。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

色目は倍以上濃いです。
赤が濃くて底が見えません。
香りは、ここいらへんで青茶ぽいFFらしい香りが出てきました。
軽く渋めです。
ほんのり甘いです。
べにふうき(のはず)なのに、『紅茶品種っぽさ』を感じないのはなぜだろうかと
ふと悩んでます。
(淹れ方?もしかしてべにふうきじゃない?)
でも、ちゃんと紅茶してます。
もしかして、古いから?とか。
(※賞味期限2012/10/13)
正直、新しいのを買わないとダメですね。
一概に丸子紅茶を読みきれませんわ。
(今は青茶に力を入れているので香りが格段に違うと予想できるので)

【茶殻】

国産紅茶20130925丸子紅茶3

茶殻は、『膨らんだ系』の伸びたような感じです。
開いた系じゃなかったのが残念。(※たんなる好み)
香りがそんなにも残ってないので、ちゃんと出たという感じでしょうか。
(ただ、自分の技術の未熟さを痛感した紅茶でした)
次は、新しいのを淹れたいな・・・

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】浜佐園:わらしな紅茶

【この紅茶について】 わらしな紅茶は、静岡の浜佐園さんの紅茶です。多分、普通に検索しても緑茶ばかりがヒットすると思いますが、根気よく探していただくか、近日中に開始予定のうちのショッピング仲介サイト『京 …

【岐阜県】なべしま銘茶:飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016-2

【岐阜県】なべしま銘茶: 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016

【 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016 :この紅茶について】 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016 は、今回飲む紅茶はもともとティーバッグで頂いたものです。 2.5gづつでしたので、2つ切って5gで …

【愛媛県】 農林業体験民宿 天辺:てっぺん紅茶オータムナル(2016)

【この紅茶について】 2013年にこの紅茶の試飲レビューを書いています。 久々の試飲って事になります。 (過去記事:てっぺん紅茶) 2013年も、そして今も作ってるんだなぁって思うと継続は本当に大事だ …

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016-2

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買ってきました。 自然農法で作ってる人が多いのでしょうか。 紅茶でよく「自然農法」とか「無農薬」とか見かけます。 農家の人の思いがそうさせ続けてい …

【大分県】蛍茶園:紅蛍2017(ティーバッグ)-2

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ)

【 紅蛍2017(ティーバッグ) :この紅茶について】 この紅茶は、大分県の耶馬渓町にある茶農家さんの紅茶です。 今は観光名所『耶馬渓』が近いということが有り、飲食店もされてます。 前に一度試飲記事を …

アーカイブ