国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】丸子紅茶:丸子紅茶(紅富貴)FF+SF

投稿日:2013年9月25日

【この紅茶について】

丸子紅茶は、今の国産紅茶業界のフラグシップのような茶園さんです。
国産紅茶の父、多田元吉の地盤であり、この地から多くの『紅茶品種の再発見』がされてます。
前世代から継続的に引き継いでいた水車むら、杵築紅茶、川戸紅茶とは違い、一度途切れたものを復活させて、今は静岡の紅茶教育の旗振り役をされています。
毎年される紅茶作りの講習会には全国から人が集まり、紅茶の技術の伝道所みたいな位置づけにもなってます。

(水車むらの紅茶に関しましては、試飲セットを前に買いましたので、改めてレビューします)

【茶葉】

国産紅茶20130925丸子紅茶1

茶葉は短めでフレークみたいにまとまってます。
細くよれているわけじゃないので、一見紅茶らしくないかもしれません。
他のもの見ていたんですが、やはり全体的に選別は綺麗です。
ここ最近始めた人じゃないという感覚は、茶葉の形からようわかります。

【水色】

国産紅茶20130925丸子紅茶2

水色は赤目の橙。ライトな色合い。
香りは若干穀物っぽいけど、花のような香りがします。
味は軽く渋めで、ほんのりとFFっぽい青茶のような香りが鼻から抜けます。
まあ、3分じゃ薄いんですけどね。まだ。
感想3割、白湯7割って感じです。
もっと長めの方がいいですね。
やはり、5分以上おすすめです。
温度が落ち着いても、印象は変わりません。
そう言う意味で、安定感の高い紅茶です。
でも、FF+SFなら、もっとFF感があってもいいのに、香ばしい香りが出てきました。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

色目は倍以上濃いです。
赤が濃くて底が見えません。
香りは、ここいらへんで青茶ぽいFFらしい香りが出てきました。
軽く渋めです。
ほんのり甘いです。
べにふうき(のはず)なのに、『紅茶品種っぽさ』を感じないのはなぜだろうかと
ふと悩んでます。
(淹れ方?もしかしてべにふうきじゃない?)
でも、ちゃんと紅茶してます。
もしかして、古いから?とか。
(※賞味期限2012/10/13)
正直、新しいのを買わないとダメですね。
一概に丸子紅茶を読みきれませんわ。
(今は青茶に力を入れているので香りが格段に違うと予想できるので)

【茶殻】

国産紅茶20130925丸子紅茶3

茶殻は、『膨らんだ系』の伸びたような感じです。
開いた系じゃなかったのが残念。(※たんなる好み)
香りがそんなにも残ってないので、ちゃんと出たという感じでしょうか。
(ただ、自分の技術の未熟さを痛感した紅茶でした)
次は、新しいのを淹れたいな・・・

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016-2

【宮崎県】宮崎茶房: 五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016

【 五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016 この紅茶について】 五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016 は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 ただ、宮崎茶房さんは、毎年吉田山大茶会で購入 …

no image

【茨城】吉田茶園:IZUMI BLACK-TEA

【この紅茶について】 この紅茶は、今年(2013年)の吉田山大茶会で茨城の方に住んでいらっしゃる主に台湾茶専門の方に頂きました。 (※この記事をアップ後、本人から『千葉在住で茨城が実家』という訂正があ …

no image

【愛知】磯田園製茶:やぶきた(熟成)国産紅茶

【茶葉】 基本、国産紅茶は一度全開に混ぜてから量を図ります。上と下で茶葉が違ってたり粉が下に落ちてたりするからです。それをしたうえで、粉が出てない紅茶も多くあります。そういう茶農家さんの努力は『もっと …

【京都府】和束紅茶:京都和束紅茶そうふう2018-パッケージ

【京都府】(株)和束紅茶: 京都和束紅茶そうふう2018

【 京都和束紅茶そうふう2018 この紅茶について】 今回は、京都府の和束紅茶さんの 京都和束紅茶そうふう2018 をご紹介します。 このブログで幾度となくご紹介させていただいる和束紅茶さんですが、こ …

国産紅茶20140718豊好園静7132-2

【静岡】豊好園:静7132

この紅茶について このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。 …

アーカイブ