国産紅茶レビュー 大分県

【大分】山片茶園:おくみどり2012秋

投稿日:2013年9月29日

【この紅茶について】

この紅茶は、去年の山片茶園のおくみどりで作った紅茶で
本人は『微妙』と評していた紅茶です。
もらってから、随分経つのに、まだ『封を開けたら芳香が漂う』チートな紅茶です。

【茶葉】

国産紅茶20130926山片おくみどり1

例えるなら『ベビースターラーメン』のような茶葉です。
正直、どうやったら国産紅茶でこんなのを作れるかが知りたいという所です。
何回見ても思います。
『ここの紅茶作りは、全国の紅茶作りの基本のひとつとなるべきだ』
全国にいくつか『基本となって欲しい紅茶』というのがあります。
実際、対外的に講習会を開いているところもありますが、ほとんどは自己の技術の研鑽に勤めているだけで、ほかへの教育ということをしておりません。
教えるのにためらいがあるのもあると思うのですが、これをちゃんと「紅茶作りの教育ビジネス」として成立させられれば、これほど心強いものはないと思ってます。
紅茶作りほど、『師を選ぶのに慎重になって欲しい』と思う所はありません。 

【水色】

国産紅茶20130926山片おくみどり2

水色は薄目で、透明な橙です。
香りは香ばし目ですが、青草のような香りです。
味は、ほんのり渋めです、基本甘味とかそんなにもありません。
普通、これを『国産紅茶でしかも緑茶品種です』って言っても信じてもらえません。
おくみどりの紅茶はほかの所でもたくさん作られてますが、ここのような紅茶をつくる所は皆無です。
温度が落ち着くと、渋さがグッと出てきました。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は赤目が強くなり、濃さが3倍以上になってます。
香りは先ほどの青草のような香りに、花の甘い香りが足されてます。
紅茶にとって香りって重要だなって思う瞬間でもあります。
味は、渋みがパッと広がりますが、それ以上に青茶を思わせる風味が同時に広がります。

これもそうですが、基本、彼の所の紅茶は『誰もが国産紅茶だと信じてくれない』紅茶に仕上がってます。
本人が微妙と評したものでさえそうだったのに、今年は『出来が納得いかない』と続々春茶を破棄して、『まだマシ』だったのもは、ブレンド限定で売り出した。
(もちろん、ここの『まだマシ』はほかの所の『大変よくできました』なのです)
無理に品種茶を作れとは言いません。
更なる品質のものに期待するばかりです。

【茶殻】

国産紅茶20130926山片おくみどり3

茶殻は開いた系の茶殻です。
香りもしっかり出来ってます。
それよりも『茶殻もいわゆる紅茶らしくない』という徹底ぶりです。
秋なのに春茶の雰囲気を出している。
こんな紅茶がほかにあるなら教えて欲しいものです。
(切実)

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】田原製茶:菊川紅茶

【茶葉】 茎が多い目ではありますが、全体的に細かい茶葉です。発酵がしっかりしているようで、色目も光をどう変えてもこの色です。正直、測りやすい茶葉でした。 【水色】 水色は、透明度が高めの朱色です。香り …

no image

【静岡】丸子紅茶:丸子紅茶(紅富貴)FF+SF

【この紅茶について】 丸子紅茶は、今の国産紅茶業界のフラグシップのような茶園さんです。国産紅茶の父、多田元吉の地盤であり、この地から多くの『紅茶品種の再発見』がされてます。前世代から継続的に引き継いで …

no image

【岡山】富原製茶組合:かつやま紅茶(在来)

【茶葉】 もうちょい選別を丁寧にしてほしいな、というのがはじめの感想です。多分、紅茶としてのラインじゃなくて、煎茶としてのラインを流用しているのだと思いますが、出荷される煎茶と同じくらいの気の使い方を …

no image

【静岡】豊好園:香駿

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の豊好園さんに複数品種送って頂いた紅茶の一つです。今回で2品種目の紹介です。ここでは、毎年多品種で紅茶作りに挑戦しているらしく、今年も沢山作られたようなのですが、 …

no image

【京都】皐盧庵茶舗:Japan Black Tea Kyoto

【この紅茶について】 この紅茶は、Twitterのフォロワーの方が教えてくれた紅茶で、品種は、『やえほ』という、珍しい品種です。元々は、これで玉緑茶とか紅茶などを作って輸出してたらしいのですが、今とな …

アーカイブ