国産紅茶レビュー 滋賀県

【滋賀】丸安茶業:土山紅茶

投稿日:2013年7月24日

【茶葉】

20130724土山紅茶1

茶葉は荒茶っぽさがそのままです。
色目は悪くないのですがね。
もう少し、手を加えて欲しかったかなと。

【水色】

20130724土山紅茶2

注いだとき、買ったすぐに飲んだときになかったような華やかな香り。
ただ、香りは強いわけでなく、弱い。
味は変わらず番茶風。
長期間置くことで、どんな紅茶も香りはいいふうに変化するのかなと。

【茶殻】

20130724土山紅茶3

開くことは綺麗に開きましたが、ただ、茶葉の時とそんなにも印象の違いが感じられませんでした。

実は、このあと、残りをレモンティーにしたんですが、
これが驚く程変わる結果になりました。
紅茶にちゃんと味を出した分、いわゆる『基本的にはレモンティーはおすすめできない』というのがありませんでした。
正直、美味しかったです。
これはもしかしたら、海外と日本の緑茶品種とのタンニンなどの差が生んだ結果なのかもしれません。

紅茶が自由化される以前、国内の紅茶には10%以上国産紅茶を混ぜる決まりがありました。
その時飲んでいたレモンティーは、今みんなが飲むレモンティーと違って味がきっちり出ている上に、イヤミがない渋みとレモンの酸味で随分美味しかったのではないかと思います。

この件に関しまして、もしかしたら、検証が必要なのかもしれません。

-国産紅茶レビュー, 滋賀県

執筆者:

関連記事

【埼玉県】清水園製茶工場:埼玉夢紅茶2016-2

【埼玉県】清水園製茶工場:埼玉夢紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット2016奈良で購入しました。 ゆめわかばという品種で、全国的にもコレを紅茶に使っている人はそういないでしょう。 今回見たのが、初めてかとおもいます。 ( …

no image

【高知】広井茶生産組合:しまんとRED

【日本で最も成功している紅茶かもしれない】 高知県は、日本の紅茶の歴史を語る上で大事なところで、試験的に中国から茶師を雇い、大分県と熊本県で製造に乗り出しますが散々たる結果に終わります。それから後に国 …

no image

≪国産紅茶レビュー100記事目≫【京都】南山城紅茶プロジェクト:やぶきた

【この紅茶について】 100記事目がこの紅茶になったのは偶然です。狙ってません。南山城紅茶は、僕が本格的に紅茶を集め出した時に一番最初に関わることのできた紅茶製造チームです。南山城村役場の方が関わって …

【静岡県】益井園:みおぷれみあむ2017-2

【静岡県】益井園: みおぷれみあむ2017

【 みおぷれみあむ2017 :この紅茶について】 みおぷれみあむ2017 は、静岡県の益井園さんの紅茶です。 茶品種の香駿の中でもよりすぐったものをこの名前をつけています。 なので、香りの広がり方が尋 …

no image

【鹿児島】塗木製茶工場:知覧紅茶クラサワ

【この紅茶について】 ここでは3回目の紹介になります、神戸の『伸晃園』さんの取り扱っている紅茶です。 【茶葉】 茶葉は、裁断の目が細かいです。よく見ないとわからなかったのですが、一つ一つの撚りがきれい …

アーカイブ