国産紅茶レビュー 大分県

大分:杵築紅茶:べにふうき

投稿日:2013年4月14日

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園

このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』
国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。
できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、実験的に作られているものくらい。
そういう中、まさに『最後の紅茶品種』と思われる状態で発売されたべにふうきが、
最初に買われたのは、開発の地元鹿児島とお茶の帝国静岡と、
そして、お茶とイメージが結びつかない大分だったそうです。
その購入先が、まさにここ『戦前からの国産紅茶砦:杵築紅茶』でした。
(※某人の主観が入ってますので、脚色があると思います。客観的な事実でないことをご了承ください)

□丁寧に仕上がる撚り

大分杵築紅茶べにふうき20130414-1

パッと見ため粉っぽく見えるのは『購入してから延々とショックを加えている』からです。
あともう残り僅かなので粉が出てても仕方ないのかなと思ってます。
ただ、葉の撚りはきっちりして、綺麗に積み上がります。
まあ、積み上がりと味が比例するわけじゃないですが。

□若い香り

大分杵築紅茶べにふうき20130414-2

買って一年です。
淹れた条件は、いつもどおりです。
最初に立ち上ってきたのは『ダージリンのFFに似た香り』です。
人によっては中国茶を連想させる香りとのこと。
関西の定評のある紅茶を作るあるお茶園さんがこれを飲んで
『いままで飲んだ中で日本で一番美味しい。こんなのがあったのが驚きだ』
と言ってたそうです。※伝聞
人によっては、日本で一番の紅茶と言われています。
そういう香りです。

最初は渋みもそうでないですが、後で渋みが追っかけてきて、
漬けきって最後の状態では、渋みが強くて悶えるほどw
でも、牛乳をそそいで飲みました。
国産紅茶でミルクティーでも耐えられる紅茶はそうありません。

□綺麗に撚られた葉の結果

大分杵築紅茶べにふうき20130414-3

茶殻を見てみますと、全部綺麗に開いてます。
(そらそうだ)
着目するのは、開き方じゃなくて、
所々青く見える茶葉が散見されるところです。
もしかしたら、香りの源泉はこれなのかもしれないと
ふと思うこともあります。
『東方美人にも似た香り』がする場合、
こういう状態なのか調べていくことも重要なのかななんて思いました。

追伸
最初の『べにふうきを最初に入れたのは、鹿児島と静岡と大分』の件につきまして
発言者本人が茶研(野菜茶業研究所)から直接聞いたので確かな情報だそうです。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016-2

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入したものです。 静岡は生産者がどんどん増えている地域です。 ある程度似ている形状のものもあれば、それとは違う物を目指す人もいます。 この方の紅 …

no image

【静岡】豊好園:おくゆたか

【この紅茶について】 この紅茶は静岡の豊好園さんの紅茶の第5弾です。 豊好園さんはまだ10品種ありますので、まだまだお付き合い願います。 多品種で作られていると選択に迷うこともありますが、各々の特徴が …

no image

【静岡】浜佐園:山の宝珠

【この紅茶について】 この紅茶は浜佐園さんで作られている『わらしな紅茶』の中で特にいいロットに付けられる『山の宝珠』という紅茶です。わらしな紅茶の回をご覧になっていただいている方はご存知と思いますが、 …

【静岡県】 益井園 : みらいふぁすと2018-2

【静岡県】 益井園 : みらいふぁすと2018

【 みらいふぁすと2018 :この紅茶について】 この紅茶は、静岡県の益井園さんの紅茶です。 もう何度となく試飲記事をかいていますので、もはやお馴染みかと思います。 日本を代表する清廉系の国産紅茶です …

no image

【静岡】井村製茶:菊川紅茶(やぶきた紅茶)

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の井村製茶さんの紅茶です。 品種はやぶきたです。 紅富貴と随分風味も見た目も違ってます。 同じ茶園でも全く違うものが出来上がるのもまた面白いです。 【茶葉】 茶葉 …

アーカイブ