国産紅茶レビュー 大分県

大分:杵築紅茶:べにふうき

投稿日:2013年4月14日

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園

このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』
国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。
できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、実験的に作られているものくらい。
そういう中、まさに『最後の紅茶品種』と思われる状態で発売されたべにふうきが、
最初に買われたのは、開発の地元鹿児島とお茶の帝国静岡と、
そして、お茶とイメージが結びつかない大分だったそうです。
その購入先が、まさにここ『戦前からの国産紅茶砦:杵築紅茶』でした。
(※某人の主観が入ってますので、脚色があると思います。客観的な事実でないことをご了承ください)

□丁寧に仕上がる撚り

大分杵築紅茶べにふうき20130414-1

パッと見ため粉っぽく見えるのは『購入してから延々とショックを加えている』からです。
あともう残り僅かなので粉が出てても仕方ないのかなと思ってます。
ただ、葉の撚りはきっちりして、綺麗に積み上がります。
まあ、積み上がりと味が比例するわけじゃないですが。

□若い香り

大分杵築紅茶べにふうき20130414-2

買って一年です。
淹れた条件は、いつもどおりです。
最初に立ち上ってきたのは『ダージリンのFFに似た香り』です。
人によっては中国茶を連想させる香りとのこと。
関西の定評のある紅茶を作るあるお茶園さんがこれを飲んで
『いままで飲んだ中で日本で一番美味しい。こんなのがあったのが驚きだ』
と言ってたそうです。※伝聞
人によっては、日本で一番の紅茶と言われています。
そういう香りです。

最初は渋みもそうでないですが、後で渋みが追っかけてきて、
漬けきって最後の状態では、渋みが強くて悶えるほどw
でも、牛乳をそそいで飲みました。
国産紅茶でミルクティーでも耐えられる紅茶はそうありません。

□綺麗に撚られた葉の結果

大分杵築紅茶べにふうき20130414-3

茶殻を見てみますと、全部綺麗に開いてます。
(そらそうだ)
着目するのは、開き方じゃなくて、
所々青く見える茶葉が散見されるところです。
もしかしたら、香りの源泉はこれなのかもしれないと
ふと思うこともあります。
『東方美人にも似た香り』がする場合、
こういう状態なのか調べていくことも重要なのかななんて思いました。

追伸
最初の『べにふうきを最初に入れたのは、鹿児島と静岡と大分』の件につきまして
発言者本人が茶研(野菜茶業研究所)から直接聞いたので確かな情報だそうです。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

【奈良県】梅月茶園:日本の紅茶UMEZUKI2016-2

【奈良県】梅月茶園:日本の紅茶UMEZUKI2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 この茶園さんは、初めての購入になります。 パッケージがおしゃれでいい感じなので、中身がどういうものなのか、楽しみです。 【茶葉】 …

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

no image

【熊本】天の製茶園:天の上紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、前に再掲載した天の紅茶の上位品目です。天の紅茶ですらあのクオリティーなのにまだ上があるのかと驚くばかりです。この商品があることを知ったのは、仲介させてもらうために天野 …

【静岡】益井園:みらいせかんど2016秋-2

【静岡】益井園:みらいせかんど2016秋

【この紅茶について】 この紅茶は、今年の吉田山大茶会で購入しました。 作ったのは2016年の秋なので、『去年の紅茶』になります。 もう、今年のみらいせかんどがでているはずですが、手に入るタイミングがど …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(赤ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、毎度おなじみ十三の茶淹さんで買った紅茶ですが、これを作られている喜寿園のご主人、杉本さんとも知り合いです。杉本さんの紅茶として、うちには黒ラベル、赤ラベル、そしてホテ …

アーカイブ