国産紅茶レビュー 大分県

大分:杵築紅茶:べにふうき

投稿日:2013年4月14日

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園

このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』
国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。
できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、実験的に作られているものくらい。
そういう中、まさに『最後の紅茶品種』と思われる状態で発売されたべにふうきが、
最初に買われたのは、開発の地元鹿児島とお茶の帝国静岡と、
そして、お茶とイメージが結びつかない大分だったそうです。
その購入先が、まさにここ『戦前からの国産紅茶砦:杵築紅茶』でした。
(※某人の主観が入ってますので、脚色があると思います。客観的な事実でないことをご了承ください)

□丁寧に仕上がる撚り

大分杵築紅茶べにふうき20130414-1

パッと見ため粉っぽく見えるのは『購入してから延々とショックを加えている』からです。
あともう残り僅かなので粉が出てても仕方ないのかなと思ってます。
ただ、葉の撚りはきっちりして、綺麗に積み上がります。
まあ、積み上がりと味が比例するわけじゃないですが。

□若い香り

大分杵築紅茶べにふうき20130414-2

買って一年です。
淹れた条件は、いつもどおりです。
最初に立ち上ってきたのは『ダージリンのFFに似た香り』です。
人によっては中国茶を連想させる香りとのこと。
関西の定評のある紅茶を作るあるお茶園さんがこれを飲んで
『いままで飲んだ中で日本で一番美味しい。こんなのがあったのが驚きだ』
と言ってたそうです。※伝聞
人によっては、日本で一番の紅茶と言われています。
そういう香りです。

最初は渋みもそうでないですが、後で渋みが追っかけてきて、
漬けきって最後の状態では、渋みが強くて悶えるほどw
でも、牛乳をそそいで飲みました。
国産紅茶でミルクティーでも耐えられる紅茶はそうありません。

□綺麗に撚られた葉の結果

大分杵築紅茶べにふうき20130414-3

茶殻を見てみますと、全部綺麗に開いてます。
(そらそうだ)
着目するのは、開き方じゃなくて、
所々青く見える茶葉が散見されるところです。
もしかしたら、香りの源泉はこれなのかもしれないと
ふと思うこともあります。
『東方美人にも似た香り』がする場合、
こういう状態なのか調べていくことも重要なのかななんて思いました。

追伸
最初の『べにふうきを最初に入れたのは、鹿児島と静岡と大分』の件につきまして
発言者本人が茶研(野菜茶業研究所)から直接聞いたので確かな情報だそうです。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

【熊本】お茶の坂口園:ゆのつる和紅茶

【茶葉】 本来、3gティーバッグに入ってるんですが、包装を開けました。釜炒り茶っぽい雰囲気はするんですが、選別がちょっと不十分。機械選別の限界なのですかね。 【水色】 水色は明るい橙。香りは特徴なし。 …

【茨城県】木村製茶工場: さしま紅茶ふじかおり2018-2

【茨城県】木村製茶工場: さしま紅茶藤かおり2018

【 さしま紅茶藤かおり2018 この紅茶について】 この さしま紅茶藤かおり2018 は吉田山大茶会で購入しました。 木村製茶工場さんは、ここの所毎年吉田山に参加されているので、毎年購入機会のあるあり …

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017-2

【静岡県】益井園: みらいふぁすとふらっしゅ2017

【 みらいふぁすとふらっしゅ2017 :この紅茶について】 みらいふぁすとふらっしゅ2017 は、静岡県川根本町の紅茶です。 毎年みていますので、おなじみの紅茶です。 昨日は、香駿という品種でしたが、 …

【京都府】京都地紅茶:京のべに茶2017-2

【京都府】京都地紅茶: 京のべに茶2017

【 京のべに茶2017 :この紅茶について】 京のべに茶2017 は、京都市右京区旧京北町地区で作られている紅茶です。 基本的に、イベントに出られることを見たことない紅茶です。 同じ右京区に時々車が来 …

no image

静岡:カネタ太田園:太田さんちの紅茶

太田さんちの紅茶 熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになりま …

アーカイブ