お茶

急須のない家が増えている

投稿日:2012年9月17日

いろんなところでネタになってますね。
『急須のない家が増えている』
ペットボトル以前は、お茶といえば急須が必要だと『言われてきました』

あえてかぎかっこ付けにしたのは、あっても使わない家が多いだろうと思ったからです。

団塊世代の下の世代、ちょうど安倍晋三議員と同じ世代を親に持つ僕の家では、
お茶はヤカンで入れてました。
正確には『急須で淹れるお茶を飲んでなかった』が正解です。

家に確かに急須あったんですがね・・・
僕がたま~に使うか程度。
基本、煎茶がなくて、ほうじ茶の袋が家にあったという家庭です。

多いんじゃないですかね?
急須があっても使わない。
というか『使えない』

お茶の歴史を見てみるとお茶の消費量が拡大したのは戦後の人口増加期で
僕の生まれた昭和50年台前半をピークに今までずっと減っていっているそうです。
お茶(煎茶)を日常的に飲むのは実は新しいことなんですね。
(ある意味、専業主婦の数と比例しているんじゃねえかと思うくらい)

お茶の消費量は別にして、急須に話をもどします。

相当のお茶好きでもない限り、急須を買ったことなんて無いと思います。
では、どういう時に急須が手元に入るのでしょうか。
・一人暮らしをはじめる時親からもらう。
・結婚式の引出物で食器セットに入っている
・近所の陶器市で『たまにはいいものを買わないと』と思い、1万前後の急須を衝動買いする
他にもたくさんあると思いますが、大体は前の2つじゃないでしょうか。

親からもらうことに関しては、親が引き出物でもらった物をそのまま横流しすることが多いようです。
と言うことは、急須は絶好の引き出物であったわけです。
ですが、昨今の引き出物はカタログから好きなものを選んでという選択肢が多いです。
普段の生活にお茶が無いということを考えると、急須の選択肢はないですよね。

僕が考えるに、お茶を飲む事自体は『ペットボトルや紙パックのを飲んでる』とみんなが思ってるので、減ってはいないようです。
それを表すように、某お茶で有名な清涼飲料メーカーは過去最高の売上を出したそうです。

お茶業界が言っているのは、昭和50年台をピークとした『茶葉で淹れるお茶』の消費量が減っているということだそうです。

もしかしたら、前までは『引き出物』という方法で手段を無料に近い形で提供し、茶葉を自然と買わせる商法だったのかもしれません。
これは今で言えば、『携帯本体0円で契約させる』とか『カミソリの本体を安く提供して歯を継続的に買わせる』とか『プリンターはPCとセットでタダ同然にしてインク代で稼ぐ』など、継続収入を元にしたビジネスモデルになっていたのかもしれません。

今は、上記の商法は、公正取引委員会や業界の疲弊によって大きく様変わりしております。
こういうふうに、ビジネスモデルを転換した他業界の動向ももしかしたら、茶葉で淹れるお茶の復権につながるヒントになるのかもしれません。

『いいものを作れば売れる』の時代から『商品がいいのは当たり前、継続して買いたくなるかどうか』が今後の鍵となるのでしょう。

さて、どうしたもうか・・・・

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

TPPの検証として、『紅茶の自由化』を考える。

※今日の内容を理解出来ない人は今日は、読まないでください。 よく内容がわからないまま、TPPが議論されているみたいですが、その検証として、昭和46年に行われた紅茶の自由化を取り上げてみます。 今は、じ …

no image

国産紅茶復興ののろしは、ここから上がった・・・

前にも記事にしてたことがあります。 かつて、明治以降、日本では外国に人間を派遣して紅茶の生産能力・品質水準を上げていったこと。 そして、昭和46年に紅茶が自由化されて、ほぼ完全にその能力を失ってしまっ …

no image

ファーストフラッシュが出る前に再検証:紅茶を淹れる2つの方法

南山城紅茶チームのツイッターやフェイスブックに、今年の南山城紅茶のファーストフラッシュ(一番茶)の準備の光景がアップされてました。 出まわるのも時間の問題なので、今回は去年までの物をどういう方法で淹れ …

no image

茶葉と畳は新しいほうが良い。嫁は・・・

静岡以降、『日本茶をちゃんと淹れる技法』が身についたので、 わざわざ敬遠しなくてもよくなったためです。 守備範囲が広がったということで。 で、 うちには、たまたま、『数年物』の煎茶と、『今年取れた』煎 …

no image

ペットボトルと家で入れてきたお茶の違いを見るための3つのポイント

□ペットボトルと家で入れるお茶 もう六月が迫り、暑い季節がやってきました。如何お過ごしでしょうか。この季節になりますと、冷たい飲み物をよく飲むと思われます。ただ、気になるたびに、自動販売機を押すのも少 …

アーカイブ