お茶 緑茶

比率の謎

投稿日:2011年6月1日

現在、お茶の業界そのものが抱えてる問題として、
・毎年、消費量が減って行っている
・とりわけ、若年層の消費者が少ない
があげられます。
2009年に龍谷大学が調べたデータによりますと、
緑茶は、60歳以上に良く消費され、
紅茶は40歳~59歳までの層に支持されてます。
ただし、若年層にも全く無いかというと層でもなくて、
緑茶は50歳を超えると消費が増えており、
紅茶も、30代を超えると増える傾向にあります。
ただ、消費者物価指数に平行せずに、
お茶の価格は低い水準を維持されてます。
昨今のデフレとリンクしているという言い方も出来ますが、
ペットボトルのお茶の普及により、
単価を高めに設定できる茶葉の購入量・金額とも96年ぐらいから下降しており、大手が一気に買い上げていくため単価が低くなるペットボトル・茶飲料は上昇しております。
実は、この『お茶飲料を飲む』という傾向は、
ここでもちょくちょく紹介させていただいてもらってます
神奈川の磯淵さんの公演や著書でも書いておりまして、
提携されてます某ハンバーガーチェーンでは
『パテもパンも落ちてるのに紅茶だけ何もしないのにのびるんだよね』
と話をされてたそうです。
(ああ・・・、行きたいけど、関西は難波と阿倍野しかねえよ・・・orz)
つまり、お茶が食べものと一緒に飲まれてる傾向が主だと
いえるのかもしれません。
考えてみればそうかもしれませんね。
・食べ物屋では、お茶を頼みます。
・家で食べる時も常備のお茶があります。
・コンビニでも弁当とお茶がセットで売れます。
・時代劇でも団子屋にはお茶が付き物です。
なのに、『リーフが~』とか『急須が~』とか言ってても始まらないな・・・
って感じです。
消費は確実にされてます。
ですが、実体がまぎれて見えないのが実情かもしれません。
例えば、煎茶道にしても茶道にしても、男性の師範は多いですが、
ほぼメインは女性です。
こちらをご覧になられてもわかるとおり、紅茶教室も女性が多いです。
ですが、去年の宇治の玉露講習(通信教育のスクーリング)でも、
ルピシアのイベントでも、世界お茶祭でも男性はかなり来てました。
ルピシアのイベントに関しては、
『女性が8割かな』と思いきや、見た感じ男性が4割ぐらいいました。
需要が完全に埋もれてるのです。
第一、茶葉の品種・淹れ方・鮮度など、
細かくウンチクを言うのは、ほぼ100%男性です。
(僕は、『紅茶は100度じゃ!』『緑茶は1煎目が70度じゃ!』と単純化する人です)
拾い上げれるのかあげれないのかはわかりません。
ただ、需要を汲み取れないまま
衰退していくのはおかしいなと思うんですよね。
といっても、こう書いてる本人、
どういうマーケティングしたらいいか悩んでます。
『お茶なんか、うだうだ言わずに基本だけ守れ!』
といいたいんですがね。
カップめんと同じだと思うんですよね。
『沸騰したお湯を入れて3分』
(物によっては、5分だったり1分だったり・・・)
どこかで誰かが、お茶を難しいもののままにしたがってる。
そんなんじゃ、お茶も和服と同じ運命をたどるぞ・・・

-お茶, 緑茶

執筆者:

関連記事

no image

【参考資料】中国茶を淹れてみる(青茶編)

【国産紅茶以外も見てみないとわからない】 よく『中国茶のような』とか『~のお茶の~』とかいう説明をしますが、基本そこまで詳しくない人が多いですので、実際に国産紅茶以外のお茶を淹れてみて見てもらおうかと …

no image

これもなぜ東京だけなんだ!!

※といっても、うちには子供がいないので、直接関係ありませんでしたが。 『こんな時期から、子供の自由研究を提案してみる』 というのも、いかがな問題ですが、 日本紅茶協会主催で、 8月6日に『紅茶を楽しむ …

no image

蓋碗で淹れるのに、向き・不向きがあるのかと思った。

前に、お茶の棚卸しをした際に、中国茶のことで 『安いお茶と高いお茶の差がありすぎる』 というような事を書いたような気がします。 それは、値段だけでもなかったということです。 黄色の袋のいわゆる『安い茶 …

2つの天の川(羊羹の中身)

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

2つの『甘春堂』 京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。 厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。 (類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さん …

no image

ついに入手の目処が経ちました。

今月はじめに『加賀の紅茶今期分販売』の話を書きました。野田屋さんから返信が来まして、注文が終わりました。あとは届いて振り込むだけ。 ただね・・・ べにふうきの丸子紅茶さんもそうだけど、後で振込って危な …

アーカイブ