お茶

今度は茶葉の量がわかる(らしい)紅茶飲料

投稿日:2011年6月29日

嫁様がこれに興味を持ったようです.
午後の紅茶Pungency
1本1000円で2本セットで2100円という、
普通に考えれば、『異常に高い紅茶飲料』ですが、
中身がすごい上に、監修が磯淵さんというちゃんとした専門家が勤めてる。
磯淵さんのブログで、触れていたので、なんとなく知っていたんですが、
改めてキリンのサイトを見ると、『ああ・・・ほんまにしたんやな・・・』って感じです。
ご興味のある方は、どうぞウェブ経由でお買い求めください。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

魔法瓶法の記事を読み返してみて

結構、語弊があるな・・・予熱して90度以上にならんってそれはないな・・・確かめないとダメだけど少なくても95度近辺にはなるはず。でも、放熱が開始されてしまうから、1分ごとに温度は低下するはず。ちと、検 …

no image

紅茶セミナー

行ってきました。 今日の講師でした、紅茶工房レジーナのオーナー中村さんは、日本最初のティーハウスMUSICAのオーナーさんのお弟子さんだったんですね。 知らなかった・・・ ちょこっと、話したんですが、 …

no image

最近、これを取り扱う店が増えてます。

スタバの冬メニューでも出てます。 ほうじ茶ラテ 『炒った物』+『牛乳』という取り合わせは、 ここ数年で爆発的に普及しているみたいです。 もともとは、コーヒー牛乳ぐらいしかなかったんですが、 味が似てる …

no image

お茶の通販の現状

常々ツイッターで厳しいことを言ってるのですが、 すごく重要なことなので、ここでも記事にしておきたいと思います。 国産紅茶のデータベース(DB)を作るために集め始めて、 7月22日現在で、30茶園61商 …

no image

静岡県立大が「茶学総合講座」 国内大学初

県立大は、茶に関する総合的な研究所として国内大学初の「茶学総合講座」を、研究組織の食品栄養環境科学研究院に開設した。 ▽国内初の茶専門講座 お茶の研究所はたくさんありますが、一つの大学で総合的に見ると …

アーカイブ