お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

まだまだ、暑くて当然でしょ。まだ、7/25(旧暦)なんだから。

投稿日:2013年8月24日

「太陽暦は太陽に合ってて、
太陰暦は季節に合ってんだよww 
異常気象?ばっかじゃねーの??」

と、某大手予備校の古文の講師(バラ栽培家)の発言でした。
(一部、脚色してます)
で、暑い日がまだまだ続きようですが、昨日、昼間ちょっと緩んだような気がしました。
(多分、日差しのせいなので、気のせいでしょう)
なうでも書きましたが、昨日「ティーソーダ」作ってました。
ただ、バランスがなかなかつかみづらく、どのくらいの量で紹介すればいいか悩むところでしたが、
何度か『まずいティーソーダ』を試した結果、
なんとか、アップできそうなので、記事にします。
で、まず、『紅茶の原液』を作ります。
『原液』といっても特別なことは特になく、
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
いつもどおり・・・・
ではなく、いつもの半分ぐらいの水を入れます。
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
お湯を沸かして、
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
茶葉を入れます。
このときは、『通常の量~1.5倍』入れて下さい。
つまり、水が『いつもの量』でしたら、
『通常の2倍~3倍』の量の茶葉を入れてる計算になります。
僕は、いつもどおり、きっちり淹れますので、
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
鍋で淹れます。
そのあと
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
濾します。
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
わかるかどうか怪しいですが、いつもよりも濃くて少ないです。
それに、
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
甘味料(うちではオリゴ糖)
そして、
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
レモン果汁を入れます。
レモン果汁は、紅茶とソーダの風味の「つなぎ」になります。
本来、紅茶とソーダは、
『めちゃめちゃ』相性が悪い
ものです。
風味つなぎをしないと、紅茶のエグみが表に出すぎてしまい、飲むのがつらいです。
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
僕は冷えてるのが好きなので、氷を入れてまず原液。
そして
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
ソーダ(サイダー)を入れます。
比率は『原液1:ソーダ3』をお勧めします。
渋みが好きな人は、『原液1:ソーダ2』でもOKです。
今回、サイダーを使いました。
サイダーをお勧めします。結果、糖分が多くなりますのでご注意ください。
『じゃ、トニックソーダとか使えば、いいじゃんwww』
と、思われるかもしれません。
実は、最初、その”トニックソーダ”で作ってみたんです。
結果は、

作らないでください。

『お勧めしない』というレベルの話ではありません。
トニックソーダ(ハイボールとか作るソーダ)で、
ティーソーダは

作らないでください。
ご注意のほどよろしくお願いいたします。
何はともあれ。
残暑、きっちり乗り切りましょ。

追伸:ティーソーダを味見した嫁様の発言

    「紅茶は紅茶、ソーダはソーダで、飲めばいいやん。混ぜる意味がわからん」

ごもっともで

orz

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:


  1. はづき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    一刀両断(笑)
    さんざん念を押されたあとのオチに吹きました(^^)d
    コーヒーのソーダは見たことありますが、ティーソーダは初めて見ました!

  2. ゆみゆみ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    わかりました!つくりません!
    奥様おおっしゃるとおり
    紅茶は紅茶・サイダーはサイダーで
    頂きます!!!

関連記事

no image

深蒸し茶じゃなくても、いいんですけどね。

来る1/12に、NHKの『ためしてガッテン』にて、 掛川の深蒸し茶が紹介されてました。 番組は見損ねたんですが、内容を要約すると ・お茶には、豊富な栄養素が含まれてる ・深蒸し茶は、普通のお茶よりも効 …

no image

高い紅茶を使うととたんに記事が面白くなくなる件について。

今日は、たぶん35℃ぐらいです。 (@京都右京区) 冷たいお紅茶を作り置きしておくのをわすれてしまい、 しかたなく、 「暑い季節に、熱いお茶!!」 という、べたな選択になってしまいました。 で、早速 …

no image

上洛して、様子を見に来た者

もう、春なので 下駄です。 水平を取ってないので、若干右に傾斜してます。 しばらく、左に力を入れて、削らないと・・・・ 先日、ネタにもしましたが、京都にも丸井ができました。 ただ、『丸井ができた』程度 …

no image

平安京に戻ってきたということで

茶ブログの登録を再開してます。多分、いま、300を超えています。 関連

no image

蓋碗で淹れるのに、向き・不向きがあるのかと思った。

前に、お茶の棚卸しをした際に、中国茶のことで 『安いお茶と高いお茶の差がありすぎる』 というような事を書いたような気がします。 それは、値段だけでもなかったということです。 黄色の袋のいわゆる『安い茶 …

アーカイブ