お茶 緑茶の淹れ方

オチャクウヒト

投稿日:2010年12月31日

なうやツイッターでちと書き込んでいたんですが、改めて。
お茶を食ってみました。
と言っても、カラカラのをそのまま食うのは、
渋すぎて耐えられませんので、
京都紅茶道部
4煎ほど淹れてます。
(70℃・80℃・90℃・約100℃)
前に、ちらっと書き込んでるかもしれませんが、
お茶の成分は
抽出液(お茶3煎分)→1/3
残留物(茶殻)    →2/3

です。
つまり、ほとんどの人は、
お茶の成分の1/3しか摂ってない
と言うことになります。
で、今までいろんな人がいろんな『お茶料理』を考えてきましたが、
多くは『淹れる前のお茶』を使ったものが多いです。
出涸らしは、消臭剤とか入浴剤とか掃除のときに撒いたりとかしてます。
棒茶とか、かりがねとか、『茎の入ってるお茶』なら仕方ないと思います。
(正直、茎は食えません)
ただ、煎茶とか玉露とか葉っぱのみのものなら、食えます。
と言う事で、
京都紅茶道部
取り出しました。
小皿の2つは、
京都紅茶道部
コマダレ(左)ポン酢(右)をかけて混ぜてみました。
宇治のセミナーのとき、玉露の出涸らしに、ポン酢をかけて食べたのに習ってみました。
結構、さくさくと食べられます。
(おつまみ感覚)
もしかしたら、海草サラダとかに混ぜたらおいしいかも知れません。
で、湯飲みに入れたのは、ちょっと手を加えます。
京都紅茶道部
お茶の葉に
京都紅茶道部
かつお節を入れまして、
京都紅茶道部
マヨネーズを入れまして、
京都紅茶道部
醤油をかけまして
京都紅茶道部
混ぜます。
そして
京都紅茶道部
出来上がりです。
ヒントは、小さい頃からご飯のお供にしてた
『鰹節の醤油マヨネーズ合え

結構、おいしくいただきました。
嫁様は、このあと、ポン酢の方にマヨネーズを入れてました。
(これも結構おいしかったです)
注意して欲しいのは、『出涸らしであること』です。
中途半端に残ってると、カテキンで渋く感じます。
カテキンは80℃~100℃で抜けますので、3煎目や4煎目は沸騰したお湯を使って
しっかり淹れてください。
で、年の瀬も迫ってまいりました。
今年は、4年間勤めていた会社の退職から始まり、ダイエットが中途半端になりながら、
静岡に行ってお茶の勉強に、まい進してきました。
来年も、多分このペースは変わらないと思いますが、引き続き、よろしくお願いいたします。
では、これをもって、今年最後の記事の更新に
なりませんw
最後は、最後で、記事を一つアップします。
では、あとで。

-お茶, 緑茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

今度こそ、今年の告知

前回は、なにも見ずに『去年の告知』を貼ってたような気がする。 でも、今度はちゃんと今年の告知です。 今年もあります。 京都吉田山大茶会。 ことしは、あの『不気味な卵』でおなじみの 国民文化祭とタイアッ …

no image

なんとか、ポイントが掴めてきた。

茶葉を変えて、チャレンジしてます。 例の『凍頂烏龍茶のおいしい冷茶』の再現です。 とりあえず、安い烏龍茶で実験してみて落ち着いたのが、 お茶を急須で淹れて、ポットに氷を入れる①と、 入り口に網と細かい …

no image

ただいま、黒猫の黒缶を買うと、もれなく日本製のスプーンがつきます。

ただし、在庫が尽き次第もらえなくなります。 いつもの、近所のKALDIにて、 いつもの 黒猫買いました。 (セイロンエクストラ) じつは、もともと買うつもりはなかったのですが、 これが おまけについて …

no image

お茶帝国の 衰亡

日本のお茶の市場において、まっさきに外せれないのは、静岡です。生産量・消費量たるや、まさしく『帝国』名にふさわしい規模です。 それを追いかけるのが、鹿児島県と三重県。 実は、昨日の『日本のお茶開発の神 …

no image

仏式?英式?和式?タイプ別でみる紅茶の淹れ方第1回

□国によって淹れ方に作法があるのか? 『国によって、お茶の淹れ方が違う』ということが、紅茶好きになり色々耳にするたびに言われるようになります。基本、興味のない人にとっては『お茶っ葉をお湯に入れるだけだ …

アーカイブ