お茶のイベント 世界お茶まつり

明日、京都に帰るよ。(ガンダム見てから) 世界お茶祭り2010最終日

投稿日:2013年5月5日

今日はほんとに珍しいもの。
京都紅茶道部-20101031-1
『幻って、なんじゃらほい』
って感じですかね。
前に貼った、
京都紅茶道部
『一芯三葉』の芯の部分だけ集めたのを、シルバーチップといいます。
(画像では、フラワリーオレンジペコーに該当する、芯葉というもの)
京都紅茶道部-20101031-6
珍しいものって言うわけは、基本、アラブの金持ちが、それだけを直接買い上げていくらしいんです。
僕もこれ以前は、レピシエ(ルピシア)の福袋に偶然入ってた売れ残りを飲んだだけ。
(ただ、うまく淹れられなかったため、おいしくなりませんでした)
単価も、ものすごく高く、作ってる現地の人たちは、
『作ってるけど、淹れ方なんてしらねーよ』
ということ。
ゴールデンチップというのは、そのシルバーチップの中にたまに混ざってる、色付きのリーフがあります。
それが、ゴールデンチップです。
京都紅茶道部-20101031-5
色の違い、わかりましたかね?
で、
京都紅茶道部-20101031-2
話ながら、淹れていただきました。
(話の内容は、スリランカと日本の関係のお話)
京都紅茶道部-20101031-3
シルバーチップは、これだけで淹れてなくて
ディンブラを混ぜてます。
京都紅茶道部-20101031-7
普通の茶葉(ディンブラ)が入れてある方がシルバーチップ
香りをシルバーチップで、味をディンブラで補完してる感じ。
右側が、ゴールデンチップ。
(ゴールデンチップは、そのまま)
紅茶の色目は
京都紅茶道部-20101031-9
シルバーチップ(なお、カップは、ノリタケ・スリランカ工場製)
京都紅茶道部-20101031-10
ゴールデンチップ
香りは、すごく広がる感じ・・・
(スリランカのブレンダー曰く、『グリーンマスカットの香り』ってか、薄い醤油っぽい・・・)
シルバーチップ持ってたときに、この方法をしてたら、
もっと、有意義に楽しめたんだろうな・・・
(シルバーだけだと、色も香りも味もなかった・・・)
京都紅茶道部-20101031-8
出ガラも結構、しっかりと。
で、今日はこれの後に、
京都紅茶道部-20101031-11
しばらく、彷徨って・・・
(最終日で、台風一過なので、人で多い)
京都紅茶道部-20101031-12
最後のセミナーです。
日本の茶の湯の存在意義を主に話してました。
ただ、このとき、
イギリスの『イングリッシュガーデン』が
『イギリスのティー普及と同じ時期』であるということから、
イギリスのティー文化の教科書である、日本長期滞在経験があるドイツ人の『お茶の本』から
”イギリスのティー文化は、日本の茶の湯の模倣である”
という、説をパネラーの方がおっしゃってました。
イングリッシュガーデン以前には、ヨーロッパには、左右非対称の庭園が存在してないんです。
(左右対称庭園は、フランスとかイタリアとかで見られます。古くは、イスラムのモスクかな)
それ以外で、左右非対称の庭園といえば、日本の庭園。
それからも、日本の文化→オランダ・ドイツ→イギリスという風に伝播したんじゃないかということです。
なかなか、おもしろい・・・・
(ちなみに、ドイツ人がオランダの商船にのって長崎に来た記録はたくさんあります)
実に、勉強になりました。
ちなみに、その方・・・
「だれか、僕の代わりに証明してください」
え?
知事さん・・・・
で、
今回のオチ
京都紅茶道部-20101031-13
これなんですか?
俺はよく知らないんですが。

-お茶のイベント, 世界お茶まつり

執筆者:

関連記事

no image

今日は和束でお茶のイベントでした。

今日は一日、和束町でイベントでした。『世界茶産地フェスティバル』という名前で、いろいろ飲んできました。(予算の都合で茶葉は買わず、飲むだけ) また後日、撮ってきた写真と感想をアップします。 関連

no image

国民文化祭のお茶会@黄檗山萬福寺~宇治の煎茶~

昨日貼りました山門から、回廊を右に回りますと、受付のあとに、 宇治茶の呈茶コーナーが見えます。本堂を挟んで左右に、呈茶コーナーがあるんですが、ここは、煎茶と抹茶。 正直、京都が気合入れてするんだから、 …

no image

世界お茶祭り3日目

台風、真横通過で、出店が全店閉店状態でした。 見事、見事w 土曜なのに、かわいそうに・・・・ 最初に、昨日予約したミントティーの講座です。 ちいと、豪勢です。 レシピも詳しく聞きました(てか、紙ももら …

no image

国民文化祭のお茶会@黄檗山萬福寺~本物の『正山小種』~

じゃあ、偽物があるのかと。 そういうわけでもないですけどね。詳しくは『正山小種』で調べてもらえればわかると思いますが、簡単にいえば、『珈琲の浅くローストしてるものか深くローストしてるのか』の違い。 ま …

no image

吉田山大茶会⑩2011年分最終回~茶葉を原価で売っていいんですか?~

吉田山大茶会2011シリーズ、最終回となってしまいました。 最後は、 大阪でお茶屋さんをされてる『茶藝館かぎろひ』さんと 一つの季節に一回しか開店しない、幻のお店『茶館銀芽』さんの 合同テナントです。 …

アーカイブ