国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】Tea.Pi.O(伊藤園): Tea.Pi.O静岡県産紅茶両河内2017

投稿日:2017年12月18日

【 Tea.Pi.O静岡県産紅茶両河内2017 :について】

Tea.Pi.O静岡県産紅茶両河内2017 は、伊藤園の紅茶ブランドTea.Pi.Oの紅茶です。
僕は知らなかったのですが、長いあいだ継続しているブランドだそうです。
その国産紅茶ということなので、どのように仕上げているか楽しみです。

【茶葉】

【静岡県】Tea.Pi.O(伊藤園): Tea.Pi.O静岡県産紅茶両河内2017 -1
茶葉は全体的に、髭や茎が多いです。
形状は、撚られている物と畳まれている物が混ざり合ってる感じです。
印象としては、荒いという雰囲気です。
実際はどのような紅茶なのかは飲んでみるまでわかりませんが、どのようなものを狙った紅茶なのでしょうか。

【水色・味・香り】

【静岡県】Tea.Pi.O(伊藤園): Tea.Pi.O静岡県産紅茶両河内2017 -2
3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、生木の樹皮のような香りです。
味は、軽く酸味がしましたが、ほぼ白湯です。

味の系統は、滋納系になるとおもいますが、まだわかりません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、樹皮っぽい香りが強くなりました。
味は、酸味と軽いコクがあります。

味の系統は滋納系で間違いないでしょう。
とすると、和菓子とかと合わせるのに向いてます。
穏やかな味の食べ物との相性がいいです。

【茶殻】

【静岡県】Tea.Pi.O(伊藤園): Tea.Pi.O静岡県産紅茶両河内2017 -3
茶殻は、やはり茎や髭が散見します。
サイズは基本的にバラバラです。
裁断したものがあればそうでないものもあります。
どのように考えて、摘んで製茶したのかが正直わかりにくいです。

この紅茶は滋納系の紅茶ですので、味の穏やかな和菓子や和食などと相性がいいかと思います。
基本的には食中紅茶として活用していただくのがいいかと思います。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

凍らせて発酵させるお茶

基本なところに立ち戻りますが、 紅茶のような発酵したお茶の作り方って御存知ですか? 普通にお茶を飲んでる時は意識しませんが知識として、 茶摘み↓萎凋(しおらせる)↓揉捻(揉み上げる)↓発酵(酸化させる …

no image

【静岡】おごせ茶園:和紅茶

【茶葉】 茶葉の残りが少なかったので粉が多く出ていますが、全体的にリーフがしっかりしてて、綺麗な茶葉です。試飲パックで外に出しているので多分、飲んでいる方も随分いらっしゃると思います。記憶が間違ってな …

no image

【大分】高橋製茶:和紅茶by吉四六の里

【この紅茶について】 この紅茶は、映画『種まく旅人~みのりの茶~』の舞台になりました、高橋製茶さんの紅茶です。元々、大分は熊本と同じく『国産紅茶発祥の地』として知られていますが、紅茶の農家はそんなにも …

no image

【静岡】西村農園:パパティー(Papa tea)

【この紅茶について】 この紅茶はこの紅茶を作った『西村農園』さんが、曽祖父・祖父の代と紅茶を作って海外に輸出をしていたらしく、それを現代に復活させて飲んでもらおうと始めた商品だったそうです。現在は、こ …

no image

【静岡】豊好園:おくゆたか

【この紅茶について】 この紅茶は静岡の豊好園さんの紅茶の第5弾です。 豊好園さんはまだ10品種ありますので、まだまだお付き合い願います。 多品種で作られていると選択に迷うこともありますが、各々の特徴が …

アーカイブ