国産紅茶レビュー 大分県

【大分県】山片茶園(Jastea): Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017

投稿日:2017年12月10日

【 Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017 :この紅茶について】

Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017 は、先日記事にしてた『【大分県】山片茶園(Jastea):紅茶・青 在来2017』の手揉み版になります。

【大分県】山片茶園(Jastea):Jastea 紅茶・青 在来2017

作ったJastea君いわく『手摘みと機械摘みは、風味が違う。あと見た目もまるで違う』とのことなので、実際にどのようなものなのか確認してみたいと思います。

【茶葉】

【大分県】山片茶園(Jastea): Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017 -1
手摘みらしく、全て茶葉の形状や長さを整えてます。
合わせて、細く撚られ、手摘みで作った台湾の包種茶のようなそんな雰囲気があります。
ただ、青と書いてあるとは言え、青い。
ほぼ真緑。
全く発酵させてないんじゃないかと思うくらい。
この感じだったら、萎凋緑茶って売ってると思う。
でも、紅茶で作ってるんだよなぁ・・・

【水色・味・香り】

【大分県】山片茶園(Jastea): Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017 -2
3分淹れました。
水色は、ほぼ黄色です。
香りは、青葉のような香りです。
味は、ごぼうのような風味があります。ウッディーな感じです。

味の系統は、清廉系に落ち着くと思います。ただ、時間が短いのでまだ出ると思います。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤みのある黄色になりました。
香りは、若葉や青葉のようなグリーンな香りと樹皮のようなウッディな香りが交互に存在する感じです。
味は、渋さがぐっと来ます。そして緑茶っぽい収斂性のある『キュッ』とした感覚が入れ替わります。紅茶と緑茶が交互にせめぎ合ってるような感じです。

清廉系ですが、目が覚めるようなそんな風味です。

【茶殻】

【大分県】山片茶園(Jastea): Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017 -3
茶殻も、見れば見るほど緑茶。
実際にこのくらい緑です。
普通に緑茶の淹れ方で淹れたらどうなんだろうとか、3煎に分けて、80→90→100とかすると面白そうかもとか色々考えてしまいます。

このタイプの紅茶は、その渋さと風味から、気持ちをスイッチしたい時に飲んでいただきたい紅茶です。
キリッとした風味が、心の入れ替えにぴったりで、それ以後のモチベーションも上げられるでしょう。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】益井園:益井紅茶みらいせかんど

この紅茶について 毎年、吉田山大茶会に来られていて、 ほぼ全種類試飲できるという太っ腹ぶりをひろされている益井園さんです。 前々回・前回・今回そして、岡山と含めて4回お会いしているのですが、 まともに …

no image

【宮崎】宮崎茶房:みやざき有機紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、前に東京の某有名紅茶専門店にも卸されているやまなみやみなみさやかを作っている宮崎茶房さんの『ブレンド』商品です。使われている品種は複数のものをブレンドしているので、何 …

no image

【島根】西製茶所:出雲の国のべにふうき紅茶

【この紅茶について】 何回も紹介していますが、島根の茶農家さんの紅茶です。ここは、ブーム以前から紅茶を作っている所で、一部の人はここに来て作り方を学んで自分で作られているそうです。そう言う意味で、ここ …

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016-2

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買ってきました。 自然農法で作ってる人が多いのでしょうか。 紅茶でよく「自然農法」とか「無農薬」とか見かけます。 農家の人の思いがそうさせ続けてい …

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

アーカイブ