国産紅茶レビュー 大分県

【大分県】山片茶園(Jastea): Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017

投稿日:2017年12月10日

【 Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017 :この紅茶について】

Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017 は、先日記事にしてた『【大分県】山片茶園(Jastea):紅茶・青 在来2017』の手揉み版になります。

【大分県】山片茶園(Jastea):Jastea 紅茶・青 在来2017

作ったJastea君いわく『手摘みと機械摘みは、風味が違う。あと見た目もまるで違う』とのことなので、実際にどのようなものなのか確認してみたいと思います。

【茶葉】

【大分県】山片茶園(Jastea): Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017 -1
手摘みらしく、全て茶葉の形状や長さを整えてます。
合わせて、細く撚られ、手摘みで作った台湾の包種茶のようなそんな雰囲気があります。
ただ、青と書いてあるとは言え、青い。
ほぼ真緑。
全く発酵させてないんじゃないかと思うくらい。
この感じだったら、萎凋緑茶って売ってると思う。
でも、紅茶で作ってるんだよなぁ・・・

【水色・味・香り】

【大分県】山片茶園(Jastea): Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017 -2
3分淹れました。
水色は、ほぼ黄色です。
香りは、青葉のような香りです。
味は、ごぼうのような風味があります。ウッディーな感じです。

味の系統は、清廉系に落ち着くと思います。ただ、時間が短いのでまだ出ると思います。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤みのある黄色になりました。
香りは、若葉や青葉のようなグリーンな香りと樹皮のようなウッディな香りが交互に存在する感じです。
味は、渋さがぐっと来ます。そして緑茶っぽい収斂性のある『キュッ』とした感覚が入れ替わります。紅茶と緑茶が交互にせめぎ合ってるような感じです。

清廉系ですが、目が覚めるようなそんな風味です。

【茶殻】

【大分県】山片茶園(Jastea): Jastea 手揉み紅茶・青 在来2017 -3
茶殻も、見れば見るほど緑茶。
実際にこのくらい緑です。
普通に緑茶の淹れ方で淹れたらどうなんだろうとか、3煎に分けて、80→90→100とかすると面白そうかもとか色々考えてしまいます。

このタイプの紅茶は、その渋さと風味から、気持ちをスイッチしたい時に飲んでいただきたい紅茶です。
キリッとした風味が、心の入れ替えにぴったりで、それ以後のモチベーションも上げられるでしょう。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

【埼玉】田畑園:和風紅茶

【茶葉】 淹れやすくブロークンにしたのかと思います。選別はブロークンにしたせいか、さほど目立ってませんが、繊維や茎が混ざってるので、仕分けはほどほどにしたのかなって思います。 【水色】 番茶みたいな風 …

【和歌山県】(株)モリカワ:川添紅茶2016-2

【和歌山県】(株)モリカワ:川添紅茶2016

【この紅茶について】 和歌山県白浜にて、おみやげとして販売していたものです。 中身は、3g入ってるティーバッグでした。 和歌山県の紅茶としては、いろいろありますが、ここの会社のは初めてみました。 和歌 …

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd-2

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。 熊本のお茶のカジハラさんは、「告茶」という名前で商品化しております。 紅茶よりも釜炒り茶の方が印象に残る方で、この方の釜炒り茶のファ …

【奈良県】竹西農園:自然農法茶おくみどり2016(紅茶)2

【奈良県】竹西農園:自然農法茶おくみどり2016(紅茶)

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 先に試飲している2種とどのくらい違うのか、それともどちらかと同じなのか気になるところです。 過去の記事はこちらから→こちら 【茶葉 …

no image

【静岡】石原園:与一郎紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、全国的にも珍しい『からべに』という古い紅茶品種の紅茶です。元々はこれと『べにほまれ』と『はつもみじ』などは、輸出紅茶の花型だったらしいです。輸出用釜炒り茶・ぐり茶など …

アーカイブ