三重県 国産紅茶レビュー

【三重県】ハサマ共同製茶組合: kyoukan茶紅茶べにふうき2017

投稿日:2017年12月10日

【 kyoukan茶紅茶べにふうき2017 :この紅茶について】

kyoukan茶紅茶べにふうき2017 は、愛知県尾張旭市で行われました『国産紅茶グランプリ』の金賞として選ばれた紅茶です。
シングルオリジンティーフェスティバルにて販売されていたものを購入してきました。
ハサマ共同製茶組合さんの紅茶は初めての試飲レビューになります。
改めて、どのような紅茶なのか確認してみたいと思います。

【茶葉】

【三重県】ハサマ共同製茶組合: kyoukan茶紅茶べにふうき2017 -1

4割ぐらいが芯芽です。
写真が特別多いわけではなく、袋の中がほとんど芯芽と言ってもおかしくないぐらい芯芽です。
手摘みで摘んだのではないかとしか思えません。
たまにこういうのを見かけますが、凄さしか感じません。
シルバーチップ、ゴールデンチップが大好きな方には、垂涎の茶葉かと思います。

【水色・味・香り】

【三重県】ハサマ共同製茶組合: kyoukan茶紅茶べにふうき2017 -2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、軽くアーモンドの香りがします。あとラムネっぽい風味もします。花の香りを嗅いでいる感じです。
味は、軽く味の存在を感じるのですが、いまいち何かわかりません。3分では薄いです。

味の系統は、清廉系の紅茶になると思いますが、3分ではまだわかりません。時間が経って判断する方がいいと思います。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、基本的には3分の時と同じで、アーモンドの香りがします。あとラムネっぽい風味で、花の香りを嗅いでいる感じですが、少しビター感がでてます。
味は、渋みと香ばしさが全力で表に出てます。軽く酸味のあります。

味の系統は清廉系です。ただ清廉系ですが望蘭系よりになります。ストレート向きですが、飲みながらミルクを足したいという欲求にかられます。
多分、ミルクには負けると思います。

【茶殻】

【三重県】ハサマ共同製茶組合: kyoukan茶紅茶べにふうき2017 -3
枝見えるのは、心芽と一葉を支えていた茎です。とても柔らかい部位で、正直葉っぱと見分けが付きません。
全体的に、小さい葉と芯ばかりです。
海外の紅茶だったらもっと高かっただろうなって思ってます。
手摘みで摘んだのかと思うくらい、丁寧に分けて摘まれてます。
こういう茶葉が好きな方は、一度体験してみては如何でしょうか。

-三重県, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

奈良月ヶ瀬の国産紅茶

□岩田さんと紅茶の出会い 当代17代目岩田文明さんは、最初からお茶を作っていたわけではなかったそうです。会社員時代にイギリスで飲んだ紅茶に感動したことと、大学時代から『紅茶をつくらないのか』と言われて …

no image

大分:杵築紅茶:べにふうき

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園 このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、 …

no image

静岡:タネカ太田園:太田さんちの紅茶

□熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになります。それが熟成と …

no image

大分:山片茶園:田舎のお茶やの紅茶です(レギュラー)

□一期一会の普及品 本人にも確認してますが、『レギュラー商品は単品で売るには忍びなく、ブレンドすると本気を出すロットを集めている』というものです。つまり、今から書くレビューがこうだという感想を書いても …

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

アーカイブ