京紅活動

リプトンの『 クレームブリュレミルクティー 』を飲んでみた。

投稿日:2017年8月29日

クレームブリュレミルクティー の”クレームブリュレ”って何?

※アイキャッチは、インドのチャイです。

『クレームブリュレ(フランス語: Crème brûlée)は、カスタードプディングと似たデザート。フランス語で「焦がしたクリーム」という名称のとおり、カスタードの上面には、砂糖をグリルやバーナーで焦がした、硬いカラメルの層が乗っている。通常はラメキンの皿に卵液を流し込んで調理し、固まったカスタードの上に砂糖をふりかけて焦がし、器のまま冷して供される。』

ってことは、プリンのカラメル焦がしたやつじゃね?
って簡単に考えてしまいました。
実際はどうなのかわかりませんが、どこかケーキ屋さんとかで食えるのかな?
誰か、肥満体質の僕におごってください。
※おい

クレームブリュレをイメージしてミルクティーをつくったということで、非常に甘いミルクティーなのかなって思います。
この頃、こういう「イメージミルクティー」って多いなぁという気がします。
この前はチョコミントなんてありましたし。

どういうものなのかは、実際に飲んでみないとわからないです。

実際に飲んでみた

リプトン・ クレームブリュレミルクティー 1
このようなネックが細めのボトルというのが流行りなのでしょうか。
スタイリッシュです。
クレームブリュレのイメージを思わせるオレンジのデザイン。

パッケージが甘そう。

リプトン・ クレームブリュレミルクティー 2

香りは、カラメルです。
ほんのり甘そうで香ばしい。
でも清々しさを感じます。
香りは非常によく作り込んでるなぁって思います。

口に入れると、紅茶というよりも濃厚なデザートです。
甘くてとろりとしてます。

飲み物なので、何かと合わせたいと考えるのが常ですが、これはこれでも十分です。
むしろ食べ物は要りません。

すごいミルクティーをつくったなぁ・・・

『デザートミルクティー』って分野が確立しないか願う

飲んだ後の余韻がすごく残ってます。

紅茶に親しむという点ではこういう分野はありだと思います。
ペットボトルだから云々とか。茶葉から淹れないと云々ではなく、『楽しみながら飲む』という入口に居続けてもらえることがいいなぁと思います。
そのうち、「良い紅茶を飲んでみたい」という気になってくれた時に、僕らのような茶の濃い人間が楽しくエスコートできるような、そんな状態がいいと思います。

実に面白いミルクティーでした。
こういうのをもっと期待します。

-京紅活動

執筆者:

関連記事

目ジェド

エジプト神話の メジェドのティーコージー を作ってみた

あるエジプトの神をティーコージーにしたくて・・・ エジプト神話に出てくる『メジェド』という神だろう存在をご存知でしょうか。 メジェド:死者の書の第17章では、他のよくわからない神々とともにメジェド(「 …

2018年1枚め

2018年ご挨拶と活動予定

新年のご挨拶 新年、あけましておめでとうございます。 もう8日過ぎましたが、うちの田舎では左義長(どんど焼き)までが松の内なので、まだ新年明けたばかりです。 (長い) 今年も一年よろしくお願い致します …

紅茶フェスティバル国産紅茶コンテスト①

2017年紅茶フェスティバル国産紅茶グランプリ に参加しました

2017年紅茶フェスティバル国産紅茶グランプリ 一般審査員として行ってきました 本日(10/1)に紅茶フェスティバルのイベントの一つから独立した『国産紅茶グランプリ』に一般審査員として参加してきました …

新年のご挨拶及び今年の抱負

新年のご挨拶 新年、明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 昨年、一昨年と記事の更新があまりありませんでした。 一つには生活環境の変化により取材量が減ってしまたということと …

リプトンの紅茶で販売国が違う と味はかわるのか?

リプトンの紅茶で販売国が違う とどのくらい違うの? よく「ナショナルブランドは、その国の水に合わせて茶葉をブレンドしている」と言われます。 それでよく引き合いに出されるのが、『イギリスで買った茶葉を日 …

アーカイブ