お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

酷暑向けアイスティー①

投稿日:2011年8月8日

あ~、なんで写真撮ってないんだろ・・・
異様にここ数日夜も暑くなってきたので、
酷暑用に作ったアイスティーをはろうとしたんですが、
『写真を忘れてる』

テキストで勘弁して下さい。
で、作ったのが
・アッサムCTC:6g
・JANATエヴェレストチャイ:3g
・お湯:800cc
・水:800cc
・はちみつとミルク適量
冷蔵庫で一晩冷ましてますが、基本は
『濃く淹れて薄める』の作業してます。
なんか、早く飲みきってしまう予感・・・
話は違いますが、こんばんは大阪のリーガロイヤルホテルの
リニューアル開店前のレストラン行ってきます。
アメモニでなぜか当選してしまったものです。
ひどかったら、ボロクソ書きますし、よかったらそれなりに書きます。
真面目に取材してくるのて久々だな・・・

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

地球上で淹れるのが最も難しいお茶

と言うことで、今年最後に淹れるのは です。 静岡に行った時に買ってきた、『宇治茶』の玉露で、 20g1000円でした。 お茶は、『100g~円』という言い方をするのが一般的なので、 100gだと、50 …

no image

豪快にしくじってしまった。

お茶を淹れる時、鍋かやかんで沸かすんですが、 この頃は、 『紅茶は魔法瓶で、緑茶は急須で、中国茶は蓋碗で』 というふうにしてるため、 まるっきし、鍋の役目が無くなってしまいました。 で、いつものように …

no image

魔法瓶法の記事を読み返してみて

結構、語弊があるな・・・予熱して90度以上にならんってそれはないな・・・確かめないとダメだけど少なくても95度近辺にはなるはず。でも、放熱が開始されてしまうから、1分ごとに温度は低下するはず。ちと、検 …

no image

お茶帝国の 衰亡

日本のお茶の市場において、まっさきに外せれないのは、静岡です。生産量・消費量たるや、まさしく『帝国』名にふさわしい規模です。 それを追いかけるのが、鹿児島県と三重県。 実は、昨日の『日本のお茶開発の神 …

no image

今年のラス茶

今年最後にお茶を淹れました。去年は、加賀棒茶でしたので、今年は京番茶 ではなくて、 ケーキに合わせる(正確にはシュークリーム)ので、ルピシアの寿です。 来年はみなさまにいいことが沢山訪れますように。俺 …

アーカイブ