お茶 緑茶 緑茶の淹れ方

ここんとこ、ぐり茶を検証

投稿日:2011年12月23日

もう、はるか前の話になりますが(旅記事は昨日まででしたが)、
熱海に行ったときに買ってきた『伊豆のぐり茶』

今再あけて淹れてみたんですが、いまいちしっくり来てない。

昨日は、『2回湯冷まし、40秒抽出』で淹れてみたんですが、
1煎目から失敗。
・色は出てない
・味は出てない
・香りがすこし
という、完全な不足状態。

2煎目に、『1回湯冷まし、45秒抽出』という、煎茶のテンプレをそのまましてみたら、
1煎目に出なかった分がでてきて、『まんじゅうこわい状態』に。
(?違ったか?『最後の1杯のお茶が怖い』だったかな)
※ともに落語ネタ

今日は、普通に『2回湯冷まし、1分抽出』で淹れましたら、
・色出た
・味出た
・香り出た
という、額面通りの結果になりました。

静岡のお茶は奇をてらわない方がいいのかな・・・

※追加
夕べ、深夜番組で、月亭八方さんと博多大吉さんが、嫁の実家のご近所の亀屋良長に来てました。
お金があったら、カウンターの和菓子を『ここからここまで全部1つづつ!』とか言って注文してみたいなと思うんですがね・・・

-お茶, 緑茶, 緑茶の淹れ方

執筆者:


  1. みこどん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >wunderschaetzeさん
    正直、現地に行くまで、そういうものがあるのを知りませんでした。
    (伊豆は、お茶の空白地だと思ってましたから)
    静岡のお茶は、九州のお茶と同じように日照時間の長いお茶ですから、渋みを堪能するお茶ではありますが、70℃以下で長めに淹れてみて、テアニンの特徴を楽しむのもいいですね。

  2. wunderschaetze より:

    SECRET: 0
    PASS:
    伊豆の「グリ茶」調べてみましたが、いわゆる蒸し製玉緑茶のことなんですね。九州では珍しくありませんが、伊豆で作っているというのは初めて知りました。いや~、飲んでみたい。^^
    嬉野玉緑茶(ルピシア)の説明によると、75~80℃で、1~1分30秒ほど抽出するのが標準的な淹れ方のようですね。わたしは70℃で2分ほどが好みですが。

関連記事

no image

日本茶の淹れ方、わかりますか?

【日本茶を淹れる前に】 で、うだうだ言い続けてた、『日本茶の淹れ方』です。 今まで、日本茶の淹れ方を避けてきたとおり、 紅茶と違って制限がたくさんあります。 紅茶→100℃で3分以上でOK 緑茶→・一 …

no image

あ、そうだった・・・

今日から4週ですね。 本日午後10時25分~10時50分 NHK教育テレビ「極める」 ※紅茶の話です。 お暇な方は、お忘れなくノシ 関連

no image

正直、いつも淹れるのをためらうが、淹れないとなくならない。

なら、捨てれよと・・・ いや・・・ どんなものでも、一度は、チャレンジする義務があるんじゃないかと・・・ いつも、思うわけですね。 見た瞬間に、味が想像できて、もう、どうしようか散々悩んだんですが、 …

no image

火をかけっぱなしにしなくても、紅茶の煮出し法と同じくらいのクオリティーをだすには。

いつも書いてますが。 『紅茶は100℃で淹れます』 ですが、このことを必死に守ろうとすれば、ずっと火にかけないといけません。 ですが、普通にポットに入れると、それで温度が下がってしまいます。 なので、 …

no image

地球上で淹れるのが最も難しいお茶

と言うことで、今年最後に淹れるのは です。 静岡に行った時に買ってきた、『宇治茶』の玉露で、 20g1000円でした。 お茶は、『100g~円』という言い方をするのが一般的なので、 100gだと、50 …

アーカイブ