お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

手軽に淹れられるジンジャーティー(生姜紅茶)の作り方

投稿日:2013年8月24日

 

時々、ちまたで見かける”生姜紅茶”
何のことだか、さっぱりわからず、しばらく放置してたんですが、
その間、ピグともとかそのほかの人たちに、
「生姜紅茶って飲んでる?」
とか言われ、
「そんなにも、メジャーなもんなんやな・・・」
と、思い手につけてみることにしました。
資料は、グーグル先生
グーグル先生では、インドのチャイにも使われてるということで、
その作り方も出てきました。
は、10年以上紅茶に関して参考にさせていただいてる、
高野健次さんの
「紅茶ーおいしいたて方」

という本。
1998年発行で、大阪で浪人してた時代に買ってるものです。
で、本の方にも載ってました。
「ジンジャーティー」
もしかして、俺って10年以上知ってながら
『知らなかった』ということになっててたのね・・・
両者から得られたポイントとしては、

①紅茶はミルクティーに向いた葉を選ぶこと。
(セイロンのディンブラとか、アッサムとか、ニルギリとか)
②生姜は最後に入れること。
(香りが飛んでしまうからだそうです)
③甘みは多く入れること。
(カロリーには注意してください)

以上、3点です。
それで、スーパーに生姜を買いに行ったんですが、
生だと、腐るとすぐに捨ててしまう結果になるんで、
粉末の物を探しました。
そうしたら、「スパイスコーナー」においてあるんですね。
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
もうちょっと、多くて安いの欲しかったな・・・
ちゃんと、「生姜だけ」のものです。
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
買うとき見てみたら、いろいろと生姜に入ってるんですね。
保存のためでしょうけど・・・
いつものように、水から
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机"
鍋で淹れます。
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
今回は、①を踏まえて、

日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
アッサムを使います。
もちろん、
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
鍋で煮ます。
3分たったら
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
取り出して
先に
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
甘みを入れます。
(うちでは、いつものオリゴ糖)
その後
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
生姜を
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
入れます。
生姜の量は、一人分(ティーポット1回分:カップ2杯分)につき
ティースプーン1/3ぐらいらしいです。
大体、1gぐらい。
400ccに対して1gなので、今回は1.5gぐらい。
(あくまでも、”ぐらい”です)
見た目は
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
ぜんぜん、変わりません。
(ただ、薄~く粉みたいなのは見えますよ)
飲んでみた感想としては、
生姜の香りが、フワッと広がって
豆腐やそうめんの薬味に絶対生姜を入れないといけない人は
好きですね。
あと、関西では冷やし飴が好きな人も、お勧めできます。
金沢で言えば、柴舟小出の『柴舟』が好きな人も。
後味が、少しきつめに感じる人には、牛乳を入れてみたいかがでしょうか。
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
飲み口がマイルドになるので、こっちのほうが、飲みやすいです。
嫁様の批評は
ミルクなし:生姜の香りが効いていいが、紅茶独特の渋みがある。
ミルクなし:飲みやすいが、生姜の風味が隠されてしまってる。
だそうです。
ミルク入れるときは、もう少し、生姜を入れようかな・・・

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

福袋を買ってから、4ヶ月ぐらい経ってます。

購入したのが、確か、今年の1月だったはずです。 これ。 KALDIの福袋に入ってた、フォンダンショコラのフレーバーティーです。 大体、チョコの香りなんだなと思いながら、他のお茶の消化を先にしており、 …

no image

牛乳のほかに入れるもの

最初にお断りしておきます。 今回は、便乗記事です。 何に、便乗したかと言うと、 最近ヘビーローテーションで読ませていただいている、 紅茶サイト Tea for Life別館さん リンク先が、すでにその …

no image

街(マーチ)に出たら、『3月の』福袋が売っていた。

と言うのは、いつもの紅茶専門店です。 (錦市場西出ルのお店) 年始にも書きましたが、今年は福袋がありませんでした。 というか、 ないはずでした。 ですが、街へ出たついでに、フラリと立ち寄ってみたら、 …

no image

今日は和束でお茶のイベントでした。

今日は一日、和束町でイベントでした。『世界茶産地フェスティバル』という名前で、いろいろ飲んできました。(予算の都合で茶葉は買わず、飲むだけ) また後日、撮ってきた写真と感想をアップします。 関連

no image

TPPの検証として、『紅茶の自由化』を考える。

※今日の内容を理解出来ない人は今日は、読まないでください。 よく内容がわからないまま、TPPが議論されているみたいですが、その検証として、昭和46年に行われた紅茶の自由化を取り上げてみます。 今は、じ …

アーカイブ