国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016

投稿日:2017年11月18日

【 かほりせかんど2016 :この紅茶について】

かほりせかんど2016 は、益井園のかほりせかんどの2016年分です。
購入が6月でしたので、必然的に2016年です。
このブログでは多く登場している益井園さんです。

この記事で初めて知った方の為に説明しますと、
この紅茶は静岡川根本町の国産紅茶です。
つかってる品種は香駿という緑茶につかう品種です。
元々香りが良い品種なので、それに輪をかけて萎凋を行い香りを高めてます。
セカンドなので、太陽をいっぱい浴びた茶葉は、濃い味に仕上がります。

特徴として断言してしまいましたが、実際は味見をしてみないとわかりませんので、試飲をしてみます。

【茶葉】

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016 -1
茶葉はある程度切りそろえられた短冊状です。
捻って撚られたというよりも、折りたたまれて少し厚みのある茶葉は、一つ一つに重さを感じられます。
色目はファーストと比べる濃い目になってます。
封を切った時から、濃い香りが立ち上ります。
元々香りには力を入れている農家さんなので、ここから存在感を非常に強く感じます。

【水色・味・香り】

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016 -2

3分淹れました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、青葉のような刺激の強さと濡れ落ち葉のようなふんわりとした香りがします。
味は、軽い渋みと、ふんわりとしたコクを感じます。

味の系統は、清廉と望蘭の間です。ただ3分ではまだ特徴がつかみにくいです。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、少し濃い目の赤橙色になりました。
香りは、葉っぱぽさが姿を隠し、代わりに生ぎのようなどっしりした香りが出てきました。
味は、渋みが前面に押し出てきました。
系統的には清廉系に入ると思いますが、ここでも清廉系と望蘭系の間ぐらいと考えるのが良いかと思います。
個性の強い紅茶です。

【茶殻】

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016 -3
長さが綺麗に揃えられた茶葉が、綺麗に短冊状に開いた茶殻です。
茶殻そのものは、スモーキーな香りを残してます。
紅茶にその香りが移る機会がなかなかないのですが、もしかしたら2煎目を淹れたとしたら移るのでしょうか。
益井さんの青葉のようなスッキリする香りと裏腹にこういう香りをまだ隠していると思うと、淹れるのって難しいなぁという気もします。

一度確認してみないといけませんね。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【大分】山片茶園:在来・奥武蔵春摘2013特別ブレンド

【この紅茶について】 この紅茶は、先日の京都和束茶源郷まつりで出品した商品です。ホントは別のものを山片くんに頼んでいた所、それがどうやら足りないということだったので、急遽別のものをということで特別に作 …

no image

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 べにふうき

【この紅茶について】 この紅茶は、水車むら紅茶の試飲パックの最後の紅茶です。 10gづつの試飲パックは、正直こういう試し飲みが効果的にできるのでありがたいです。 品種はべにふうきです。 べにふうきは全 …

no image

【奈良】月ヶ瀬健康茶園:べにほまれ

【この紅茶について】 前にも、テレビに出られる前に記事にしましたが、 イギリスで飲んだ紅茶に感動して、実家でも作ってみようと紅茶作りをされている 月ヶ瀬健康茶園の紅茶です。 品種は、川戸紅茶と同じく、 …

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016-2

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016

【この紅茶について】 地紅茶サミット奈良で購入しました。 社会福祉法人青葉仁会ということろが生産販売団体です。 紅茶づくりが、社会との接点になるという事例になるのかもしれません。 詳しくは、問い合わせ …

【宮崎県】宮崎茶房:べにふうきMIMIZAKO2017-2

【宮崎県】宮崎茶房: べにふうきMIMIZAKO2017

【 べにふうきMIMIZAKO2017 :この紅茶について】 べにふうきMIMIZAKO2017 は、シングルオリジンのときに購入しました。 基本、出ているものをほとんど持っていたりしていたので、今回 …

アーカイブ