国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】グリーンエイト:JAPANESE BLACK TEA KOHAKU MILD 2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で購入しました。
グリーンエイトさんの3つ目です。
いつも、一つ一つ先入観なしで飲んでいるので、どのくらい違うのか考えていないですが、これはどのような感じの紅茶に仕上がっているのか楽しみです。

【茶葉】

【静岡県】グリーンエイト:JAPANESE BLACK TEA KOHAKU MILD 2016-1
茶葉は、一つ一つが大きめです。
他の茶葉と塊になる傾向がありました。
袋を揺すると、ほぐれますので、そこまできつくもありません。
茶葉が大きいのが好きな人にとっては良い茶葉かもしれません。

【水色・味・香り】

【静岡県】グリーンエイト:JAPANESE BLACK TEA KOHAKU MILD 2016-2

3分淹れました。
水色は、やや茶色がかったオレンジ色です。
香りは、軽く酸っぱいけれど、ふんわり甘い果物のような香りです。
味は、すごく軽く軽く香ばしい風味がします。
ただ、薄いです。
3分は薄すぎました。

味の系統は、まだわかりません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、鮮やかな朱色になりました。
香りは、花の蜜のような花びらの根元のような甘い香りがします。
味は、軽く香ばしさがしてサラッと飲めます。

味の系統は清廉系です。

そのまま飲んでいたいです。

【茶殻】

【静岡県】グリーンエイト:JAPANESE BLACK TEA KOHAKU MILD 2016-3

茶殻は、茶葉のサイズと比べて小さく見えます。
水分を吸い込んで、柔らかくなり他の茶葉とキレイにまとまった感じがします。
ただ、捨てる時に水を注いだら一気に開き急須いっぱいに茶殻が広がりました。
お湯の中で踊る茶葉ってことですかね。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

国産紅茶20140718豊好園静7132-2

【静岡】豊好園:静7132

この紅茶について このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。 …

no image

【東京】お茶の木下園:東京紅茶

茶葉 この茶葉は元々ティーバッグのものを展開して使っています。撚りがきれいに入ってます。選別も丁寧です。正直、これをティーバッグにするのがもったいない気もします。 水色 ふと、ジャスミンのような香りが …

【熊本県】桜野園:さくら紅茶2016-2

【熊本県】桜野園:さくら紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 「さくら紅茶」って書いてありますが、桜の紅茶ではありません。 普通の紅茶です。 勘違いされて、桜の香りがすると思う人もいるようです …

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016-2

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016

【この紅茶について】 この紅茶は。地紅茶サミット奈良で購入しました。 ただ、宮崎茶房さんは、毎年吉田山大茶会で購入している茶農家さんです。 なので、ここでは「吉田山で出していない紅茶を下さい」とリクエ …

no image

【高知】広井茶生産組合:しまんとRED

【日本で最も成功している紅茶かもしれない】 高知県は、日本の紅茶の歴史を語る上で大事なところで、試験的に中国から茶師を雇い、大分県と熊本県で製造に乗り出しますが散々たる結果に終わります。それから後に国 …

アーカイブ