お茶 紅茶

紅茶とチョコレートの甘い相性

投稿日:

チョコのお供に紅茶はいかがですか。

今日はバレンタインデーです。
チョコレート会社の策略で随分長いこと続いている風習ですが、チョコだけ食べるのは味気ないなぁって思ったりします。

『好きなのでチョコを』

って展開は、続きがあるのかなぁって思って。
どうせなら、二人で一緒に食べればいいのに。
どうせなら、一緒に食べた思い出を共有すればいいのに。
と、実の所、年齢一桁のときから思ってました。
ですが、真冬にチョコは、鍛えた歯でバリバリ食うことになります。
色気が無いですよね。

なので、『茶道楽的チョコレートの食べ方』を書こうと思います。

チョコは40度前後で溶けます。紅茶は60度が飲み頃です

食べ物には良い温度と言うものがあります。
紅茶は60度ぐらいです。
なぜ60度かというと、そこら辺で人の味覚が機能するからです。
熱すぎると、味を感じる前にやけどになります。
せっかくの紅茶も台無し。
かと言って、熱い紅茶をカッピングしながら(口の中で空気と混ぜながら)飲むのは行儀が悪いです。
なので、60度ぐらいまで待ちましょう。

チョコレートを溶かしたことがある方はわかると思いますが、チョコは35~40度ぐらいで溶けます。
つまりチョコは「人肌」で溶けます。

紅茶の温度を利用しながら、チョコを溶かし食べるというのが良いかもしれません。
バリバリ気合い入れて食うことも無いし、軽くチョコのかけらを口に淹れたらお茶を含めば、複雑な味や香りを楽しむことができる。
更に、話のネタにもなる。
なにしろ、見た目が良い。

良いことづくめではないですか?

チョコと一緒にティーバッグを

そこで、紅茶の選択になるのですが、気合を入れて高い紅茶を買う必要もありません。
ティーバッグで良いです。
ただし、「沸騰したお湯」「しっかり保温しながら3分以上待つ」事が大切です。
この基本的な淹れ方を守れば、どんなティーバッグも美味しくいただけます。
例えば、500mlの真空サーモマグ(蓋付き)があれば問題ありません。
500mlに対して、2~3袋使い紅茶を作ります。
それを紙コップでもなんでも良いです。
そそいで飲みます。
500mlあれば、ゆっくり二人分できます。
足りなければ作れば良いのです。

そうやって、バレンタインデーの甘い時間を過ごす事も良いのではないでしょうか。

※甘い展開なので、胸焼け中

-お茶, 紅茶

執筆者:

関連記事

no image

いつも、お茶はどこで買ってますか?

お茶を買うまでの流れ ご存知の通り、お茶を買う人は、『消費者』です。 生産→消費者という、物の流れは『流通』といいます。 日本においての基本的な流通の形は 生産者→卸→小売→消費者 です。 ただ、必ず …

no image

『加賀の紅茶』入手!

の、予定です・・・ 金沢竪町にあるお茶屋さん『野田屋』さんで予約してきました。 (正確には、入荷が決まったら、連絡をしていただくとのこと) 去年作った分はもう、売り切れてることは分かってたんでね。 こ …

no image

粉ミルクティーのポテンシャルは・・・

粉紅茶が増えてきましたが・・・ もう、ずいぶん前になりますが、 KALDIの粉紅茶の記事を書きました。 普通のスーパーのエリアでも、寒いシーズンになりましたので、 そこそこ粉紅茶が増えてきました。 の …

2つの天の川(羊羹の中身)

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

2つの『甘春堂』 京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。 厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。 (類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さん …

no image

金沢のレピシエ(ルピシア)にて

紅茶と煎茶の限定フレーバー。 勿論、 買いました。紅茶のほう。 関連

アーカイブ