京紅活動

能登の紅茶の茶園と加賀の紅茶の工場の見学報告

投稿日:

能登島にある能登の紅茶

今回ご案内いただけたのは、いつもお馴染みの金沢幸町の小林茶舗の小林さんと上林金沢茶舗の織田さん。
織田さんは加賀の紅茶生産グループ茶レンジの会の方で、金沢の茶販売組合の事務長をされています。
能登の紅茶やぶきた

能登の紅茶は能登半島の中ではなく、能登島という能登半島の中にある島にあり、能登半島からは橋などで渡ります。
能登の紅茶の生産は、上林金沢茶舗の織田さんが始められ、加賀の紅茶と並行して行われてきました。
加賀の紅茶のように、すである茶畑からの生産ではないので、文字通り一からのスタートというものです。

能登の紅茶おくひかり
茶畑は11畝の茶の木の列からなります。
育てられている品種は
やぶきたが8畝
おくひかりが3畝
すべて、苗を植えて育てられています。
おくひかりは、植えられて日が浅いので、現在能登の紅茶として作られるのは、やぶきただけです。
育て方は、無農薬有機肥料とのこと。
これはずっと継続するそうです。
今は、植えて4年目になりました。
まだまだ、大きさとしては小さいですが、これが一般的なお茶畑になるように、大切に末永く育てられるそうです。

リノベートされた加賀の紅茶の新製造工場

加賀の紅茶新工場
合わせて、加賀の紅茶の生産工場も見させていただきました。
元々は緑茶の工場を改装したとのこと。
去年までは丸子紅茶で生産していて、今年から現地生産可能に。
丸子紅茶の生産システムをほぼ完璧に反映させているらしく、非常に細かい管理まで出来るそうです。
加賀の紅茶の萎凋箱
加賀市だけでなく、周辺地域の紅茶も生産可能の模様。
もしかしたら、隣接県の紅茶の生産されるかもしれませんね。

今年の金沢は国産紅茶の年

今年は、11月1〜2日に、金沢市で国産紅茶の全国イベント『地紅茶サミット』があります。
金沢の国産紅茶関係の方々はその準備に勤しんでおられました。
地紅茶サミットでは、地元加賀の紅茶と新たに加わった能登の紅茶のお披露目が行われるとともに、全国から国産紅茶があつまり、楽しむことができます。
会場も交通の便が良い場所で行われることがきまり、今までよりも参加者の数の増加が見込まれます。
イベントそのものも、金沢らしい形になるそうなので、大変楽しみです。

-京紅活動

執筆者:

関連記事

20170718のアイキャッチ

祇園祭の後は、みんなで集まってお茶を飲もう: IT系お茶会2017

純粋にお茶の人達でない人達との「お茶会: IT系お茶会2017 」 先の3連休の末日に、久々の「お茶会」をしてきました。 ツイッターとかフォローされている方はご存知かと思います。 祇園祭先の祭り山鉾巡 …

簡単中国茶20140722-4

台湾の紅茶は、日本の紅茶と親戚?

世界的に有名?台湾紅茶 日本に居て、普通の生活をしていると「台湾の紅茶」というものを聞く機会があまりまりません。 主にお茶仲間から飛んで来ることが多いです。 台湾といえば、一般的に中華調理と「烏龍茶」 …

no image

『検”茶”くエンジン』『ポータル”茶”イト』

ずっと長い間、いろんな人と話をしていました。 例えば、『お茶という膨大は情報のお陰で、特化分野の専門家ばかりが生まれる』例えば、『ポータルサイトをつくろうとチャレンジするも、膨大な情報を扱い切れない』 …

11/4~5に茶源郷まつり(和束町)にて出店します

※アイキャッチの画像は2013年出店の写真です。                 11月4~5日は和束町の茶源郷まつりに出店します 11月4(土)~5(日)日は、京都府和束町で行われる『茶源郷まつり』 …

no image

国産紅茶に関する雑談をサイトに書きます

今まで『お茶の記事』ということで、こちらに書いてきましたが、国産紅茶に関する事だけサイトの方に書きます。ただ、国産紅茶レビューは今までどおりで、国産紅茶以外の雑談(緑茶、海外の紅茶、中国茶等々)はこち …

アーカイブ