国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】西村農園:パパティー(Papa tea)

投稿日:2013年10月29日

【この紅茶について】

この紅茶はこの紅茶を作った『西村農園』さんが、曽祖父・祖父の代と
紅茶を作って海外に輸出をしていたらしく、
それを現代に復活させて飲んでもらおうと始めた商品だったそうです。
現在は、このパパティーの他、『ママティー』、『月のしずく』とあり、
これからも改良向上を努めていくと言われています。

ちなみに、この紅茶を買った時、『もしかしてTwitterとかやってますか?』と
一瞬、身バレしてしまったのかと思ってましたが、その後その気配もないので、
まだ僕は謎の人のままでいるようです。
(というか、存在も気にされてないと思います)

【茶葉】

国産紅茶20131029パパティー1

茶葉は大ぶりで綺麗に撚られて、形状は非常に良いです。
『茶葉至上主義』の人たちには好まれる形状なのではないでしょうか。
(僕は旨ければダストでもファインイングスでも良いわけで)

【水色】

国産紅茶20131029パパティー2

水色は少し深めの赤茶色。
香りは香ばし目で軽く甘いです。
味は、軽く香ばし目です。
まあ、全体的に色目以外浅めですね。
まだ時間が足りなかったってことでしょうか。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色はほぼ変化がありません。
香りもさほど違いもありません。
味はさっきと同じなのですが、大きな違いが『鼻からキャラメルのような香りが抜けていく』点です。
ふと、某社の『キャラメルミルクティー』を思い出しました。
これをフレーバーじゃないものでやってるのはすごいと思います。

というか、フレーバーじゃないのにこの香りが出るんだって新鮮な驚きに包まれてます。

【茶殻】

国産紅茶20131029パパティー3

茶葉は綺麗に展開された『開いた系』です。
気のせいであればいいんですが、長時間淹れたあと、
上記の『キャラメル』香が延々と漂ってるんですが、
これは茶殻のせいなのでしょうか、それとも気のせいなのでしょうか。
紅茶も茶殻もその他も、元を探してもなかなか見つからず、
ちょうど『紅茶を離すと香る』という不思議な状態になってます。

なんとも・・・不思議・・・・

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【奈良県】上久保さん:奈良月ヶ瀬紅茶2016-2

【奈良県】上久保さん:奈良月ヶ瀬紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は奈良県の紅茶です。 僕自身、面識がないので詳しくは言えませんが、奈良県は国産紅茶がどんどん増えている感じがしました。 もしかすると、宇治茶地域の中で一番多いかもしれませ …

no image

【静岡】豊好園:香駿

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の豊好園さんに複数品種送って頂いた紅茶の一つです。今回で2品種目の紹介です。ここでは、毎年多品種で紅茶作りに挑戦しているらしく、今年も沢山作られたようなのですが、 …

no image

【佐賀】うれしの紅茶振興協議会:嬉野紅茶

【茶葉】 茎も繊維も多いです。ただ、粉末の選り分けがしっかりしているのか見た目はひどくありません。自己選別、あらためて必要かな・・・とか思ってしまいます。 【水色】 水色は浅目。少し酸味がある。かすか …

no image

【富山】富山紅茶の会:くれはの紅茶

この紅茶の事 この紅茶は、富山の紅茶ですが、作るのは鳥取の陣構茶生産組合で作られてます。ですが、茶葉は富山のお茶で、富山産の紅茶です。これと似た方式で作っているのが、加賀の紅茶で、そちらは、加賀市で取 …

no image

【大分】山片茶園:べにふうき2013秋

【この紅茶について】 いつもお馴染み『山片茶園』の新作です。べにふうきも5年目に入ってきているそうで、もうそろそろ完成じゃないかと期待してます。毎年試行錯誤なので、どう変化するかはわかりませんが、楽し …

アーカイブ