お茶 参考資料

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

投稿日:

2つの『甘春堂』

京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。
厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。
(類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さんも2系統あります)

両方共、同じ『甘春堂』の流れを組み、途中で別れた両店です。
ともに近所にあり、美味しい和菓子を提供し続けてくれています。

ともに、夏のお菓子を提案していましたので、今回購入してまいりました。

甘春堂本店
http://www.kanshundo.co.jp/

七条甘春堂
http://www.7jyo-kansyundo.co.jp/

2つの『天の川』

2つの天の川(羊羹)
両店とも、「天の川」という夏の羊羹を提案しております。
ともに小豆と透明で涼し気な寒天で天の川を表現している羊羹です。

2つの天の川(羊羹の中身)

『甘春堂』の天の川は、青→朱色→白と彩られた寒天と強めにこされたつぶあんの羊羹です。

『七条甘春堂』の天の川は、青→白と彩られた寒天と、やわめにこされたつぶあんの羊羹です。

ほんのり甘く、小豆の風味が優しく広がる、サクリとした食感の、口当たりのいい羊羹です。
ともに、お茶請けのお菓子として、非常に相性のいい作りになってます。

今日は『紅』の無い日

今日は京都茶道部
今日は、なにか思いたったように、平安京の街に繰り出してました。
抹茶を買いに行き、ふと思い出したかのように『甘春堂』さんに足を向けてました。

京都にはふたばさん初め、同じ屋号の『2つの~』と比べられるお店が多くあります。
暖簾分けだったり、全く関係無いお店だったり、いろいろです。
京都にはそういう『まるでモザイク画のように』同じ分野のお店が沢山あります。
そういう楽しみ方も、一つの京都の切り口なのかなと、改めて感じました。

というわけで、今日は『京都☓茶道部』でした。

-お茶, 参考資料

執筆者:

関連記事

no image

仏式?英式?和式?タイプ別でみる紅茶の淹れ方第1回

□国によって淹れ方に作法があるのか? 『国によって、お茶の淹れ方が違う』ということが、紅茶好きになり色々耳にするたびに言われるようになります。基本、興味のない人にとっては『お茶っ葉をお湯に入れるだけだ …

no image

多分、紅茶好きにはこの上なく欲しい商品かも

前々から、考えてたんですが、一度紙に書いてみました。 魔法瓶のティーサーバー(ボトル型) ステンレス製とクリアプラスチック製と2種類。 ボトルのほかに、ポット型もほしいな。(1~1.5リットル) ティ …

no image

ダイエットに効くプーアル茶(普洱茶)~続き

で、だれですか? さっきのブログ記事を読み終わった段階で 『みこどんのことだから、続きは明日の10時だなw』 と思った人は! 廊下に立ってなさい! ※このセリフを頭に刻み込んで、

no image

簡単そうで、なかなか出来ない『一杯の完璧な紅茶の淹れ方』

紅茶を淹れる事は難しい事? 本来、日本茶と違って、『100℃で淹れる』ことさえ間違わなければ、 失敗することがない紅茶。 でも、ある時期まで100年ぐらい、この『淹れ方』の論争が続いてました。 紅茶を …

no image

仏式?英式?和式?タイプ別でみる紅茶の淹れ方第3回

□英式で淹れてみる 『英式』と言っても、普通に淹れるだけなんですがね。手順はこうです。①水を多めに用意しておく(ポット×1.5倍)↓②沸かす↓③気泡がボコボコ言って来たら、少しお湯をポットに入れて温め …

アーカイブ