お茶 参考資料

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

投稿日:

2つの『甘春堂』

京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。
厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。
(類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さんも2系統あります)

両方共、同じ『甘春堂』の流れを組み、途中で別れた両店です。
ともに近所にあり、美味しい和菓子を提供し続けてくれています。

ともに、夏のお菓子を提案していましたので、今回購入してまいりました。

甘春堂本店
http://www.kanshundo.co.jp/

七条甘春堂
http://www.7jyo-kansyundo.co.jp/

2つの『天の川』

2つの天の川(羊羹)
両店とも、「天の川」という夏の羊羹を提案しております。
ともに小豆と透明で涼し気な寒天で天の川を表現している羊羹です。

2つの天の川(羊羹の中身)

『甘春堂』の天の川は、青→朱色→白と彩られた寒天と強めにこされたつぶあんの羊羹です。

『七条甘春堂』の天の川は、青→白と彩られた寒天と、やわめにこされたつぶあんの羊羹です。

ほんのり甘く、小豆の風味が優しく広がる、サクリとした食感の、口当たりのいい羊羹です。
ともに、お茶請けのお菓子として、非常に相性のいい作りになってます。

今日は『紅』の無い日

今日は京都茶道部
今日は、なにか思いたったように、平安京の街に繰り出してました。
抹茶を買いに行き、ふと思い出したかのように『甘春堂』さんに足を向けてました。

京都にはふたばさん初め、同じ屋号の『2つの~』と比べられるお店が多くあります。
暖簾分けだったり、全く関係無いお店だったり、いろいろです。
京都にはそういう『まるでモザイク画のように』同じ分野のお店が沢山あります。
そういう楽しみ方も、一つの京都の切り口なのかなと、改めて感じました。

というわけで、今日は『京都☓茶道部』でした。

-お茶, 参考資料

執筆者:

関連記事

no image

いまだに、中国茶が良くわからない。

中国茶の起源について お茶の起源は、中国の南西部かビルマ(ミャンマー)のあたりだと言われてます。 それが証拠か知りませんが、ビルマには”ラペトゥ”と呼ばれる、食べるお茶があります。 人間の食の確認は、 …

no image

べにふうきの母、世界に出る

(じつは、リアルタイムな話じゃないんですけどね) 先日こういうニュースが流れました。 「琉球紅茶」 仏で販売へ この琉球紅茶、株式会社沖縄ティーファクトリーさんで製造・販売をされており、 契約販売店に …

no image

9月15日です

 『お茶』のテーマなのに、ウェブ放送の予告です。 PC版の右のスペースにも常時貼ってありますが、 ロイヤルホストのUst番組『ロイホチャンネル』にて、 ”カレルチャペック紅茶店”の社長、 山田詩子さん …

no image

大阪で!

毎年恒例(らしい)のですが、 日本紅茶協会主催の 『ティーアドバイザー養成研修』 があるそうです。 日時は、9月6日・13日・20日の10:00~16:00(各々火曜日) 認定試験は27日です。 これ …

no image

ティーバッグで美味しい紅茶を淹れる方法。【経年訂正版】

◆過去記事『ティーバッグの淹れ方』の修正 過去に書いた記事で ティーバッグの淹れ方。3通りのその1(電子レンジ編) ティーバッグの淹れ方。3通りのその2(鍋編) ティーバッグの淹れ方。3通りのその3: …

アーカイブ