お茶 参考資料

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

投稿日:

2つの『甘春堂』

京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。
厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。
(類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さんも2系統あります)

両方共、同じ『甘春堂』の流れを組み、途中で別れた両店です。
ともに近所にあり、美味しい和菓子を提供し続けてくれています。

ともに、夏のお菓子を提案していましたので、今回購入してまいりました。

甘春堂本店
http://www.kanshundo.co.jp/

七条甘春堂
http://www.7jyo-kansyundo.co.jp/

2つの『天の川』

2つの天の川(羊羹)
両店とも、「天の川」という夏の羊羹を提案しております。
ともに小豆と透明で涼し気な寒天で天の川を表現している羊羹です。

2つの天の川(羊羹の中身)

『甘春堂』の天の川は、青→朱色→白と彩られた寒天と強めにこされたつぶあんの羊羹です。

『七条甘春堂』の天の川は、青→白と彩られた寒天と、やわめにこされたつぶあんの羊羹です。

ほんのり甘く、小豆の風味が優しく広がる、サクリとした食感の、口当たりのいい羊羹です。
ともに、お茶請けのお菓子として、非常に相性のいい作りになってます。

今日は『紅』の無い日

今日は京都茶道部
今日は、なにか思いたったように、平安京の街に繰り出してました。
抹茶を買いに行き、ふと思い出したかのように『甘春堂』さんに足を向けてました。

京都にはふたばさん初め、同じ屋号の『2つの~』と比べられるお店が多くあります。
暖簾分けだったり、全く関係無いお店だったり、いろいろです。
京都にはそういう『まるでモザイク画のように』同じ分野のお店が沢山あります。
そういう楽しみ方も、一つの京都の切り口なのかなと、改めて感じました。

というわけで、今日は『京都☓茶道部』でした。

-お茶, 参考資料

執筆者:

関連記事

no image

ティーバッグの紅茶の淹れ方。3通りのその3:ファミレスでの美味しい紅茶の淹れ方

その3です。1は電子レンジ2は鍋と紹介させていただきました。 で、「ほかになにがあるの?」と思われるかもしれません。 残ってますよ。あとひとつの方法。 カップで淹れる方法。 「今まで散々、カップで淹れ …

no image

紅茶買って来ました。

(いつも、このぐらい行動が早けりゃ良いのにな・・・) 一軒目は、京都大丸のレピシエ(ルピシア)基本的に、紅茶を手鍋で煮出して、牛乳入れて飲むので、強めの紅茶。値段も、あんまし高くない奴。 二軒目は、京 …

no image

ただいま、黒猫の黒缶を買うと、もれなく日本製のスプーンがつきます。

ただし、在庫が尽き次第もらえなくなります。 いつもの、近所のKALDIにて、 いつもの 黒猫買いました。 (セイロンエクストラ) じつは、もともと買うつもりはなかったのですが、 これが おまけについて …

no image

前の更新はいつだっただろうか・・・なんて、お茶の話です

この頃、『別の事』に手を取られて、ブログの更新をしてませんでした。多分、自動的にクロールしてくる検索ロボット以外僕のブログを見ていないんじゃないかと思ってます。 ちょっと前に、ワードプレスというものの …

no image

価格という境目

御存知の通り、今、『和紅茶の試飲会』の参加者を募集しております。今回は、初めてということもあり、茶葉は自分の持ち出しで、参加費の1000円はすべて会場費であるということです。 この話をツイッター上で、 …

アーカイブ