お茶 参考資料

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

投稿日:

2つの『甘春堂』

京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。
厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。
(類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さんも2系統あります)

両方共、同じ『甘春堂』の流れを組み、途中で別れた両店です。
ともに近所にあり、美味しい和菓子を提供し続けてくれています。

ともに、夏のお菓子を提案していましたので、今回購入してまいりました。

甘春堂本店
http://www.kanshundo.co.jp/

七条甘春堂
http://www.7jyo-kansyundo.co.jp/

2つの『天の川』

2つの天の川(羊羹)
両店とも、「天の川」という夏の羊羹を提案しております。
ともに小豆と透明で涼し気な寒天で天の川を表現している羊羹です。

2つの天の川(羊羹の中身)

『甘春堂』の天の川は、青→朱色→白と彩られた寒天と強めにこされたつぶあんの羊羹です。

『七条甘春堂』の天の川は、青→白と彩られた寒天と、やわめにこされたつぶあんの羊羹です。

ほんのり甘く、小豆の風味が優しく広がる、サクリとした食感の、口当たりのいい羊羹です。
ともに、お茶請けのお菓子として、非常に相性のいい作りになってます。

今日は『紅』の無い日

今日は京都茶道部
今日は、なにか思いたったように、平安京の街に繰り出してました。
抹茶を買いに行き、ふと思い出したかのように『甘春堂』さんに足を向けてました。

京都にはふたばさん初め、同じ屋号の『2つの~』と比べられるお店が多くあります。
暖簾分けだったり、全く関係無いお店だったり、いろいろです。
京都にはそういう『まるでモザイク画のように』同じ分野のお店が沢山あります。
そういう楽しみ方も、一つの京都の切り口なのかなと、改めて感じました。

というわけで、今日は『京都☓茶道部』でした。

-お茶, 参考資料

執筆者:

関連記事

no image

便乗記事の目的の8割は拡散です。

さすがに、ゴホンとはいいません。 もういいです。忘れてください。 またも、便乗記事。 ココのところ、うちの便乗記事の常連様、 紅茶サイト Tea for Life別館の管理人やなさんのブログ。 『どう …

no image

神戸かな・・・

『遠いから、関係ないや』 と思ってたら、もう、秋の告知も入ってました。 ルピシアのグランマルシエ という名の即売会兼タダ飲み大会 (絶対に、ノーマネーでフィニッシュです) 夏と秋の開催があり、夏は前か …

no image

クリスマスブレンドは何一つ買ってはいない

紅茶好きの方は、ご存知と思いますが、2ヶ月くらい前から、紅茶屋さんでは『クリスマスブレンド』なるフレーバードティーが発売されてます。三國屋善五郎もシャンメリーのような風味のクリスマスブレンドをだしてま …

no image

考え直すことが出来ました。

日本茶のことで 『まともな日本茶を飲もうとしたら、 100g2000円以上じゃないといけない』 と書いてきました。(何回か) 今日、一部訂正します。 昼間に、嫁様と八坂神社に初詣に行った帰りです。 帰 …

no image

簡単そうで、なかなか出来ない『一杯の完璧な紅茶の淹れ方』

紅茶を淹れる事は難しい事? 本来、日本茶と違って、『100℃で淹れる』ことさえ間違わなければ、 失敗することがない紅茶。 でも、ある時期まで100年ぐらい、この『淹れ方』の論争が続いてました。 紅茶を …

アーカイブ