お茶 紅茶

国産紅茶の一つの目標

投稿日:

日本の紅茶の多くは・・・

新茶の摘み取りの季節がやや過ぎ去ろうとしてます。
来月も半ばになると、多くの場所で紅茶の生産が始まります。
国産紅茶は、緑茶で一番茶を摘んだ後に伸びてきた茶葉で生産されることが多いです。
理由としては、肥料が多く含まれると紅茶としての味や香りが損なわれるということが上げられます。
一番の理由は、『緑茶の一番茶が一番お金になるから』なんですけどね。

そのように緑茶の後に作られる紅茶ですが、みんなが思う味の紅茶になることはほとんどありません。

多くは、緑茶に引きずられたり、いわゆる「渋くない例の紅茶」が出来上がります。
紅茶らしい紅茶を作る人は、紅茶専用の畝を作っている人ばかりです。

正直「日本の紅茶」というものを決めるのは正直難しいところがあります。

中国茶の専門家求める国産紅茶の通過地点

味について、色々言われる国産紅茶ですが、ある程度の品質的目標という物を設定して飲んでいる人が多いです。

僕自身も、色々飲みながら『こういう所が目標だろう』というものはあります。

その中で、ある知り合いの中国茶の専門家から「日本の紅茶はこのレベルに達してほしい」とある紅茶を手渡されました。
その紅茶、中国紅茶でも大変有名な部類に入り、ものにとんでもない値段がつきます。
もちろん、中国は紅茶発祥の国です。
紅茶の研究も大変進んでいます。
生産量も半端でない量で、どしどし輸出されてます。
インド・スリランカ・ケニアなどと同じく世界のお茶の雄です。

その中国茶の専門家から、その紅茶を渡されました。
正直、これはなかなか超えられない壁です。

どんなものなのか、次回レビューします。
「国産紅茶レビュー特別編」です。

-お茶, 紅茶

執筆者:

関連記事

no image

静岡の「世界お茶まつり」の参加申し込み

下記のイベントに、申し込みました。 10/29 紅茶セミナー「世界へ羽ばたく国産紅茶」 10/30 シンポジウム「お茶を飲むとなぜ体に良いのか」 10/31 茶の文化講演会 「喫茶楽塾」 ただ、申し込 …

no image

お茶の通販の現状

常々ツイッターで厳しいことを言ってるのですが、 すごく重要なことなので、ここでも記事にしておきたいと思います。 国産紅茶のデータベース(DB)を作るために集め始めて、 7月22日現在で、30茶園61商 …

no image

一風堂ではルイボスティーですが、天天有ではさんぴん茶です。

気がつけば、一風堂のルイボスティーの入った ポットが空になってます。 みこどんです。 ルイボスティーの記事につきまして、多数のコメントありがとうございました。 アクセス数が一日1000を超えたことは多 …

no image

猫のお店

と言っても、本当に『猫の店』ではありません。 『紅茶の猫』ということで、フランスの紅茶メーカーJANATの日本のお店です。 でも、リアルショップではありません。 WEBショップです。 正直、知りません …

no image

ええ!猫ですよ!そりゃ、猫ですよ!! ※紅茶の話です

なぜか大体、ブログの資料を作ってるので、夜遅くなる傾向の僕です。 昨日(10/15)、嫁様が仕事に行きがけに起こしに来て、 「どうせ、今日は、紅茶買いに行くんでしょ」 と・・・ ええ!! 行きますとも …

アーカイブ