お茶のお店

福岡県小倉に、国産紅茶のお店誕生

投稿日:2017年3月31日

小倉駅前に国産紅茶の喫茶店開店

 小倉駅前に和紅茶専門店「ティーハウス・ホルン」(北九州市小倉北区京町3、TEL 093-531-1567)がオープンして1カ月が過ぎた。

店舗面積は約15坪、席数は20席。近くでバーを経営する村上禎史(ただし)さんが「もともと紅茶が好きだったこと、バー以外の業態を模索していたこと」をきっかけに開業した。提供する紅茶は、「国内各地の茶葉生産農家から無農薬の紅茶を選んで仕入れている。産地や畑、品種、収穫時期、天候などによってその香りや味は違い、まるでワインにこだわるような楽しみ方がある」という。

 村上さんによると、「海外から輸入される紅茶はどっしりした強い風味がある反面、苦味が多いものも多く、『紅茶が苦手』という人もいるが、和紅茶の多くは甘みやうま味が多く、渋さが少なく、各生産者が少量生産するので幅広く楽しめる。こだわりや探究心の強い男性客にこそおすすめしたい」という。女性客には、「パティシエが作るガトーショコラやチーズケーキと合わせて紅茶を楽しんでもらいたい」とも。

(引用:小倉経済新聞)

広がる国産紅茶のお店

全国で国産紅茶を取り扱うお店が増えています。
国産紅茶に興味をもつオーナーさんが増えてきたということもありますが、国産紅茶を手に入れやすい環境になってきたということがあります。

少し前までは、国産紅茶は一部の人しか見つけられず、多くの人は認識すらしていなかったので、買うということさえしませんでした。
ですが、ここ数年、多くのメディアに取り上げられ、興味を持つ人が増えてきました。
それと合わせて多くのセレクトショップが取り扱うようになり、薄くではありますが、広まりを見せてます。
特に、多くの量を取り扱えれる専門店が出てきた事とその店の知名度が高まった事が大きな要因でもあります。

このお店のメニューを見ると、佐賀の国産紅茶紅葉さんの紅茶を使っているのかなと思います。
このように、一箇所で多くの産地を選ぶことができる様になったことは、更にお店としても使いやすい環境になったということではないでしょうか。

これらも、国産紅茶を取り入れてくれるお店が増えていくことを願ってやみません。

-お茶のお店

執筆者:

関連記事

no image

茶館銀芽大阪支店

※と、本人がおっしゃってたので、そのまま使います。 お盆前に、茶館銀芽のオーナーさんからツイッターで 『今回の茶館銀芽で出したお茶を大阪で飲めるようにしました』 との連絡を受けて、行ってきました。 茶 …

no image

関西在住の方に朗報

今月8/5~7に東京で”季間”限定開館されてました茶館銀芽 さんで提供されてました『日本で手に入らない本気の中国茶』が関西でもいただけられると、オーナーさん直々にご連絡をいただきました。(直々と言って …

no image

今後行ってみたいと思ってるけどどうなるかわからないお店。

故郷石川県に帰って、行ってみたい紅茶のお店を探してます。一つは、多分閉店したんじゃ無いかと思われるお店。竪町のシャリマさん。散々竪町を往復をしてたんですが、見つかりませんでした。看板もありません。もう …

no image

南森町というか西天満エリア~無茶空茶~

過ぎること5月10日、ツイッターのフォロアーさんに誘われて、大阪の茶館さんに行って来ました。 場所は、『無茶空茶』さんというところで、大きな地図で見るGoogleマップでの位置は少しづれているのですが …

no image

2月の茶館銀芽のお茶:天満・茶藝館かぎろひ

毎期楽しみにしていたのですが、去年はご都合が合わなかったらしく1年間ほど開催されていなかった『1つの季節に1回開く茶会:茶館銀芽』ですが、今年2月に1年ぶりに開催されそのお茶が大阪に到着してました。3 …

アーカイブ