国産紅茶レビュー 茨城県

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶の試飲は2回目です。
前回は2013年に、知り合い(中国茶の専門家)に頂いたものでした。
今回は、地紅茶サミット奈良にて購入しました。
この4年間の間で、この『茨城のお茶』を広めてる人と知り合いにもなりました。
その方からも、他の茨城の紅茶の話を聞き、まだまだ裾野が広がっていることを実感しました。

この紅茶は、「いずみ」という品種で、生産者もすくない「幻の品種」と言われてます。
これは、前の記事でも触れていましたが、どのくらい見かけないかというと、紅茶品種用に開発されたけど、そんなにも広まる前に自由化になってしまい、「ホントは全滅したんじゃないか」と言われてた品種だからです。
同じ希少品種とされている「はつもみじ」とは、スタートが違います。
他の農家さんでも作って欲しいですが、なかなか広まらないこともあります。
なので、この品種は育て続けていただきたいと思ってます。

【茶葉】

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016-1
茶葉は、細く撚りが丁寧です。
実は前回試飲した写真と比べているのですが、前よりもより一層茶葉が丁寧に撚られています。
これは経験と蓄積の結果なのでしょうか。
全体的に茶葉の選別や処理も丁寧です。
本当にきれいな茶葉です。

【水色・味・香り】

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016-2
3分淹れました。
水色はクリアな茶色です。
香りはほのかに甘酸っぱい感じの香りがします。ほのかすぎてわかりません。
味はしっかり出てます。軽く香ばしく、青草の茎をかんだような感じです。
(わけわからなくてすみません)

ここまでのでは、味の系統は、清廉系と滋納系との間くらいです。
ただ、すごく紅茶らしい紅茶です。
3分なのですごく軽いです。
もっと時間をかけたら良いかと思います。

長く淹れると様相は大きく変わりました。
水色は、濃い赤になりました。
香りはSFかオータムナルのアッサムのような甘さを含んだ濃い香りです。
味は、ガッツンと渋く「紅茶品種本領発揮やなぁ」という気がします。

ここまで来ると、清廉でも滋納でもなく望蘭だと思います。

濃い目に淹れると、日本の紅茶という気がしません。
ミルクティーにしたりブランデーを入れたりとかしたいです。
一見すると海外の紅茶といわれてもわかりませんね。

【茶殻】

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016-3
茶殻は、前回よりも少し短く裁断されている気がします。
長さは計量時のしやすさと結びつきやすいのと、茶葉が似た形状になるので、味がいつでも安定しやすいというのもあります。
そういう意味で、処理の丁寧さが分かります。
香りは、枯れ葉のような感じの香りです。
ちゃんと出きったなと言う感じがします。

海外の紅茶が好きな方にはおすすめできます。

-国産紅茶レビュー, 茨城県

執筆者:

関連記事

no image

【熊本】水俣市茶生産協議会:みなまた茶 紅茶 自然栽培

【茶葉】 全体的に紅茶っぽく、きれいな撚りと鮮やかな黒が良いです。茎が若干残ってますが、この程度なら他の所でも同じなので問題ないと思います。ただ、香りが立たないのが気になります。 【水色】 水色は明る …

no image

【大分】山片茶園:かなやみどり

【この紅茶について】 この記事でも何回も出ております『山片茶園』の紅茶です。日本には400軒紅茶を作っており、商品数も1000点以上と言われていますが、ここの紅茶と比できる紅茶は数少ないです。僕自身、 …

no image

【静岡】益井園:かほり ふぁすと

【この紅茶について】 この紅茶は、前にも出てました益井園さんの紅茶です。 品種は香駿で、ファーストフラッシュ(1番茶)です。 そもそも、かおりに重点をおいて作られているので、淹れるためにお湯を注ぐ前か …

no image

【栃木県】大金茶園;那須野紅茶

【納得いかない場合は販売しないという紅茶】 実際にお会いしたことはないので、伝聞要素が多いのですが、まずは、南山城紅茶の師匠筋に当たる紅茶です。そして、納得できなければ販売をしないという紅茶です。実際 …

【埼玉県】大西園:おくみどり紅茶2016-2

【埼玉県】大西園:おくみどり紅茶2016

【この紅茶について】 埼玉県の紅茶で品種は緑茶に使われるおくみどりです。 意外と、紅茶にやぶきた以外の品種としておくみどりを使われる方が多くいらっしゃいます。 製法によって、独特な清廉よりの国産紅茶を …

アーカイブ