国産紅茶レビュー 茨城県

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶の試飲は2回目です。
前回は2013年に、知り合い(中国茶の専門家)に頂いたものでした。
今回は、地紅茶サミット奈良にて購入しました。
この4年間の間で、この『茨城のお茶』を広めてる人と知り合いにもなりました。
その方からも、他の茨城の紅茶の話を聞き、まだまだ裾野が広がっていることを実感しました。

この紅茶は、「いずみ」という品種で、生産者もすくない「幻の品種」と言われてます。
これは、前の記事でも触れていましたが、どのくらい見かけないかというと、紅茶品種用に開発されたけど、そんなにも広まる前に自由化になってしまい、「ホントは全滅したんじゃないか」と言われてた品種だからです。
同じ希少品種とされている「はつもみじ」とは、スタートが違います。
他の農家さんでも作って欲しいですが、なかなか広まらないこともあります。
なので、この品種は育て続けていただきたいと思ってます。

【茶葉】

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016-1
茶葉は、細く撚りが丁寧です。
実は前回試飲した写真と比べているのですが、前よりもより一層茶葉が丁寧に撚られています。
これは経験と蓄積の結果なのでしょうか。
全体的に茶葉の選別や処理も丁寧です。
本当にきれいな茶葉です。

【水色・味・香り】

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016-2
3分淹れました。
水色はクリアな茶色です。
香りはほのかに甘酸っぱい感じの香りがします。ほのかすぎてわかりません。
味はしっかり出てます。軽く香ばしく、青草の茎をかんだような感じです。
(わけわからなくてすみません)

ここまでのでは、味の系統は、清廉系と滋納系との間くらいです。
ただ、すごく紅茶らしい紅茶です。
3分なのですごく軽いです。
もっと時間をかけたら良いかと思います。

長く淹れると様相は大きく変わりました。
水色は、濃い赤になりました。
香りはSFかオータムナルのアッサムのような甘さを含んだ濃い香りです。
味は、ガッツンと渋く「紅茶品種本領発揮やなぁ」という気がします。

ここまで来ると、清廉でも滋納でもなく望蘭だと思います。

濃い目に淹れると、日本の紅茶という気がしません。
ミルクティーにしたりブランデーを入れたりとかしたいです。
一見すると海外の紅茶といわれてもわかりませんね。

【茶殻】

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016-3
茶殻は、前回よりも少し短く裁断されている気がします。
長さは計量時のしやすさと結びつきやすいのと、茶葉が似た形状になるので、味がいつでも安定しやすいというのもあります。
そういう意味で、処理の丁寧さが分かります。
香りは、枯れ葉のような感じの香りです。
ちゃんと出きったなと言う感じがします。

海外の紅茶が好きな方にはおすすめできます。

-国産紅茶レビュー, 茨城県

執筆者:

関連記事

【埼玉県】備前屋: 狭山かおり紅茶茜2018 -2

【埼玉県】備前屋: 狭山かおり紅茶茜2018

【 狭山かおり紅茶茜2018 この紅茶について】 狭山かおり紅茶茜2018 は、埼玉県で作られた国産紅茶です。 埼玉県といえば、この紅茶でも使われている品種『さやまかおり』でも有名な産地です。 関東の …

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016-2

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 地味に数を増やし始めている「燻製した」紅茶です。 紅茶を燻製すると聞くと、驚く人も多いですが、紅茶を発酵後に燻製して加熱する紅茶は …

no image

【静岡】豊好園:さえみどり

【この紅茶について】 豊好園さんの15品種ある紅茶中の一つです。 さえみどりは、緑茶でつかわれる品種でちょくちょく目にします。 【茶葉】 茶葉の形状は豊好園さんらしく、大ぶりの撚りのしっかりした茶葉で …

no image

【静岡】田原製茶:菊川紅茶

【茶葉】 茎が多い目ではありますが、全体的に細かい茶葉です。発酵がしっかりしているようで、色目も光をどう変えてもこの色です。正直、測りやすい茶葉でした。 【水色】 水色は、透明度が高めの朱色です。香り …

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

アーカイブ