京紅活動

能登の紅茶の茶園と加賀の紅茶の工場の見学報告

投稿日:

能登島にある能登の紅茶

今回ご案内いただけたのは、いつもお馴染みの金沢幸町の小林茶舗の小林さんと上林金沢茶舗の織田さん。
織田さんは加賀の紅茶生産グループ茶レンジの会の方で、金沢の茶販売組合の事務長をされています。
能登の紅茶やぶきた

能登の紅茶は能登半島の中ではなく、能登島という能登半島の中にある島にあり、能登半島からは橋などで渡ります。
能登の紅茶の生産は、上林金沢茶舗の織田さんが始められ、加賀の紅茶と並行して行われてきました。
加賀の紅茶のように、すである茶畑からの生産ではないので、文字通り一からのスタートというものです。

能登の紅茶おくひかり
茶畑は11畝の茶の木の列からなります。
育てられている品種は
やぶきたが8畝
おくひかりが3畝
すべて、苗を植えて育てられています。
おくひかりは、植えられて日が浅いので、現在能登の紅茶として作られるのは、やぶきただけです。
育て方は、無農薬有機肥料とのこと。
これはずっと継続するそうです。
今は、植えて4年目になりました。
まだまだ、大きさとしては小さいですが、これが一般的なお茶畑になるように、大切に末永く育てられるそうです。

リノベートされた加賀の紅茶の新製造工場

加賀の紅茶新工場
合わせて、加賀の紅茶の生産工場も見させていただきました。
元々は緑茶の工場を改装したとのこと。
去年までは丸子紅茶で生産していて、今年から現地生産可能に。
丸子紅茶の生産システムをほぼ完璧に反映させているらしく、非常に細かい管理まで出来るそうです。
加賀の紅茶の萎凋箱
加賀市だけでなく、周辺地域の紅茶も生産可能の模様。
もしかしたら、隣接県の紅茶の生産されるかもしれませんね。

今年の金沢は国産紅茶の年

今年は、11月1〜2日に、金沢市で国産紅茶の全国イベント『地紅茶サミット』があります。
金沢の国産紅茶関係の方々はその準備に勤しんでおられました。
地紅茶サミットでは、地元加賀の紅茶と新たに加わった能登の紅茶のお披露目が行われるとともに、全国から国産紅茶があつまり、楽しむことができます。
会場も交通の便が良い場所で行われることがきまり、今までよりも参加者の数の増加が見込まれます。
イベントそのものも、金沢らしい形になるそうなので、大変楽しみです。

-京紅活動

執筆者:

関連記事

no image

国産紅茶の試飲用セット提供第3弾のリスト

多分、ブログだけご覧になられている方は、『なんじゃそりゃ?』って感じでしょう。 去年2回ほど、自分のストックを使い『国産紅茶の試飲アソートセット』というのを提供していました。一部お金がかかるので、5g …

エコ茶会ミニイベント用

10/8に地球にやさしい中国茶交流会にてミニセミナーします

10/8地球にやさしい中国茶交流会にてミニセミナー開催 10月8日日曜日に、浅草の会場】東京都立産業貿易センター・台東館にて開かれる『地球にやさしい中国茶交流会』にてミニセミナーを行います。 お題は、 …

no image

お茶の会社を作ることができそうなんですが

来る9月から12月まで、京都府の公益団体が主催する起業家セミナーを受講できるようになったみたいなのですが、今、事業概要を提出することになりました。 そらそうだわな。 なので、改めて事業内容を見つめなお …

エコ茶会ミニイベント用

今年、 国産紅茶を買おうとしている 人たちに役立つ情報

国産紅茶を買おうとしている 中で情報を得るのは難しい? 国産紅茶の認知が広まってきてはいますが、いまだ国産紅茶は『出会う』ものである状態からかわりません。 原因としては、流通の絶対量がほかのお茶と比べ …

茶源郷祭り2017-1

茶源郷まつり2017 に行ってきました。

メジェドは人気でした。 紅茶の試飲していただきながらも、多くの人の視線の先にはメジェドがいました。 ・気づいている人 ・「可愛い」という人 ・なんだか思い出せない人 それぞれでしたが、間違いなく大人か …

アーカイブ