お茶動画 国産紅茶

国産紅茶専門家が教える紅茶のジャンピング

投稿日:

くれはジャンプ20140719-1
紅茶いれ方といえば代表的な技術は『ジャンピング』です。
よく言われるけど、ではどうすればいいのかということは、よく聞く話で、ジャンピングのやり方の動画も多く紹介されていますが、みんなうまく再現できないようであります。
これからもジャンピングなど紅茶のいれ方の動画はアップし続けますが、今回は国産紅茶における僕の大先輩で、日本における国産紅茶販売の第一人者国産紅茶専門店紅葉の岡本さんによる国産紅茶でのジャンピングの動画を紹介したいと思います。


改めて説明しますと、ジャンピングとは、茶葉についた気泡や温度や水分などが、茶葉を上下に対流事で起こる現象です。

くれはジャンプ20140719-2
ジャンピングの実演始まります。

くれはジャンプ20140719-3
ティーポットに茶葉を適量入れて、沸かしたてのお湯を勢い良く注ぎます。

くれはジャンプ20140719-4
ポット内の茶葉は高速に回転し、『シュワワワ~』っと音を立ててポット上部に浮かび上がっていきます。

くれはジャンプ20140719-5
大きい気泡をつけたまま、茶葉は表面に浮かびます。
この気泡は、殆どの人は『水が持っていた空気もしくは酸素』といいますが、茶葉に一気にお湯を注がれた際に、茶葉から離れることが出来ずに行き場を失った空気も含まれます。
大まかには『お湯が巻き込んだ空気』と思っていてください。

くれはジャンプ20140719-6
長時間立つと、気泡が細かくなり、茶葉に水分が浸透することにより、茶葉がポットの底に落ちてきます。その際、上下の温度差や上下の紅茶の濃度の差、そして茶葉の中と外の水分差により、再び茶葉は浮かび上がり沈みを繰り返します。
この状態の現象を『ジャンピング』と言います。

くれはジャンプ20140719-7
さらに長時間(動画では20分)経つと、茶葉は水分を充分に吸収して、紅茶の成分をお湯に溶け出させ、全部底に沈みます。
ここまで来ると、紅茶は充分美味しくいただけます。
人によっては、抽出時間よりも、この紅茶の状態を重要視する人もいます。
そこは好みですがね。

くれはジャンプ20140719-8
以上、佐賀の国産紅茶専門店紅葉の店主岡本さんによるジャンピング講座でした。

-お茶動画, 国産紅茶

執筆者:

関連記事

台湾九份ジブリの舞台で中国茶1

台湾の九份で中国茶をいただく

ジブリの作品の舞台で中国茶、という動画らしく、外装は写ってませんが、多分『千と千尋~』のモデルになった場所かと思います。 コメント欄に『日本人観光客が~』とあるように、やはり注目の場所であることは間違 …

和紅茶セミナー萎凋-1

九州熊本での和紅茶セミナー

佐賀の国産紅茶専門店紅葉の岡本さんが、熊本水俣で行った和紅茶セミナーの様子の動画です。 実はこれは5回目だそうなので、機会を見つけて1~4回までもアップしますのでお楽しみください。 和紅茶セミナー第五 …

ベニオガタの父

希少国産紅茶『ベニオガタ』の父

鹿児島で長年お茶を作って、さらに自身の品種『ベニオガタ』を作り紅茶に打ち込む緒方茶工房さんの動画です。 ベニオガタは、深い味わいの紅茶で、数多いファンを抱えています。 関連

香りの楽しみ方20140722-1

香りを利く中国茶の楽しみ方

中国茶、特に台湾茶を飲む際に『この細長い茶杯はなんですか』ということがよくあります。 これは『聞香杯』という、香りをかぐための器です。 それをどう使うのか、どのように香りを残すのか見ていただければと思 …

香港の工芸茶1

華咲くお茶 工芸茶

工芸茶とは、球状に丸まった茶葉にお湯を注ぐと、まるでいきもののようにグラスの中から水泡をだして、時には石があるような動きを見せながらみるみるうちに美しい花を開花させる 工芸茶の歴史は意外と浅く、198 …

アーカイブ