国産紅茶レビュー 埼玉県

【埼玉】平岡園:三富紅茶(缶入り・上級茶)

投稿日:2013年11月9日

【この紅茶について】

この紅茶は、国産紅茶レビュー前半のほうで扱った『三富紅茶』とは違い、
うちのネット仲介ショップでも扱っている商品と同じものになります。
販売される形は、袋ではなく缶で、通常の『三富紅茶』とは違う中身だそうです。

【茶葉】

国産紅茶20131109三富上級1

茶葉は裁断されていなく、おおぶりな茶葉がそのまま綺麗に撚られています。
加工には気を使ったのではないでしょうか。
そして、今年の紅茶の学習の成果がまさに出ているのではないかと思います。
気になる方は、『国産紅茶レビュー』の『三富紅茶』の過去記事を参照ください。

【水色】

国産紅茶20131109三富上級2

水色は明るめの橙です。
香りは香ばし目の穀物っぽいので、滋納系です。
味は渋みなどはなく、軽く酸味があります。
3分じゃ薄い感覚はありますね。
これも5分以上推奨と言えるのではないでしょうか。
ただ、サラリと飲めて何かと合わせるということに関しては、
3分の濃さはちょうどいいかと思います。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は、さっきよりも倍ほどですが、そんなに濃くなったわけではありません。
(他と比べたらまだ薄くて明るい方)
香りはさっきから若干強くなった感じです。
といっても穀物っぽさに拍車がかかったわけではなく、
濃くなったので全体に強くなったという感じです。
味は、酸味は抑えるほどに、香ばしさと甘さが出てきます。
『滋納』タイプの特徴的な組み合わせと言えるのではないでしょうか。
濃くなっても、食べ物との相性の良い紅茶です。

【茶殻】

国産紅茶20131109三富上級3

実は茶葉を入れている時に、繊維は気づきましたが、茎は気づきませんでいた。
真ん中にでかでかと茎が!!
正直開けてびっくりでした。
でも、これだけ茎や繊維が入っているのに、こんだけ穏やかな紅茶に仕上がって、
飲んでしばらく経つと、ふんわかと香りが鼻のあたりに漂う紅茶を仕上げてくるので、
さらにびっくりデス。
来年は更に良くなってんだろうな・・・
(秋に、香りを高めるための萎凋実験してから)
なんて、思います。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 埼玉県

執筆者:

関連記事

【静岡県】益井園:みおぷれみあむ2017-2

【静岡県】益井園: みおぷれみあむ2017

【 みおぷれみあむ2017 :この紅茶について】 みおぷれみあむ2017 は、静岡県の益井園さんの紅茶です。 茶品種の香駿の中でもよりすぐったものをこの名前をつけています。 なので、香りの広がり方が尋 …

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016-2

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買ってきました。 自然農法で作ってる人が多いのでしょうか。 紅茶でよく「自然農法」とか「無農薬」とか見かけます。 農家の人の思いがそうさせ続けてい …

【静岡県】益井園:かほりふぁあすと2017-2

【静岡県】益井園: かほりふぁあすと2017

【 かほりふぁあすと2017 :この紅茶について】 かほりふぁあすと2017 は、益井園さんの紅茶です。 香駿という品種のファーストフラッシュです。 もう2017年も終わりというのに、遅れてしまい申し …

【奈良県】や~まんと茶園:紅の茶2017-2

【奈良県】や~まんと茶園: 紅の茶2017

【 紅の茶2017 :この紅茶について】 紅の茶2017 は、吉田山大茶会で購入した紅茶です。 奈良の茶農家さんで、紅茶よりも他のお茶を推していたような気がします。 来年も吉田山大茶会に来てくださるの …

【静岡県】益井園:かほりせかんど2016-2

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016

【 かほりせかんど2016 :この紅茶について】 かほりせかんど2016 は、益井園のかほりせかんどの2016年分です。 購入が6月でしたので、必然的に2016年です。 このブログでは多く登場している …

アーカイブ