お茶

今日は、小雨が降って、助かってます。

投稿日:2013年10月23日

ホントに暑いです。
多分昨日まで、街中は37~8度あったんじゃなかったんでしょうか・・・

そんななか、
ついに、
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
エベレスト・チャイがなくなりました。

買った当初は、

「まあ、しばらく、ヘビーローテーションにならんだろうから、なくならねえだろうww」

と、言っていた、あの、「エベレスト・チャイ」です。

「アイスでミルクを入れると、砂糖を入れなくてもさわやかに・・・」
もう、某天然ミネラル麦茶よりも、さわやかかも・・・・

すばらしき、香草効果・・・

フランス人、恐るべし・・・
(Janatはフランスのメーカー)

そういうわけで、KALDIに「おかわり」を買いに行ったんですが、そこのレジで、
コーヒーと、オリジナル紅茶はスタンプを押します』
という、メモが!”オリジナル紅茶”とな!!?

というわけで
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
買ってきました。
40g:420円
レピシエ(ルピシア)のセイロンのCTCと同じくらいの値段。
(50g:500円(税別))

もちろん、
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
日本語で書いてあるほうも。

買ったのは、『セイロン』『チャイ』

チャイ
の方は”香料”が入ってます。

”香料”だと?  
  _, ._        
( ゚ Д゚) ?

まあ、いいや、
いつものやり方で
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机  日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
淹れてみました。
(右:セイロン   左;チャイ)
カップに注ぐと
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
こんな感じ。
ここで、驚くべきことが。

チャイ
の香りが、
カレーなんです。
紅茶なのに、
カレー
もう、なんと言うかwwww
カレーなんです。
カレーを語ら(略)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
※カレー談義が続いておりますので、割愛させていただきます。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
ともかく、これだけでも、チャイと思えない。
色目は
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
セイロンの方が濃く出てます。
淹れてる段階でその違いははっきりしてましたね。

飲む段階の、砂糖と牛乳を入れると、
日本国産紅茶専門サイト:京都紅茶道部支配人の机
実際、チャイの方がすこ~し白みがかってます。
これはこれで面白いです。

しかも、カレーのにおいですからね、
なにしろ、カレーときたも(略)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
※お見苦しい点がありますことを、お詫び申し上げます。
カレー談義が入ってしまいましたので、割愛させていただきます。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

で、セイロンの方なんですが、普通のセイロンかと思いきや、こっちも変り種です。
「たまごボーロ」のにおいがします。
たまごボーロです。
クッキーなどのお菓子のあてには、邪魔にならないかもしれませんね。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

お茶と温度の相関関係

お茶は温度と密接に関わっています 毎度のことなんですが、 『お茶には温度が大切です』 と、記載させていただいてもらてます。 数回にわたって。 ただ、 『紅茶は100度だよね~』、 『緑茶ってわかんない …

no image

あれ?お茶の世界組織ってなかったんけ?

6月の吉田山大茶会で知りました台湾のお茶をご紹介されているshizuさんのブログで、『ITFA』という団体の紹介がされてました。 ITFAというのは、International Tea Farm Al …

no image

※東京近郊の人向けです。

ツイッターで、日ごろフォローさせていただいている 『NoriJr あんどうたかしさん』が、 東京の杉並区で、紅茶大会という名の、 交流会を開かれるそうです。 リンク先→2011年5月開催のご …

no image

そもそも、このアニメを知らない。見たことがない。

でも、ガイナックスは知ってる。 俺の中で一番ベストだと思うのは、オネアミスの翼だ。 (一回も見たことないが) ニュータイプに載っていた、レーザーディスクのパッケージを見るたびに どれだけ欲しいと思った …

no image

やっと、ストリーミングのエラーが解消されたので、e-ラーニングで宇治茶の勉強できます。

でその、e-ラーニングはここで。 京都e-ラーニング塾 お茶しか受講しませんけどね。 その中でも、静岡でも、実は気になってるお茶があります。 それは、日本最古の喫茶法、団茶(餅茶)です。 どんなものか …

アーカイブ