お茶 紅茶

紅茶セミナー

投稿日:2013年10月23日

行ってきました。

今日の講師でした、紅茶工房レジーナのオーナー中村さんは、
日本最初のティーハウスMUSICAのオーナーさんのお弟子さんだったんですね。

知らなかった・・・

ちょこっと、話したんですが、そのとき、うその話してしまいました・・・

僕は「このムジカのオーナーさんの本持ってます」とか言ってたんですが、
本当は東京のティーハウスタカノのオーナーさんの高野さんの本でした。

今度お会いできたら、訂正して謝ろう・・・

今回の講座の内容をこまごま書くと、せっかく時間を割いて(2時間)話してくださった中村さんに悪いので、僕が得た結論からいいます。

やっぱり、紅茶は鍋ですよねww

紅茶が一番抽出できる温度100度
を一定時間維持できるのは、火をかけ続けることだけだすよww

でも、実にかっこ悪いんですよ。見た目が。実に。

中村さんとも話してたんですが、”紅茶=欧州=カッコイイ・優雅”というイメージが一般的にはあるので、やっぱり、高いティーポット買ったり、高い紅茶の葉を買ったりするんです。日本人は。

みんな、『エゲレス(イギリス)貴族のような部屋で、執事か給仕長が馬鹿みたいに腕を伸ばしてティーカップに注ぐなんて、「実にありえない構図」』、を想像してます。

でも、手鍋で作るときは、『パンツ・シャツのおっさんがコンロの前で、若干首を曲げながら鍋と1分30秒(僕の葉はこの時間)にらめっこしてる』、構図なんですよ。

なんと、品がない。(と思いませんか?)

でも、もともと、ミルクティーとかなんかは、「モンゴル人やチベット人など、内陸ユーラシアの遊牧民の間では、交易によって中国などから入手した茶にウシやヒツジの乳、あるいはバターを入れ、大量に飲む食習慣が古くからあるが、ヨーロッパ人の間でこの習慣が始まったのは比較的新しく、近世以降のことといわれている。」

(ウィキペディアより)

とあるように、平たくは肉体労働者の飲み物です。

何を格好つけとるんかとww

ま、そういう格好つけるための紅茶ファンのための産業があるのは確かで、紅茶の味が注ぐ器で変わるという人も出てきてるのが現状です。

『手鍋+湯のみ』でミルクティーをがぶがぶ飲む僕には、まあ、考えられない思考回路ですが、こういう人を相手にするのも、”恥的”好奇心を刺激するには、面白いかと。

そんなわけで、今日は紅茶6杯(大3+小3)とスコーン3つ(プレーン・チョコ・抹茶)をいただいてきました。

「ロイヤルミルクティー」についての裏話も聞いたんですが、今は控えさせていただきます。
(話のネタになるんで)

もし、たくさんのリクエストがあったら、書きます。

さて、中村さんのとこで紅茶の葉買おうかな・・・(サイト閲覧中)

-お茶, 紅茶

執筆者:

関連記事

no image

行って来ます。

ルピシアのダージリンフェス行って来ます。 多分東京のと同じレイアウトだと思うんですが、 まあ、基本『試飲だけしまくって』帰ってきます。 多分、中の様子を写真で撮れると思います。 (カメラを忘れなければ …

no image

『現代に繋がる』お茶のふるさと②

昨日最後の写真のような杉林の先には、 金堂があります。 森の中にスクっと立ち上がる金堂は、もはやここが京都かどうか疑いたくなるような雰囲気を醸しだしてます。 この金堂の前には、45度を超える急な石階段 …

no image

まだいけるのかな??

『猫の紅茶』でおなじみの『Janat』さんのティーパーティが 9月28日に行われます。 前に、会員限定で送られてたメールで、定員30人なんですが、 まだ空きがあるそうです。 東京エリアで、ここ ロイヤ …

no image

今年の2茶(シリーズ化はしません)

今年の『2番茶』は伊勢茶でした。アプリケーションの勉強中に今飲んでるお茶をアップしただけで、特に深い意味はありません。一部の方は御存知の通り、これは『夫婦岩の近所の物産館で詰め放題だった』伊勢茶です。 …

no image

探し物をしてたら、別のものが見つかった。

本当は、小さいドライバー探してたんですけどね。 引き出し探したら、こういう缶みつかりました。 緑寿庵清水の金平糖 いつぞやか、京大あたりに行ってた時に、ふらっと立ち寄って、買ってきた 金平糖の有名店で …

アーカイブ