京都府 国産紅茶レビュー

【京都】皐盧庵茶舗:Japan Black Tea Kyoto

投稿日:2013年9月27日

【この紅茶について】

この紅茶は、Twitterのフォロワーの方が教えてくれた紅茶で、
品種は、『やえほ』という、珍しい品種です。
元々は、これで玉緑茶とか紅茶などを作って輸出してたらしいのですが、
今となってはめっきり見なくなりました。
今回は2gちょいしかありませんでしたので、テイスティングカップで淹れます。

【茶葉】

国産紅茶20130927皐盧庵茶舗1

茶葉は、最後の少しだったせいか、粉っぽいのば目立ちますが、
元々は、しっかりした形のものがゴロゴロしてます。
茎や繊維も少なく、しっかりと区分けされています。
今年も作られて売られたそうなので、興味のある方は
大徳寺敷地内にある皐盧庵茶舗まで行ってみてください。
運がよければ、まだ残ってます。

【水色】

国産紅茶20130927皐盧庵茶舗2

水色は薄いオレンジです。
香りは若い花のような香りで、清々しいです。
味は、ほんのり渋く、先ほどの香りが花から抜けていい感じです。
台湾紅茶の2煎目みたいな感じです。
ライトで爽やかな感じです。
3分だからなのか、元々そういう紅茶なのかわかりませんが、
思った以上にいい印象の紅茶です。
温度低めで淹れたわけじゃないですが、温度が落ちると
煎茶のような甘さが軽く顔を出します。
実に面白いです。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

色目が倍以上濃くなりました。
香りは鼻を近づけなくてもわかるくらい華やかに香ってます。
味は、グッと渋めが出てきました、同時に紅茶らしい香ばしさも出てきました。
最初にこれを飲んだ時、特にこれっといった印象はなかったのですが、
今から飲み直してみると、なかなか良い紅茶っぷりでした。
こんなことなら。もっと丁寧に飲むべきだたかななんて思ってます。

【茶殻】

国産紅茶20130927皐盧庵茶舗3

茶殻は綺麗に展開してます。
もっと茶葉があれば面白かっただろうななんて思います。
こう言う、あとで飲んでみると面白い紅茶って出てきます。
今やってる記事を書くための飲み直しは面白いですね。

明日も、更新します。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016-2

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 実のところ、毎年金沢に行くので、もっと早く購入する事もできたのですが、諸事情で地紅茶サミットまでのびてしまいました。 この紅茶は、 …

no image

大分:杵築紅茶:べにふうき

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園 このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、 …

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶べにふうき2016-1st-2

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶べにふうき2016-1st

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 前にもこの農家さんの紅茶は紹介していますが、これはそのべにふうきです。 太田重喜製茶工場さんのべにふうきは、今まで飲んだ事がないか …

【奈良県】TEA FARM MITOCHA:-緋-いろは2017-2

【奈良県】TEA FARM MITOCHA: 緋いろは2017

【 緋いろは2017 :この紅茶について】 緋いろは2017 は吉田山大茶会で購入しました。 初めて買った紅茶なので、どのような中身なのか楽しみです。 奈良県は、だんだん紅茶を作っている人が表に出てく …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶そうふう

【この紅茶について】 この紅茶は、先日の茶源郷まつりに委託で出した茶葉で、和束の喜寿園さんが作られている紅茶です。品種は『そうふう』で、手に入れるには、喜寿園さん直接かいつもお馴染み十三茶淹さんでお買 …

アーカイブ