べにふうき

突然のアクセス増加

投稿日:2013年7月9日

普通のスタイルで書きます。

日曜のアクセスを見て驚いてました。
更新した記憶がないのに、アクセスが倍増していました。
それも1日だけで昨日は通常通りの数に。

なにが原因だろうかと思ったら、原因は、NHKの朝の番組でした。
そこにて、島根の『紅茶の会』の会長さんの藤原一輝さんをアドバイザーに迎えた
『鹿児島枕崎のべにふうき紅茶』の特集が組まれていました。

前に鹿児島旅行に行っていた際に、見ていたのですが、買わずじまいだった『姫ふうき』
別に後悔もしてませんが、番組見ていたらなんかよさげな茶葉でしたので、次は買おうと思います。
合わせて、薩摩英国館が紹介されて、なんか枕崎特集。

これにより、べにふうきのキーワード検索が増えたのですが、
ただ、『鹿児島 べにふうき』の類が多く、べにふうきは全国にあるのにな・・・
って思いがしました。

僕が、国産紅茶全般の立場から見ているからいうのですが、番組だけしか知らない人たちからしたら、鹿児島のものって考えてもしかたないかな・・・

一度、地元の国産紅茶を見てください。北は新潟から南は沖縄まで、大体の所にべにふうきはありますから。
もしなかったら、コメントでもいいので問い合わせてください。
どこにあるか、記事にしてお伝えします。

-べにふうき

執筆者:


  1. 通行人A (笑) たぶん誰だかバレてる予感。 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    姫ふうきなら買ったことがあります。
    ひとくち飲んでわかったのですが、
    これはモンスーン期のダージリンをモデルに
    作られた和紅茶のようです。
    モンスーン期のダージリンとは
    百貨店とかで売っているダージリン缶です。
    お味は、、、言わずもがなですね。
    ちなみにこの茶葉は
    先日、ミキサーで粉砕して、
    和紅茶シロップにして牛乳を入れて
    和紅茶ラテにしました。
    和紅茶ラテ美味いよ。
    カルピスみたいに、
    和紅茶の原液シロップを売るのも
    いいかもね。
    それではまた。

関連記事

no image

国産紅茶復興ののろしは、ここから上がった・・・

前にも記事にしてたことがあります。 かつて、明治以降、日本では外国に人間を派遣して紅茶の生産能力・品質水準を上げていったこと。 そして、昭和46年に紅茶が自由化されて、ほぼ完全にその能力を失ってしまっ …

no image

これが、べにふうきのベストな金額です。

いつもブロクを拝見させていただいております、森内茶農園さんのブログで、べにふうき緑茶の売り出しが始まったと記事が出てました。 べにふうき釜いり茶 袋詰めしました 釜炒りで、香ばしい仕上がりなんですが、 …

no image

ちゃんと、伝わったかな・・・

予告どおり、嫁のお母さん(お義母さん)に、 べにふうきの『花粉症に効く淹れ方』をレクチャーしてきました。 もちろん、手ぶらで行ったわけじゃなくて、 ”べにふうき”・”生姜”・”オリゴ糖”と、3点セット …

no image

存在意義を考える

ご存知の方が多いと思いますが、 僕は『べにふうきの拡散人』です。 (※自営業:国産紅茶情報屋) 特に研究家というわけでも、農家というわけでもないです。 立場上、『売る人』ということです。 (全く、商売 …

no image

花粉症患者数とべにふうきの絶対数

先日、べにふうきの現状を書かせていただきましたが、 この認知度が低いべにふうきが、今、どれだけの人に届けられるのかを考えてみました。 この前も話しましたとおり、 ・作付け面積:100ha ・予想収穫量 …

アーカイブ