お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

『湯煎で紅茶を淹れる』をまじめに考えてみた。

投稿日:2013年5月29日

□そもそも、陶器だったのが間違い

陶器は『冷めにくいので陶器のポットで紅茶を淹れましょう』というくらい、保温性がある。
陶器は中に空気を含んでいるので、なおさらのことだろう。
少なくとも、100度のお湯と中のお湯との間の熱交換をスムーズにできる素材がいいと言う事になる。
いくつか思いつくだけポットの素材を並べてみた。

□熱伝導率の良い素材を考える

ポットに使われえている素材を並べてみた。
・陶器
・磁器
・鉄
・ガラス
・琺瑯
・ステンレス
・銅
・アルミ
・銀
・チタン
・砲金
・洋白(洋銀)
その中で熱伝導率の良い物を出してみると
・銀
・銅
・アルミ
・砲金
・洋白
以上となったわけです。

□あるかどうか知らないけど探してみよう

銀、銅、アルミあたりのポットが見つかればいいかな・・・
銀がいちばんなんだけど、さすがにあったとしても高い・・・
銅、アルミあたりが一番現実的。
400cc~500cc位の蓋付小鍋か細身のポットがあれば、問題なし。
さて、いつ検証できるかな・・・
もう一度チャレンジしてみたいです。

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

KALDIで・・・

龍井茶! もちろん、安いのです。 関連

no image

いろんな人のブログを見てますが、『インフルエンザになりました』記事が増えてきました。

お茶が体に良い影響を与える 万年病気持ちの僕ですが、 今年は、いまだインフルエンザをひいてません。 というか、冬なのに風邪さえひいてません。 『バカは風邪ひかない』 と言いますが、僕自身、もしかしてバ …

no image

今度は茶葉の量がわかる(らしい)紅茶飲料

嫁様がこれに興味を持ったようです. 午後の紅茶Pungency 1本1000円で2本セットで2100円という、 普通に考えれば、『異常に高い紅茶飲料』ですが、 中身がすごい上に、監修が磯淵さんというち …

no image

今年は保冷ポットを持って観光に行こう。

ちょっと前のブログなんですが、 藤沢市の『茶未来』さんのブログで 『水出し冷茶の給茶しちゃいます!』という記事を拝見。 『へ~、そんなこともするんだ』 と感心してたら、ふと、 『京都ではどうなんだろ』 …

no image

作っても飲むのは一人

去年じゃなくて、今年マルイがオープンしたときに期間限定で出店してた カレルチャペック紅茶のお店で買ったダージリンが今日なくなりました。 ホットで飲めません。 (暑いから) 結局は アイスにしました。 …

アーカイブ