お茶

静岡県立大が「茶学総合講座」 国内大学初

投稿日:2013年5月21日

県立大は、茶に関する総合的な研究所として国内大学初の「茶学総合講座」を、研究組織の食品栄養環境科学研究院に開設した。

▽国内初の茶専門講座

お茶の研究所はたくさんありますが、一つの大学で総合的に見るというのは初めての試みだそうです。
他の大学でもそうなのですが、『ある学部のある教授がこういう研究をしている。』というのはたくさんあります。
それを、総合的に見ていこうというのが、今回の試みだそうです。

研究の柱は以下の4点です。

  • 緑茶の機能性および疫学に関する研究
  • 茶学教育と人材育成
  • 茶葉および茶飲料の嗜好(しこう)特性の解析
  • 茶の高付加価値化とマーケティング―

今までお茶は『嗜好品だからうまければ売れるだろう』という空気はありました。
ですが、それがどこに起因しているか、そしてどういう風にしていくかという、『マーケットの変化への対応』が研究とみなされ、実際の活動にも反映されていければ、もっと、お茶が飲み手に近くより添えれるようになるのではと、僕は期待したいです。

-お茶

執筆者:

関連記事

ティーポット

僕が紅茶好きだと言ったら友達は笑い出しました。でも目の前で淹れ出したら・・・

紅茶を安定して淹れられるようになったきっかけ 昔話になるのですが、僕自身はお茶は物心ついた時から好きだったのですが、明確にお茶好きを公言したのは21歳の春先でした。 一番のきっかけは、19の時にティー …

no image

リベンジ!!

って、この言葉、いつから流行ってんだろ・・・ (調べてみたら、使われだしたのは1994年9月に開催されたK-1で、一般化したのは、1999年の松坂投手からだそうです) この前、嫁に 「その存在意義さえ …

no image

年末の話ですが。(しかもテレ東系列限定)

12/31のお昼に、テレビ東京系列で、 揺るぎなき先人 茶聖 千利休 という、番組が放送されます。 (無論、録画予約してます) 茶道楽(飲むほう専門)としては、どうしても、避けられない人物です。 戦国 …

no image

お茶帝国の 衰亡

日本のお茶の市場において、まっさきに外せれないのは、静岡です。生産量・消費量たるや、まさしく『帝国』名にふさわしい規模です。 それを追いかけるのが、鹿児島県と三重県。 実は、昨日の『日本のお茶開発の神 …

no image

猫のお試しはいかがですか?

とは言っても、生きた猫を『ほいっ』って渡すわけではありません。 ここの猫→JANATさん のことです。 (もし、他の会社でも猫が使ってるのがわかったら、J猫と呼びます) メールで、届いたのが、 『サン …

アーカイブ