お茶

お茶の保存の違い

投稿日:2013年5月4日

『この頃緑茶の消費に必死です』

みこどんです。
この始まり方は、何年も前のダイエットか保険のブログだった時代にやったんですが、
全部消しました。
だって、もう、お茶のブログですからね。

□保存の違い

お茶と一言で言いますが、保存の基準が違います。

緑茶

  • 温度
  • 湿度
  • 酸素

紅茶

  • 温度
  • 湿度

平たく言うと
『緑茶は生もの』
『紅茶は保存食』
です。

紅茶はフレッシュな方が美味しいという人もいますが、基本的には
緑茶は開けたら酸化が進み劣化し、紅茶は湿気さえ気をつければ熟成という考え方もあります。
それだけ違うお茶なのだと思ってください。

□急いで緑茶を飲む理由

前に、『茶葉と畳は新しい方がいい』にて書いたこともありますが、
開けたら最後、さっさと飲むべきということで、逆を返せば
『開けなければ延々と放置できる』という極論に至ります。
そうすると、堆く積み上げられる緑茶の袋・・・
気がつけば、普段飲むのは紅茶ばかりで全部で2kgほど緑茶があると判明しました。
(国産紅茶は仕事なので無視です)
開けてないので、ひどくは劣化してませんが、放置するのも・・・
実際、『いつぞやかの新茶で商品としては保証されているもの』も多々ありまして、
消費しないと行けない状態にあります。

ということで、先月から緑茶の消費に移行しました。
紅茶は開けても湿気さえなんとかなれば別に劣化することなし。

そう言う意味でも紅茶さまさま。
ただ、改めて緑茶の凄さを感じる今日この頃でもあります。

『この緑茶が、ときによっては紅茶になっている』

そういう実感が出来るのが、もしかしたら、国産紅茶の楽しみ方なのかもしれません。
国産紅茶だけでなく、そこの茶園の緑茶も飲んでみるのもいいかもしれません。

※追伸
緑茶を作ってる農家で、いわゆる『お茶の専門家』からの指摘で、
『緑茶にも熟成という考え方があります。JA静岡市が行っている、熟成本山茶という商品開発がそれです。新茶を低温の井川大日峠の蔵に保管し、秋になって熟成したその年の新茶を楽しむという。徳川家康の時代から続く秋出し茶です。』
ということでしたので、専門家ベースでの管理では緑茶熟成はあるようです。
機会がありましたら、お買い求めになってみてもいいかもしれませんね。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

いまさら、なんであんなものを淹れたのか考えてしまう。

事の発端は、数日前の嫁様 『今日行ってきたお店で、『塩ミルクティー』飲んできたよ』   _, ._ ( ゚ Д゚) 『塩ミルクティーとは何ぞな?』 (後日、『塩ミルクティー』ではなく、『塩”キャラメル …

no image

何回も試しているが、イマイチうまくいかない。(アイス烏龍茶)

『金沢で飲んだアイスの凍頂烏龍茶』 うちでも、可能なかぎり再現しようとしてますが、いまいちうまくいかない。 ①濃い目に入れて薄める ②ダブルドリップ(2回に分けて香りと味を別々に取り出す)してから冷却 …

no image

いまだに、悩んでる。

といっても、嫁様のことじゃないです。 (悩んでないといったら嘘になりますが) 今回の悩みの種はこれです。 『え~、ただの烏龍茶じゃん』 って言うかもしれません。 過去に、『日本茶は世界一難しいお茶』と …

宇宙一アイスティー6

宇宙一簡単なアイスティーの作り方:補足

宇宙一簡単なアイスティーの作り方のおさらい まずは、作り方を箇条書きでおさらいをします。 ・飲みたい量の半分の水を用意します。 ↓ ・水にティーバッグを入れます。(水200mlあたりティーバッグ2つぐ …

no image

今日初めて『緑茶に砂糖を入れる欧米人の気持ち』がわかった。

前から書いてますように、 べにふうきに『抗アレルギー効果』を期待するなら、決まった淹れ方があります。 おさらいです。 ①お湯を沸騰させる②茶葉を入れて、煮立たせる(500mlに対し、3gがオススメ)③ …

アーカイブ