お茶

お茶の保存の違い

投稿日:2013年5月4日

『この頃緑茶の消費に必死です』

みこどんです。
この始まり方は、何年も前のダイエットか保険のブログだった時代にやったんですが、
全部消しました。
だって、もう、お茶のブログですからね。

□保存の違い

お茶と一言で言いますが、保存の基準が違います。

緑茶

  • 温度
  • 湿度
  • 酸素

紅茶

  • 温度
  • 湿度

平たく言うと
『緑茶は生もの』
『紅茶は保存食』
です。

紅茶はフレッシュな方が美味しいという人もいますが、基本的には
緑茶は開けたら酸化が進み劣化し、紅茶は湿気さえ気をつければ熟成という考え方もあります。
それだけ違うお茶なのだと思ってください。

□急いで緑茶を飲む理由

前に、『茶葉と畳は新しい方がいい』にて書いたこともありますが、
開けたら最後、さっさと飲むべきということで、逆を返せば
『開けなければ延々と放置できる』という極論に至ります。
そうすると、堆く積み上げられる緑茶の袋・・・
気がつけば、普段飲むのは紅茶ばかりで全部で2kgほど緑茶があると判明しました。
(国産紅茶は仕事なので無視です)
開けてないので、ひどくは劣化してませんが、放置するのも・・・
実際、『いつぞやかの新茶で商品としては保証されているもの』も多々ありまして、
消費しないと行けない状態にあります。

ということで、先月から緑茶の消費に移行しました。
紅茶は開けても湿気さえなんとかなれば別に劣化することなし。

そう言う意味でも紅茶さまさま。
ただ、改めて緑茶の凄さを感じる今日この頃でもあります。

『この緑茶が、ときによっては紅茶になっている』

そういう実感が出来るのが、もしかしたら、国産紅茶の楽しみ方なのかもしれません。
国産紅茶だけでなく、そこの茶園の緑茶も飲んでみるのもいいかもしれません。

※追伸
緑茶を作ってる農家で、いわゆる『お茶の専門家』からの指摘で、
『緑茶にも熟成という考え方があります。JA静岡市が行っている、熟成本山茶という商品開発がそれです。新茶を低温の井川大日峠の蔵に保管し、秋になって熟成したその年の新茶を楽しむという。徳川家康の時代から続く秋出し茶です。』
ということでしたので、専門家ベースでの管理では緑茶熟成はあるようです。
機会がありましたら、お買い求めになってみてもいいかもしれませんね。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

特定の人にネタを振る!

すし屋行ってきたんですね、すし屋! モチロン、回ってます! 寿司のことだったら、わざわざ書きません。 なにせ・・・ 京都で座って食う寿司が、 金沢では回ってますから! (正確には、目の前で何かが回って …

no image

誰もやったことない紅茶の淹れ方

□事の初めはツイッター お昼の話で、用事で外に出ながらツイッターをしていたら、フォロワーさんが紅茶の温度のツイートをしていたので、いつもどおり絡んでました。 (そういうのが大丈夫なキャラなので) その …

no image

今年のラス茶

今年最後にお茶を淹れました。去年は、加賀棒茶でしたので、今年は京番茶 ではなくて、 ケーキに合わせる(正確にはシュークリーム)ので、ルピシアの寿です。 来年はみなさまにいいことが沢山訪れますように。俺 …

no image

粉末緑茶とフレーバーティーとグリニッシュ

回転すし屋とかに今、『粉末緑茶』をおいてる会社が増えています。 ティーパックと違って、ごみも出ないですし、一容器内に対する淹れられるお茶の杯数が格段に違うということも理由に挙げられるでしょう。 今日( …

no image

ツイッターのネタふりより

紅茶茶漬けではありません! (海草紅茶でもありません) バウム(バームクーヘン)の話が出てましたので、 それを。 あれ?紅茶じゃないぞ・・・・ まあ、添えということで。 ネタ的には、『トーストバウムを …

アーカイブ