お茶のお店

2月の茶館銀芽のお茶:天満・茶藝館かぎろひ

投稿日:2013年4月8日

毎期楽しみにしていたのですが、
去年はご都合が合わなかったらしく1年間ほど開催されていなかった
『1つの季節に1回開く茶会:茶館銀芽』
ですが、今年2月に1年ぶりに開催されそのお茶が大阪に到着してました。
3月には来ていたのですが、諸事情で今月にずれ込み、
関係の方々には大変ご迷惑をおかけしまして・・・
(結果、僕の分がお店に置きっぱになるという・・・)

□茶藝館かぎろひさんにて

かぎろひさん

このブログにも何回も書き込みをしているのですが、
念のため、地図を貼ります。

大きな地図で見る

マップでは、お寺になってますが、そのお寺のとなりです。
開店中かお問い合わせの上、ご来店ください。

□信陽毛尖をグラスで

信陽毛尖は、中国の緑茶です。
中国のお茶の8割は緑茶ですので、平たくは中国茶です。
それを急須に入れて飲まずに

信陽毛尖

グラスに入れて、少し温度を落とした(最初は80度前後)お湯で淹れます。
これを初めて見たときは「格好良い飲み方だな」と思いました。
飲みきらずにお湯を追加しながら延々と飲む。
見た目がかっこいい。

香りも味も、時間を追うごとにほのかに出てきて、
美味しい緑茶でした。

□宋種単叢を茶壷(チャフー)で

平たく言うと”宋種”と言われる種類の茶の木から取れる烏龍茶です。
大きくは「鳳凰烏龍宋種単叢」と言われているそうです。

宋種単叢

それを中国茶器の茶壷(チャフー)で頂いてます。
こういうお茶は「3煎目で本気を出す」と言われていますので、
延々と飲みます。(正直何煎淹れているか忘れてます)
1煎目は香ばしい香りで2煎目それに軽く甘めがのり、3煎目で栗のようなホクホクした樹の実のような香りになります。
この変化が楽しくて、自分でも茶器セットを買って飲むこともあります。

□国産紅茶での可能性

今日、改めて思ったのは、さっきの宋種単叢の1煎目の香りが
緑茶品種での紅茶の香りに似ているということなのです。
これは、宋種だけじゃなくて、他の鳳凰単叢でもありましたし、いわゆる「岩茶」と言われる烏龍茶にも似た傾向はありました。
ただ、イマイチ確証が持てなかったのではっきりと言えなかったのですが、
去年の「国産紅茶を片っ端から飲んでみる」事をしてみて確認しえました。

「緑茶品種の国産紅茶は難しい」

と思う点で、

「緑茶品種は完全発酵じゃなくて中途発酵で活路が見いだせる」

という思いになれました。
正直、この半発酵茶というのはものすごく難しいそうですが、
紅茶としてどうか悩むお茶を作るよりも、こういう方法も模索して
飲み手に受け入れられやすいお茶を作ることも必要かと思います。

まだ第2期国産紅茶黎明期(勝手に命名)なので、
こういうチャレンジをしていくことは重要になると思います。

尚、「半発酵+釜炒り」で作られるところがありましたら、
一度飲んでみたいと思ってます。

□最後に

今回のお茶と関係ないのですが
4月7日まで大阪今昔館というところで、「茶室のペーパークラフトの展示会」がやってました。
写真を撮ることはできませんでしたが、戦国時代にああいうペーパークラフトで模型を作ってから建築するということがあったということを知り、ワクワクしてました。
また機会があれば、ご覧になられるのもいいと思います。

なお、その今昔館の町家ブースで、

大阪今昔館でお茶会

お茶会があるそうなので、ご興味のある方は、
行って見られてはいかがでしょうか。

-お茶のお店

執筆者:

関連記事

no image

京都一の老舗紅茶店『せいほう』さん

現地に行っても店舗は無く、 電話してみたら、もう閉められたとの事。 かぎろひさんには報告しました。 ご高齢との事でしたが、ホントに残念です。

no image

ルピシア(LUPICIA)がレピシエ(LEPICIER)だった頃から

グルッぽで、レピ・・・・じゃなくて、ルピシアのグルッぽに入れたので、ふと思い出しながら記事にします。 ※写真はありません。 当時の福袋は、普通に店頭に並んでて、売り切れなんてありませんでした。レピシエ …

no image

暑い都から、蒸し暑い田舎へ

帰ってました。 金沢城です!! 本当に屋根が白いんです! 嫁様に京都を追い出された僕は、 16日まで金沢に帰ってました。 (本当は、嫁は仕事でついてこれなかっただけ) ひとりだったので、基本フットワー …

no image

4月10日に滋賀高島で「喫茶古良慕-collabo-」開店します。

先月、用事がありまして国産紅茶の全ストックを持って滋賀高島に行ってました。そこで、喫茶スペースを開かれるという方がいらっしゃったので、行ってまいりました。 そこで、国産紅茶をうなるほど飲んでいただいて …

no image

茶館銀芽大阪支店

※と、本人がおっしゃってたので、そのまま使います。 お盆前に、茶館銀芽のオーナーさんからツイッターで 『今回の茶館銀芽で出したお茶を大阪で飲めるようにしました』 との連絡を受けて、行ってきました。 茶 …

アーカイブ