お茶

もう、来年の話をしてもいいでしょう。

投稿日:2012年12月13日

いろんなところでしている『来年』の話です。

もう一度詰めなおさないといけない事満載なのですが、
来年ようやく『みんなが気軽に買える国産紅茶のサイト』が立ち上がります。
1月を目標ですが、3月という可能性も否定できないという最低な状況です(;´Д`)

それに合わせて、この『ダイエットブログから気が付けばお茶ブログになってた』当ブログですが、来年に内容を削りまして、
本当にお茶だけのブログ
にします。
レイアウトも少し変えます。
内容は、管理人のブログ扱いです

今までにまして、グダグダっぷり全開になると思いますが、
生暖かい目でよろしくお願いいたします。

さて・・・
頑張って作らねえとな・・・・

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

茶葉と畳は新しいほうが良い。嫁は・・・

静岡以降、『日本茶をちゃんと淹れる技法』が身についたので、 わざわざ敬遠しなくてもよくなったためです。 守備範囲が広がったということで。 で、 うちには、たまたま、『数年物』の煎茶と、『今年取れた』煎 …

no image

静岡の「世界お茶まつり」の参加申し込み

下記のイベントに、申し込みました。 10/29 紅茶セミナー「世界へ羽ばたく国産紅茶」 10/30 シンポジウム「お茶を飲むとなぜ体に良いのか」 10/31 茶の文化講演会 「喫茶楽塾」 ただ、申し込 …

no image

魔法瓶法の記事を読み返してみて

結構、語弊があるな・・・予熱して90度以上にならんってそれはないな・・・確かめないとダメだけど少なくても95度近辺にはなるはず。でも、放熱が開始されてしまうから、1分ごとに温度は低下するはず。ちと、検 …

no image

いつも、お茶はどこで買ってますか?

お茶を買うまでの流れ ご存知の通り、お茶を買う人は、『消費者』です。 生産→消費者という、物の流れは『流通』といいます。 日本においての基本的な流通の形は 生産者→卸→小売→消費者 です。 ただ、必ず …

no image

比率の謎

現在、お茶の業界そのものが抱えてる問題として、 ・毎年、消費量が減って行っている ・とりわけ、若年層の消費者が少ない があげられます。 2009年に龍谷大学が調べたデータによりますと、 緑茶は、60歳 …

アーカイブ