お茶

お茶の通販の現状

投稿日:2012年7月22日

常々ツイッターで厳しいことを言ってるのですが、
すごく重要なことなので、ここでも記事にしておきたいと思います。

国産紅茶のデータベース(DB)を作るために集め始めて、
7月22日現在で、30茶園61商品集まりました。

今全国で約300ヶ所で国産紅茶が作られていると言われる中ですので、
現時点で全国の1割の国産紅茶を集めた計算になります。

その中で思ったのが、殆どのお茶やさんが『代引』か『到着後入金』で取引しているという点です。

通販をよく利用される方はご存知と思いますが、基本『お金は先』です。
入金確認後、商品が配送されてきます。

こうすることで、互いの信用と安全が確保されます。
ネット通販では消費者を守るために『特定商取引法』というものがあり、
ネット通販するサイトには、ちゃんとした情報をお客に開示する義務が生じています。

つまり、会社は常に『お客に安心してもらう方法を法令遵守で行なっている』事になります。
それに対して、お客は名前と住所と電話番号を書くだけで終わりです。

世の中には『転送』という方法で、これらを隠すこともできます。
つまり、最初の時点では、お店側が不利な状態と言えます。

その状態で、『お金は後でいいよ』というのは、まあ、相手が『まっとうな人間なら』出来る技で、そうでない人なら持ち逃げして終わりです。
これで商売といえるのでしょうか?
そのことから、ちゃんと商売をしましょうということでお店には『先入金・確認後配送』をお願いしたいです。
ネットをしているのですから、ネットからゆうちょだろうがネットバンクだろうがそのPCで確認できるのです。
ものの5分以下の手間です。
商売するのですから、そのくらいしましょう。

次に代引の件ですが、まず、『日本人の買い物行動』というのをご存知でしょうか。
アメリカでは毎週一回、車いっぱいに買い物をします。
ですが、日本では毎日こつこつ買い物をします。
それは、店までの距離の近さもありますが、居住環境にもよります。
普通の2LDKのマンションのどこに一週間分の食料を保存する巨大冷蔵庫が置けるのでしょうか。
無理ですよね。

これは例としてあげました。
日本人は1年間に約1kgのお茶を飲みます。
紅茶じゃなくて緑茶も烏龍茶も含め『茶葉全部』です。

これをご覧の方で『毎年一回1kgお茶を買う』人っていらっしゃいますでしょうか。
まず、皆無ですよね。
一ヶ月1回がやっとじゃないでしょうか。
計算すると、大体一ヶ月90g100g袋1袋分が一人分です。
全部茶葉でのんでいるのでしたら、これで終わりです。
ですがこれはペットボトルのお茶も含まれます。

実際はもっと少ないです。

こういうふうに、少数・軽量でちまちま買う傾向のある日本人に対して、
『5000円以上なら送料無料』とか『まとめ買いならお得です』とか、果たして意味があるのでしょうか。

高級品を買われるならいいでしょう。
100g5000円の玉露ですか?上煎茶ですか?
そんなものを毎日飲む人は、日本のどのくらいいらっしゃるのでしょうか。
毎月買っていたら、年間6万円です。
ちなみに、日本人の『飲料のかける年間費用』は4万円です。
この計算がおかしいことは少し調べたらわかることです。

なのに堂々と掲示する。
これが商売なんでしょうか。

ちなみに、よく見受けられるのは代引をすすめて料金計算をするときに、
商品価格が600円ぐらいなのに、代引が送料代引手数料込で750円かかってるという事。
代引じゃなければ同じ商品がもう一つ買えます。

こんなお金の無駄をお客に押し付けることを基本として商売と言えるのでしょうか。
自分が客の立場なら絶対に買わないでしょう。

ネットショップ運営者はまず、『自分が客だったらこの費用は出したいか』を考えて構成するべきです。
こういうことの積み重ねが常連をつくり、継続的な経営につながっていくこととるのです。

ちなみに、代引を『ゆうちょ口座振替』及び『メール便』にかえるとどうなるでしょう。
・ゆうちょ口座振替→0円
・メール便     →160円
つまり、750円から160円になります。
もう一つ商品が買えますね。
メール便の内容によっては300gまで160円って会社もありますので、
それに合わせてお茶のパッケージの変更だとかすれば、お客が恒常的に買いやすい環境を作ることができます。
佐川とかヤマトは、投函状況確認もできますから。
(定形外郵便はその確認はできませんが、便利です)

人間は『手の届く範囲の物からしか選択しない』という特徴があります。
自分の商品が絶対の自信があるのでしたら、人の手の届く範囲にその商品を並べて初めてスタートです。
いい商品を探してくる人は、他にも探しているので必ずしもお客になるという保障はありません。
(僕みたいな一種のコレクターも定着する客にはなれません)
口コミを広げる努力と継続して買ってもらえる環境づくりが、継続したお客の確保につながります。

お客サービスに関して、最後にネット通販大手アマゾンを取り上げます。

アマゾンでは、100万のものだろうが105円のものだろうがアマゾンから出るものは『送料無料』です。
そのことについて、アマゾンにインタビューした方がいらっしゃいます。
その時のアマゾンの回答が
『確かに、105円の商品では送料分当社が赤字です。ですがそのお客様は次もアマゾンを使って頂き、数多く末永く取引していただけるお客様になるのです』
と答えたそうです。

お茶も一回買うだけの耐久消費財ではありません。
食品で毎日飲むものです。
お客に接する気持ちは、こういう気持ちが第一なのではありませんでしょうか。
それこそが、ネット通販でお茶を売るものの最初の心構えではありませんでしょうか。
国産紅茶の国内販売はおろか、『茶園が消費者に直接お茶を売る』ということが始まって、歴史が極浅いです。
僕は、こういう商売をしていっていただくことを願っています。
それがひいては、お茶業界そのものの基礎作りにつながり、大手頼みの市場を変えるきっかけになると思います。

茶園さん・お茶屋さん、そしてネット販売。それ以外でもお茶を売る人たちに明るい未来が訪れることを願ってやみません。

それが、公式肩書き『茶道楽』としての、僕の本意です。

-お茶

執筆者:


  1. caixiang より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私も今後、中国茶のネットショップを始めたいと思っていて勉強中です。記事を読んで、あぁなるほどと頭に入りました。ありがとうございます。今後も読ませていただきますね^^

関連記事

no image

いつも、お茶はどこで買ってますか?

ご存知の通り、お茶を買う人は、『消費者』です。 生産→消費者という、物の流れは『流通』といいます。 日本においての基本的な流通の形は 生産者→卸→小売→消費者 です。 ただ、必ずしもそういう形で無いと …

宇宙一アイスティー5

宇宙で一番簡単にアイスティーを作る方法

テクニック要らず!誰でも指一本でアイスティー 題名通り『宇宙一簡単にアイスティー』を作ります。 前に京都のコワーキングスペース借りまして『誰でもオフィスで簡単に専門店の紅茶を作る講座』などしましたが、 …

no image

ワタシにお茶を語らせるとは!!

 ブログネタ:どのお茶が好き? 参加中 実は、”どの”といわれると、大変困ったりします。日ごろは、紅茶を手鍋で淹れて、ミルクティーにしてます。 手順・手鍋にティーサーバーいっぱい(約700m …

紅茶とチョコレートの甘い相性

チョコのお供に紅茶はいかがですか。 今日はバレンタインデーです。 チョコレート会社の策略で随分長いこと続いている風習ですが、チョコだけ食べるのは味気ないなぁって思ったりします。 『好きなのでチョコを』 …

no image

ダイエットに効くプーアル茶(普洱茶)~続き

で、だれですか? さっきのブログ記事を読み終わった段階で 『みこどんのことだから、続きは明日の10時だなw』 と思った人は! 廊下に立ってなさい! ※このセリフを頭に刻み込んで、

アーカイブ