お茶

ストレスを感じると苦味で解消できるのが大人だそうで

投稿日:2012年7月9日

前に、『大人になると苦いものがうまく感じるようになる』という話を聞いたことがあります。
原因としては、ストレスが味覚の感受性を落とし、学習で特に危険がないと認識された苦味に関してはそれが心地よさだと感じる傾向にあるようです。

そう言われれば、『ハードワークのあとのコーヒー』とか『仕事の後のビール』とかうまいと言われますね。
(僕はコーヒーはほとんど飲まない上に、致命的な下戸なのでビールも飲まないので(;´▽`A“   )

ストレス環境と言われると、例えば、夏の暑い日なんかは苦味の飲み物『アイスコーヒー』や『ビール』や『麦茶』なんかがすごくおいしいです。
それも環境ストレスによる対抗なのかななんて思います。

こんなネタ振りをしたのは、基本紅茶でうまい・まずいとは書くつもりは無いのですが、
夏が本格化する前に一つご紹介をしたいと思いました。

一昨年の秋(2010年11月)から僕は個人的に国産紅茶を追いかけているのですが、
いろんな種類を飲んでいるうちに、アイスティーにすると劇的においしくなる紅茶が分かって来ました。
淹れ方に関しては、次回記事を書きます。
(明日か明後日)

茶葉に関しては先に書いておきます。

紅茶に不向きとボロクソに酷評されている『緑茶品種紅茶』です。
飲んだことはある人はわかると思いますが、普通にホットで飲むと、
下手なものの場合、濃いセンブリ茶よりも徹底的な罰ゲームに使えます。
ですが、これをちゃんとアイスティーにすると劇的に変わります。
味はおろか、香りまで違うようなそんな気分です。

苦味が強いので、さっきの『ストレス環境下』において劇的に向いた飲み物になるのです。
つまり、『夏の飲み物』です。

これをもって大いにマーケティングをして欲しいのですが、いかんせん『紅茶の魔法瓶淹れ』同様、理屈では合ってても誰もマネも理解もしてくれません。

なので、次回、アイスティーの淹れ方を記事にしたいと思います。
ご興味がある方は、『やぶきたの紅茶』って書いてある物をどうぞ。
個人的には、南山城紅茶を『みこどんのススメで買いました』と一言添えるだけでもありがたい。
そうすると、うちの口座にお金が・・・・ (←(ヾノ・∀・`)ナイナイ )

ああ・・・
次回は久々の写真付きの記事だ
\(^o^)/

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

いつぞや、ケンミンショーでしてた”薄茶糖”ってどう考えても、グリーンティーですよね?

薄茶糖がグリーンティーであれば、 グリーンティーを知らない東京は、 ”全国的”に見ても 変です。 ほんとはここで、『ケンミンショーでの薄茶糖登場シーン』 を貼るべきなんでしょうが、 見つかりませんでし …

no image

お茶の通販の現状

常々ツイッターで厳しいことを言ってるのですが、 すごく重要なことなので、ここでも記事にしておきたいと思います。 国産紅茶のデータベース(DB)を作るために集め始めて、 7月22日現在で、30茶園61商 …

no image

金沢にいて、更新できないはずなのに・・・

更新してますw (予告更新ですw) 神奈川で『紅茶専門店ディンブラ』をされている 磯淵さんのブログ にて 随分前から紹介されていたんですが、 近くなってきたので こちらでも紹介します。 NHK教育テレ …

no image

お茶帝国の 衰亡

日本のお茶の市場において、まっさきに外せれないのは、静岡です。生産量・消費量たるや、まさしく『帝国』名にふさわしい規模です。 それを追いかけるのが、鹿児島県と三重県。 実は、昨日の『日本のお茶開発の神 …

no image

いまだに、中国茶が良くわからない。

中国茶の起源について お茶の起源は、中国の南西部かビルマ(ミャンマー)のあたりだと言われてます。 それが証拠か知りませんが、ビルマには”ラペトゥ”と呼ばれる、食べるお茶があります。 人間の食の確認は、 …

アーカイブ