お茶 べにふうき 紅茶 紅茶の淹れ方

ファーストフラッシュが出る前に再検証:紅茶を淹れる2つの方法

投稿日:2012年4月17日

南山城紅茶チームのツイッターやフェイスブックに、今年の南山城紅茶のファーストフラッシュ(一番茶)の準備の光景がアップされてました。

出まわるのも時間の問題なので、今回は去年までの物をどういう方法で淹れたら、味がよく出るのか比べてみました。

用意したのは、
・手鍋
・テイスティングカップ

使用したカップ
手鍋で淹れたものは、右端のカップに入れました。

比較したものは2つ。
・やぶきた
・べにふうき
ともに、去年購入した(正確には一つは購入、一つはご好意で頂いた)ものです。

まずは、やぶきたから、

南山城紅茶やぶきた比較
ともに抽出時間は3分間。
左がテイスティングカップで淹れた方。
右が鍋で淹れた方です。

この段階では、鍋で淹れたほうが色目が濃くて味も濃そうですが、
実際のところは、総大差はありませんでした。
余熱は必要ですが、急須で淹れても同じようになると思います。

次はべにふうき。

南山城紅茶べにふうき比較
ともに抽出時間は3分
こちらも同じく
左がテイスティングカップで淹れた方。
右が手鍋で淹れた方です。

べにふうきの場合は、違いの差が歴然でした。
味色香りともども手鍋の方が濃く出てます。
一番紅茶らしい仕上がりになってます。

多少、不恰好ではありますが、手元に南山城紅茶が残ってる場合は
手鍋で淹れてみてはいかがでしょうか?
ただ、濃く淹れてもミルクの耐性はすこし弱めですので、
ミルクティーになさる時は量を手加減された方がよろしいかと思います。

今年も、引き続き、南山城紅茶を購入させていただきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします。
(この一文は、どこへ向けた挨拶だ?)

-お茶, べにふうき, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

誰もやったことない紅茶の淹れ方

□事の初めはツイッター お昼の話で、用事で外に出ながらツイッターをしていたら、フォロワーさんが紅茶の温度のツイートをしていたので、いつもどおり絡んでました。 (そういうのが大丈夫なキャラなので) その …

no image

べにふうきの季節到来?秋のアレルギー性鼻炎は大変。

すごく久しぶりに、べにふうきのネタを書く気がします。 原因は最近のアレルギー性鼻炎の多発。 僕だけじゃなくて、ツイッター見てても他の人のブログ見てても結構あるらしく、 『マスクしなきゃ~!薬飲まなきゃ …

no image

思いの外、まだ暑かった・・・

涼しくなるかな・・・ と、高を括ってたら、思いの外暑いという事実。 台風が来てるんで、もしかしたら今日からまた涼しくなるのかなと 淡い期待を持ってます。 (8月中盤、台風一過のあと、数日涼しかったです …

no image

今年は仕方ないのかな・・・

本命でした、京都大丸錦小路側出る烏丸通手前の「紅茶専門店」の福袋。 開店と同時にお店の店員さん(20代前半?結構かわいい)に聞いてみました。 「今年は、ないですよ」 orz ま、仕方ないよね・・・ 結 …

no image

行って来ます。

ルピシアのダージリンフェス行って来ます。 多分東京のと同じレイアウトだと思うんですが、 まあ、基本『試飲だけしまくって』帰ってきます。 多分、中の様子を写真で撮れると思います。 (カメラを忘れなければ …

アーカイブ