お茶

『現代に繋がる』お茶のふるさと②

投稿日:2012年12月19日

昨日最後の写真のような杉林の先には、


金堂があります。
森の中にスクっと立ち上がる金堂は、もはやここが京都かどうか疑いたくなるような雰囲気を醸しだしてます。

この金堂の前には、45度を超える急な石階段があります。
もしかしたら、ここを上がってきたほうが、感慨もひとしおだったのかもしれない・・・

金堂の後に、ちと思うことがあって、人のいるとこに移動・・・
このあと、国宝の石水院と鳥獣戯画を見てきました。
(残念ながら写真撮影禁止なので、諦めてください)

そのあとは、日本の茶道のふるさとということで


お茶を頂いてます。
この建物も


純和風建築。
障子越しからの


中庭の風景は、『月が似会う』と思いました。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

使うから買った茶器

多分、どこかで見たことがある人も多いのではないでしょうか。中国茶を淹れるときに見かけるあのセットです。 たまたま入ったリサイクルショップで未使用である状態で購入。相場がよくわからないのですが、全部で3 …

no image

ダイエットに効くプーアル茶(普洱茶)

えらく、ダイレクトなタイトルにしたもんだな。 ちなみに、このブログでは、もう、ダイエットに関しましては扱いません。 じゃあ、なぜ『ダイエット』と書いたのか!? 全ては、SEO対策です! 下心全開です! …

no image

おめでたいお茶をもらってきたらしい。

嫁が、友達の家に行って、 『引き出物で持ったやつらしいが、 向こうじゃ飲まないらしいからもらってきた』 と言って、もらってきた。 ルピシアの『寿』(ブライダルセットの片割れ) 紅茶の『ウェディング』は …

no image

猫のお試しはいかがですか?

とは言っても、生きた猫を『ほいっ』って渡すわけではありません。 ここの猫→JANATさん のことです。 (もし、他の会社でも猫が使ってるのがわかったら、J猫と呼びます) メールで、届いたのが、 『サン …

国産紅茶を語る

お茶にまつわる情報源としてオススメ出来るサイト

お茶に関する情報は意外とない 全国に『お茶の先生』や『紅茶教室』などたくさんありますが、 包括的に情報を取り扱っている会社はありません。 お茶の業界紙として唯一あるのが ・日本茶業新聞 くらいです。 …

アーカイブ