お茶

『現代に繋がる』お茶のふるさと①

投稿日:2012年12月19日

ちょっと、ここで歴史の勉強。
今日紹介します、『高山寺』は、日本で一番古いと言われている茶園があります。
そのいわれは、日本に『抹茶法』によるお茶を持ち帰ってきた禅宗の栄西禅師が、その実を明恵上人に伝えられ、それがまかれて出来たことに起因します。

よって、

日本最古の茶園とされます。
このお茶は、後に宇治に伝えられ、今の宇治茶につながります。
平たく言うと、『宇治茶の祖』ということになります。
(ただ、有史上最古の現存茶園は最澄の茶園と言われてますが、それはまた次の機会に)

茶園の全容は

この石碑の位置からは、なかなか撮りにくく

なんとか、お茶の木が群生しているのがわかるかな・・・

別のポイントから撮った茶園。広さは、2つに分かれてて全部で狭めの公営農園くらいの広さ。
昔は僧房とかあった時代はもっと大きかったそうです。
(高山寺自体、もっと広いお寺でしたし)

敷地は、だいたい

こんな感じです。
一体は杉林。
花粉症になりそうとか言うレベルじゃないくらい、清々しい空気です。
当日は、雨交じりの天気でしたが、一度来ておく価値のあるお寺です。

※ただし、観光客が少ない時に限る。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

あなたがなくしたのは、『金の猫』ですか?それとも『銀の猫』ですか?

金の・・・銀のって・・・ 『カ○カン猫まっしぐら』みたいだな・・・ 先日、会員登録しましたJANATから『入会記念』が届きました。 ティースプーンです。 しかも、金色(左側)です。 (でも、純金製じゃ …

no image

蓋碗で淹れるのに、向き・不向きがあるのかと思った。

前に、お茶の棚卸しをした際に、中国茶のことで 『安いお茶と高いお茶の差がありすぎる』 というような事を書いたような気がします。 それは、値段だけでもなかったということです。 黄色の袋のいわゆる『安い茶 …

no image

美味しいお茶とは、付け加えるわけでもなく、引き出すもの

数ヶ月、いくつかの『桜の香りのお茶』の記事を書いてきました。 例えば、”桜餅の香り”とか、”桜そのものの紅茶”とか。 でも、全部『着香茶』といわれる、『あとで、何かしらの方法で香りをつけたもの』です。 …

no image

ガラスのポットが無くなってから

大いに割れてしまったガラスのポット。 正直、危なくて使えないので、完全に割って捨てました。 なので、ジョッキに氷をたくさん入れて 一気にアイスティーを作ってしまう作戦に出ました。 作り方は、前に書いた …

no image

『茶イダー』だと??!

静岡の茶コーラ 金沢の棒茶サイダー 際物茶製品を飲んでまいりましたが、 まだあったようです。 次は愛知です。 抹茶の産地、西尾の茶サイダー(茶イダー) サイダーに抹茶を入れた製品らしいです。 去年の8 …

アーカイブ