お茶

お茶と××

投稿日:2012年1月9日

お茶のことを書くときに、『お茶だけ』って人は大体挫折してます。

『え~、お茶だけ書いてるよ』

という人はいたら、考えてみてください。

例えば、お茶と『お菓子』
このパターンは多いですね。
それでもお茶だけという人は、
お茶と『文化』、お茶と『作法』
茶道とか茶芸とかティーパーティーとかしてる人がこのタイプ多いですね。

紅茶の人に多いのは、
お茶と『香り』
何の事?と思われる方も多いかもしれません。
フレーバードティーを扱ってる人はまさに、お茶と『香り』の人です。

あと、お茶と『歴史』
お茶に時代背景をつなげることで、産地の説明とかしてます。

個人的には、取材に行きたいのが
お茶と『農業』
茶園の人ですね。

好きが高じてこういう人もいます。
お茶と『会社』
特定のメーカーのお茶のみを取り上げてます。

そこで一体、僕はなんだろうな・・・と、考えこんでしまいます。
あ~だこ~だ考えても、結局は、『湯呑みの中のお茶』だけしか見てない自分がいるような気がします。
なので、特定の産地のお茶がいいとか、これが美味いとかダメとか言わないように心がけてます。
お茶だけの判断ですけどね。
条件が違えば、発言も変わるでしょう。
例えば、『外食産業で使われているお茶は、絶対食い物とのマッチングを考えてない』とか。
(文句を言ったのはそれだけのような気がする・・・)

なぜ、そんなことを改めて思ったのかというと、
昨日の夜に、武者小路千家のボンボンがTVに出てたことによります。
向こうは梨園の一族のような英才教育を受けて、まさしく歴史を背負って育ちました。
方やこっちは、能登の農民と漁民の間の子供。道楽が高じて茶が好きなだけ。
向こうは茶人、こっちは茶道楽(@飲むだけ)
こんな両極端(貴族と奴隷のような差)がどこまで埋まるんだろうか・・・

もし、一緒にお茶を飲めるとしたら、絶対にあの国宝級の茶釜に、団茶を放り込んでやる!!ww

※最初の一行目の結論:一般的には、俺は挫折する流れにいます。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

珍しく、器を褒めてみる。

と言っても、『銘のある茶器』とかじゃないです。 そんなものを褒めても、全くの無意味なので。 僕が注目してるのは、常に機能と性能。 どんな名器でも、用を足さなければ、ただのガラクタです。 で、通常は写真 …

簡単中国茶20140722-4

おすすめする日常的な国産紅茶の買い方

「茶葉があと少しでなくなる」となかなか減らない 基本貧乏性なので、残り少ない茶葉はなくなりません。 例えば、50gの国産紅茶を買ったとします。 試飲で飲んで、みんなで飲んで、30gほど使います。 20 …

no image

年末の話ですが。(しかもテレ東系列限定)

12/31のお昼に、テレビ東京系列で、 揺るぎなき先人 茶聖 千利休 という、番組が放送されます。 (無論、録画予約してます) 茶道楽(飲むほう専門)としては、どうしても、避けられない人物です。 戦国 …

no image

びっくりするほど少ないのが『日本茶関係のブログ』

先日の記事でも書いてありましたが、 現在、アメブロ内のお茶ブログを収集中です。 収集しているのは ・日本茶(煎茶・ほうじ茶などなど) ・紅茶 ・中国茶です。 残念ながら、ハーブ・健康茶・抹茶は 対象外 …

no image

お茶の棚卸ししようとしたら・・・

心が折れました orz   だって、多すぎるんだもんw (誰のせいだ( ̄皿 ̄#) ) まあ、確認しないと始まらないからな・・・ で、前回撮った時が このくらいで、 今回のが このくらい ※三 …

アーカイブ