お茶

お茶と××

投稿日:2012年1月9日

お茶のことを書くときに、『お茶だけ』って人は大体挫折してます。

『え~、お茶だけ書いてるよ』

という人はいたら、考えてみてください。

例えば、お茶と『お菓子』
このパターンは多いですね。
それでもお茶だけという人は、
お茶と『文化』、お茶と『作法』
茶道とか茶芸とかティーパーティーとかしてる人がこのタイプ多いですね。

紅茶の人に多いのは、
お茶と『香り』
何の事?と思われる方も多いかもしれません。
フレーバードティーを扱ってる人はまさに、お茶と『香り』の人です。

あと、お茶と『歴史』
お茶に時代背景をつなげることで、産地の説明とかしてます。

個人的には、取材に行きたいのが
お茶と『農業』
茶園の人ですね。

好きが高じてこういう人もいます。
お茶と『会社』
特定のメーカーのお茶のみを取り上げてます。

そこで一体、僕はなんだろうな・・・と、考えこんでしまいます。
あ~だこ~だ考えても、結局は、『湯呑みの中のお茶』だけしか見てない自分がいるような気がします。
なので、特定の産地のお茶がいいとか、これが美味いとかダメとか言わないように心がけてます。
お茶だけの判断ですけどね。
条件が違えば、発言も変わるでしょう。
例えば、『外食産業で使われているお茶は、絶対食い物とのマッチングを考えてない』とか。
(文句を言ったのはそれだけのような気がする・・・)

なぜ、そんなことを改めて思ったのかというと、
昨日の夜に、武者小路千家のボンボンがTVに出てたことによります。
向こうは梨園の一族のような英才教育を受けて、まさしく歴史を背負って育ちました。
方やこっちは、能登の農民と漁民の間の子供。道楽が高じて茶が好きなだけ。
向こうは茶人、こっちは茶道楽(@飲むだけ)
こんな両極端(貴族と奴隷のような差)がどこまで埋まるんだろうか・・・

もし、一緒にお茶を飲めるとしたら、絶対にあの国宝級の茶釜に、団茶を放り込んでやる!!ww

※最初の一行目の結論:一般的には、俺は挫折する流れにいます。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

いつぞや、ケンミンショーでしてた”薄茶糖”ってどう考えても、グリーンティーですよね?

薄茶糖がグリーンティーであれば、 グリーンティーを知らない東京は、 ”全国的”に見ても 変です。 ほんとはここで、『ケンミンショーでの薄茶糖登場シーン』 を貼るべきなんでしょうが、 見つかりませんでし …

no image

気合を入れてみたら、えらくたくさん写真を撮ってた③~アイス緑茶のいれ方~

前に『わざわざ、日本茶インストラクターの講習のようなことは改めてしない』とは書きましたが、やはり、気になる方はいらっしゃるようなので、改めてわかりやすいポイントだけ書きますと、お茶は元々、地中からアミ …

no image

抹茶の違った選択肢

夫婦岩の回で、ちらっと触れた割にあんまし反応がなかったので、改めてアップします。 『抹茶黒糖』です。 黒糖を抹茶でコーティングしたもので、 触ると抹茶が手につきます。 ちなみに、黒糖の味が強いので、『 …

no image

一風堂ではルイボスティーですが、天天有ではさんぴん茶です。

気がつけば、一風堂のルイボスティーの入った ポットが空になってます。 みこどんです。 ルイボスティーの記事につきまして、多数のコメントありがとうございました。 アクセス数が一日1000を超えたことは多 …

no image

年末の話ですが。(しかもテレ東系列限定)

12/31のお昼に、テレビ東京系列で、 揺るぎなき先人 茶聖 千利休 という、番組が放送されます。 (無論、録画予約してます) 茶道楽(飲むほう専門)としては、どうしても、避けられない人物です。 戦国 …

アーカイブ