お茶

お茶と××

投稿日:2012年1月9日

お茶のことを書くときに、『お茶だけ』って人は大体挫折してます。

『え~、お茶だけ書いてるよ』

という人はいたら、考えてみてください。

例えば、お茶と『お菓子』
このパターンは多いですね。
それでもお茶だけという人は、
お茶と『文化』、お茶と『作法』
茶道とか茶芸とかティーパーティーとかしてる人がこのタイプ多いですね。

紅茶の人に多いのは、
お茶と『香り』
何の事?と思われる方も多いかもしれません。
フレーバードティーを扱ってる人はまさに、お茶と『香り』の人です。

あと、お茶と『歴史』
お茶に時代背景をつなげることで、産地の説明とかしてます。

個人的には、取材に行きたいのが
お茶と『農業』
茶園の人ですね。

好きが高じてこういう人もいます。
お茶と『会社』
特定のメーカーのお茶のみを取り上げてます。

そこで一体、僕はなんだろうな・・・と、考えこんでしまいます。
あ~だこ~だ考えても、結局は、『湯呑みの中のお茶』だけしか見てない自分がいるような気がします。
なので、特定の産地のお茶がいいとか、これが美味いとかダメとか言わないように心がけてます。
お茶だけの判断ですけどね。
条件が違えば、発言も変わるでしょう。
例えば、『外食産業で使われているお茶は、絶対食い物とのマッチングを考えてない』とか。
(文句を言ったのはそれだけのような気がする・・・)

なぜ、そんなことを改めて思ったのかというと、
昨日の夜に、武者小路千家のボンボンがTVに出てたことによります。
向こうは梨園の一族のような英才教育を受けて、まさしく歴史を背負って育ちました。
方やこっちは、能登の農民と漁民の間の子供。道楽が高じて茶が好きなだけ。
向こうは茶人、こっちは茶道楽(@飲むだけ)
こんな両極端(貴族と奴隷のような差)がどこまで埋まるんだろうか・・・

もし、一緒にお茶を飲めるとしたら、絶対にあの国宝級の茶釜に、団茶を放り込んでやる!!ww

※最初の一行目の結論:一般的には、俺は挫折する流れにいます。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

もう、来年の話をしてもいいでしょう。

いろんなところでしている『来年』の話です。 もう一度詰めなおさないといけない事満載なのですが、来年ようやく『みんなが気軽に買える国産紅茶のサイト』が立ち上がります。1月を目標ですが、3月という可能性も …

no image

ためしてがってん、録画しててん

今、録画してた『ためしてがってん』(3/9放送分)を見てみました。 リクエスト特集で、『痴呆』と『お茶』が内容です。 『痴呆』の方は完全に流し聞き。 (こっちのほうが、重要なネタかもしれないw) 今回 …

no image

うなるほど飲んできて、すべて基本タダ。

京都開催の『ルピシアダージリンフェス』行ってきました。 が、 ダージリンのことは書きません。 多分、『ドノオチャガ~』とか『ドノサンチガ~』とか『ドノチャエンガ~』とか 他の人たちが書いてくれてると思 …

紅茶とチョコレートの甘い相性

チョコのお供に紅茶はいかがですか。 今日はバレンタインデーです。 チョコレート会社の策略で随分長いこと続いている風習ですが、チョコだけ食べるのは味気ないなぁって思ったりします。 『好きなのでチョコを』 …

no image

残念だけどすべては自分の不徳のいたすところだ。

無職だから悪い。 (正確には、自分自身の収入がないから悪い) 何のことかと言うと、 3月5日  シンポジウム「お茶の健康と文化」 場所:名古屋 3月27日 茶学の会第73回例会         場所: …

アーカイブ