お茶

最後の最後でやらかした

投稿日:2011年12月31日

年末最後の最後でやらかしました。
台所で洗い物をしているときに、

湯冷ましを割ってしまいました。
落として割ったんじゃないです。

洗ってる時に割ったんです。

嫁様から『どんな握力してんねん』
って。

思わず、自分の中のキャラが話しだしてました。

(´・ω・`)『湯冷まし・・・割れた』
(・ω・) 『自分の身代わりに割れたと思えばいいやん。』
(´・ω・`)『でも、手も切った』
(・ω・) 『え・・・』

別に、オチを付けるキャラでもないのにな。
(注:僕は能登半島製の金沢人です)

そういえば、去年はどんなオチを付けてたんだろ。

で、湯冷ましですが、

もちろん直しました。
瞬間接着剤です!

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

簡単そうで、なかなか出来ない『一杯の完璧な紅茶の淹れ方』

本来、日本茶と違って、『100℃で淹れる』ことさえ間違わなければ、 失敗することがない紅茶。 でも、ある時期まで100年ぐらい、この『淹れ方』の論争が続いてました。 紅茶をしてる人には、よく笑いのネタ …

no image

『湯煎で紅茶を淹れる』をまじめに考えてみた。

□そもそも、陶器だったのが間違い 陶器は『冷めにくいので陶器のポットで紅茶を淹れましょう』というくらい、保温性がある。陶器は中に空気を含んでいるので、なおさらのことだろう。少なくとも、100度のお湯と …

no image

女性はなぜアールグレイが好きなのか、未だによくわからない。

基本、 アールグレイは、好きなほうじゃありません。 好きなのは、 麦茶のようにグイグイ飲めるお茶 です。 結果、アッサムとか一部のセイロンとか、 ミルクティーにして飲むようなのが好きです。 もともと、 …

ティーポット

和紅茶の底力を『あげていく』には

国産紅茶・和紅茶の現実を直視する 国産紅茶は、いたるところで見かけるようになりました。 最近では大手メーカーもティーバッグやドリンクなど、多岐にわたって展開を始めています。 これも、平成が始まってから …

no image

特定の人にネタを振る!

すし屋行ってきたんですね、すし屋! モチロン、回ってます! 寿司のことだったら、わざわざ書きません。 なにせ・・・ 京都で座って食う寿司が、 金沢では回ってますから! (正確には、目の前で何かが回って …

アーカイブ