お茶

お茶帝国の 衰亡

投稿日:2013年10月24日

日本のお茶の市場において、まっさきに外せれないのは、静岡です。
生産量・消費量たるや、まさしく『帝国』名にふさわしい規模です。

それを追いかけるのが、鹿児島県三重県

実は、昨日の『日本のお茶開発の神様』的な方のブログに大変ショッキングなことが書かれてました。

一碗~(題)お茶の研修所

※そのまま引用いたします。
元農水省茶業試験場の研修機関として全国からお茶の次代を担う若者が集まってきたところです。希望者が多く、各県に入所者数を割り振ったこともあったほどです。
ところが最近研修希望者がめっきり減ったそうです。農業後継者難を反映していて、当然といえば当然なのかも知りませんが・・・
ところが、何とも理解しにくい現象がみられているのです。
日本一の主産地静岡県からの希望者が全くないそうです。昨年もゼロ、今年もゼロ。
大部分が九州からの若者です。
静岡県の茶業界に後を継ごうという若者がいないのか、いても勉強しようとする意欲がないのか、あんなとこ行ってもしょうがないと思っているのか・・

このままでは、『帝国』地位が鹿児島に取って替わられるということです。
(正確には九州全土。鹿児島や福岡八女を始め、九州全土のお茶の生産への意欲は旺盛なものです)

続く三重も、『法王宇治(京都)』の影響下から抜け出すために、『伊勢ブランド』の全国確立を目指し強化をしております。
(前も言いましたが、京都・奈良・滋賀・三重の隣接エリアで作られている煎茶・覆い茶を主に『宇治茶』として売りだされてます)

今まではダントツの勢力を誇ってた帝国静岡
このままでは、拡大中の鹿児島に下克上を果たされてします。
さて、どうする!

(ちなみに、僕はどっちの味方でもありません)

追記
ブログ一碗さんより:『お茶を勉強する「茶学の会」を十年ほど続けていますが、ここにも殆ど若者が来ません!』

すみません、お金が無くて入会できておりません。
(もちろん、例会も参加できておりません)
予算がつき次第、早急に入会させて頂きます。

※追記2017年3月5日
茶学の会ですが、2月5日をもって例会を終了しました。
全く参加できる状態になることができず誠に悔やんでおります。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

手軽に淹れられるジンジャーティー(生姜紅茶)の作り方

  時々、ちまたで見かける”生姜紅茶”。 何のことだか、さっぱりわからず、しばらく放置してたんですが、 その間、ピグともとかそのほかの人たちに、 「生姜紅茶って飲んでる?」とか言われ、 「そ …

no image

美味しいお茶とは、付け加えるわけでもなく、引き出すもの

数ヶ月、いくつかの『桜の香りのお茶』の記事を書いてきました。 例えば、”桜餅の香り”とか、”桜そのものの紅茶”とか。 でも、全部『着香茶』といわれる、『あとで、何かしらの方法で香りをつけたもの』です。 …

no image

ドコニサクラガオルノカ

阪急沿線の染井吉野以外、意識的に桜を見ようとしたのが 梅宮大社だったということで (”梅”宮大社なのに、”桜”とは、これいかに?) 桜つながり。 ルピシアの『サクラサク』という煎茶。 桜のシーズンにあ …

no image

伊豆からのお土産

ブログの連載前に公開かい! 基本、茶器は性能で買うように気をつけてますが、今の時代、工業化で品質が安定してきてからは、いちいち気にしてません。何を買ってもある程度の性能は保証されてますから。(同一産地 …

no image

【参考資料】中国茶を淹れてみる(青茶編)

【国産紅茶以外も見てみないとわからない】 よく『中国茶のような』とか『~のお茶の~』とかいう説明をしますが、基本そこまで詳しくない人が多いですので、実際に国産紅茶以外のお茶を淹れてみて見てもらおうかと …

アーカイブ