お茶

お茶帝国の 衰亡

投稿日:2013年10月24日

日本のお茶の市場において、まっさきに外せれないのは、静岡です。
生産量・消費量たるや、まさしく『帝国』名にふさわしい規模です。

それを追いかけるのが、鹿児島県三重県

実は、昨日の『日本のお茶開発の神様』的な方のブログに大変ショッキングなことが書かれてました。

一碗~(題)お茶の研修所

※そのまま引用いたします。
元農水省茶業試験場の研修機関として全国からお茶の次代を担う若者が集まってきたところです。希望者が多く、各県に入所者数を割り振ったこともあったほどです。
ところが最近研修希望者がめっきり減ったそうです。農業後継者難を反映していて、当然といえば当然なのかも知りませんが・・・
ところが、何とも理解しにくい現象がみられているのです。
日本一の主産地静岡県からの希望者が全くないそうです。昨年もゼロ、今年もゼロ。
大部分が九州からの若者です。
静岡県の茶業界に後を継ごうという若者がいないのか、いても勉強しようとする意欲がないのか、あんなとこ行ってもしょうがないと思っているのか・・

このままでは、『帝国』地位が鹿児島に取って替わられるということです。
(正確には九州全土。鹿児島や福岡八女を始め、九州全土のお茶の生産への意欲は旺盛なものです)

続く三重も、『法王宇治(京都)』の影響下から抜け出すために、『伊勢ブランド』の全国確立を目指し強化をしております。
(前も言いましたが、京都・奈良・滋賀・三重の隣接エリアで作られている煎茶・覆い茶を主に『宇治茶』として売りだされてます)

今まではダントツの勢力を誇ってた帝国静岡
このままでは、拡大中の鹿児島に下克上を果たされてします。
さて、どうする!

(ちなみに、僕はどっちの味方でもありません)

追記
ブログ一碗さんより:『お茶を勉強する「茶学の会」を十年ほど続けていますが、ここにも殆ど若者が来ません!』

すみません、お金が無くて入会できておりません。
(もちろん、例会も参加できておりません)
予算がつき次第、早急に入会させて頂きます。

※追記2017年3月5日
茶学の会ですが、2月5日をもって例会を終了しました。
全く参加できる状態になることができず誠に悔やんでおります。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

2014年の国産紅茶の出荷予測

2013年は例年以下の気温、出荷に大打撃 昨年は、その年の初セリの出ぞろえが悪くなるくらい、育成状況がよくなった年でした。 通常は5月の前半にはすでに大方の収穫が終わり、2番茶用の仕込みをスタートして …

2つの天の川(羊羹の中身)

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

2つの『甘春堂』 京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。 厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。 (類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さん …

no image

ええ!猫ですよ!そりゃ、猫ですよ!! ※紅茶の話です

なぜか大体、ブログの資料を作ってるので、夜遅くなる傾向の僕です。 昨日(10/15)、嫁様が仕事に行きがけに起こしに来て、 「どうせ、今日は、紅茶買いに行くんでしょ」 と・・・ ええ!! 行きますとも …

no image

なんとか、ポイントが掴めてきた。

茶葉を変えて、チャレンジしてます。 例の『凍頂烏龍茶のおいしい冷茶』の再現です。 とりあえず、安い烏龍茶で実験してみて落ち着いたのが、 お茶を急須で淹れて、ポットに氷を入れる①と、 入り口に網と細かい …

no image

うめ♪もも♪さ・く・ら♪

すっごい昔、あったな、『うめももさくら』って漫画。 写真さえないのか・・・ アマゾンは・・・ じゃ、グーグル先生にお頼みして・・・→こちらへ 1990年って、俺小学生じゃねえか・・・ なんで、そんな前 …

アーカイブ