お茶

伊豆からのお土産

投稿日:2013年10月24日

ブログの連載前に公開かい!

基本、茶器は性能で買うように気をつけてますが、
今の時代、工業化で品質が安定してきてからは、
いちいち気にしてません。
何を買ってもある程度の性能は保証されてますから。
(同一産地とか同一工場とかの話)

なので、見た目重視!

これを気に入りました。
お値段は、置いてあった中で一番お高いの。
(3600円)
横から見ると

取っ手の根元が少し凹んでて、注ぐときの指添えにちょうどいい。
蓋のつまみも熱くならないので、使い勝手はものすごくいいです。

なんで早く買い換えなかったんだろ・・・

中を見てみると

内網式で、洗うときも結構すんなりと茶葉が取れます。
茶こしがいらない。
しかも、茶葉が急須いっぱいに広がるので、お茶の淹れも良い。

なかなかいい買い物(おねだり)をしたもんだ。

これで、中国茶も普通に淹れられます。
味に問題なし。

茶葉は、

左の2袋が川根茶を原料として、熱海のお茶屋さんで加工したもの。
右の2袋は、伊豆・天城の茶園産で中伊豆の業者の人のもの。
伊豆半島のお茶は、静岡茶全体のブランドの中でも全くの無名。
有名になればいいな・・・
(ブランド化されたら、伊豆茶じゃなくて、天城茶になるのかな?)

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

お茶とは、『理解すること』そして『体験すること』

なんて、書いたら、ある特定の人から 『宗教みたいやな』 って、言われそうです。 (そういう人は、相当、頭のいい人に限られますが) 日ごろから、お茶ばかり飲んでる僕ですが、 ふと、原点に振り返り、『理解 …

no image

あれ?お茶の世界組織ってなかったんけ?

6月の吉田山大茶会で知りました台湾のお茶をご紹介されているshizuさんのブログで、『ITFA』という団体の紹介がされてました。 ITFAというのは、International Tea Farm Al …

no image

ねこさんチーム

といっても、ゲームのことではありません。 (知らない人は、『シュヴァルツシルトシリーズ』をプレイとのこと) 来る7月23日に、『ねこの紅茶』でおなじみのJANATさんが 第2回ティーパーティーというこ …

no image

地球上で淹れるのが最も難しいお茶

と言うことで、今年最後に淹れるのは です。 静岡に行った時に買ってきた、『宇治茶』の玉露で、 20g1000円でした。 お茶は、『100g~円』という言い方をするのが一般的なので、 100gだと、50 …

中国茶

六大基本茶類 :プロが知っている中国茶のお茶の分類方法とあれこれ

中国茶は難しい? 六大基本茶類 ってなに? 中国茶を知る上で、専門家の人が 六大基本茶類 というものをもって説明します。 『日常茶飯事』と言われるくらい、お茶というものは当たり前の日常のこととして扱わ …

アーカイブ