お茶

伊豆からのお土産

投稿日:2013年10月24日

ブログの連載前に公開かい!

基本、茶器は性能で買うように気をつけてますが、
今の時代、工業化で品質が安定してきてからは、
いちいち気にしてません。
何を買ってもある程度の性能は保証されてますから。
(同一産地とか同一工場とかの話)

なので、見た目重視!

これを気に入りました。
お値段は、置いてあった中で一番お高いの。
(3600円)
横から見ると

取っ手の根元が少し凹んでて、注ぐときの指添えにちょうどいい。
蓋のつまみも熱くならないので、使い勝手はものすごくいいです。

なんで早く買い換えなかったんだろ・・・

中を見てみると

内網式で、洗うときも結構すんなりと茶葉が取れます。
茶こしがいらない。
しかも、茶葉が急須いっぱいに広がるので、お茶の淹れも良い。

なかなかいい買い物(おねだり)をしたもんだ。

これで、中国茶も普通に淹れられます。
味に問題なし。

茶葉は、

左の2袋が川根茶を原料として、熱海のお茶屋さんで加工したもの。
右の2袋は、伊豆・天城の茶園産で中伊豆の業者の人のもの。
伊豆半島のお茶は、静岡茶全体のブランドの中でも全くの無名。
有名になればいいな・・・
(ブランド化されたら、伊豆茶じゃなくて、天城茶になるのかな?)

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

『湯煎で紅茶を淹れる』をまじめに考えてみた。

□そもそも、陶器だったのが間違い 陶器は『冷めにくいので陶器のポットで紅茶を淹れましょう』というくらい、保温性がある。陶器は中に空気を含んでいるので、なおさらのことだろう。少なくとも、100度のお湯と …

no image

仏式?英式?和式?タイプ別でみる紅茶の淹れ方第2回

□仏式で淹れる 用意したのは以下のものです。 ポット コットンフィルター これといって多くもなし。 □手順 ポットを用意します。余熱の前にサイズ確認してみました。 お湯を沸かしたら、 そのままお湯を入 …

no image

国産紅茶でアイスティーを淹れよう

まず、一つお断りしておきます。 今回使った茶葉は、緑茶品種で作った国産紅茶です。紅茶品種で作った国産紅茶ではありません。 美味しくないわけではありませんが、前回に引き続く今回のテーマ『ビターで夏を吹き …

no image

お茶道楽の、『道楽らしい』ぼやき

ブログをごらんのみなさま、 いつも、このブログの右側の「メッセージ欄」をご覧になっていらっしゃいますでしょうか? そこには、 「アッサムが80gで400円!」 とか書いてあります。 僕は、基本、ミルク …

no image

いつぞや、ケンミンショーでしてた”薄茶糖”ってどう考えても、グリーンティーですよね?

薄茶糖がグリーンティーであれば、 グリーンティーを知らない東京は、 ”全国的”に見ても 変です。 ほんとはここで、『ケンミンショーでの薄茶糖登場シーン』 を貼るべきなんでしょうが、 見つかりませんでし …

アーカイブ